スポンサーリンク

明日からスリランカで1週間観光旅行

スポンサーリンク
スポンサーリンク

2018-08-04nrt-cmb

明日からスリランカ(昔でいう「セイロン」)へ行き、観光旅行をします。 チケットは今年モザンビークの首都マプトMPMから出発し、先日ヨーロッパと北米区間を一気に駆け抜けたAONE4(ワンワールド・エクスプロアラー4大陸ファーストクラスチケット)の続き。 アジア4区間のうちの最初の2区間。 皆さんのご教示により本来のキャリアであるUL=スリランカ航空ではなくJLのコードシェア便として予約してあります。 JLコードシェア便として搭乗すると、JLの搭乗実績になり生涯マイルにも加算されますし、FOPもマイルもJL便と同様に付与されます。もちろん実際に運行するのはスリランカ航空で、機材も人員もスリランカ航空ですが。

スポンサーリンク

スリランカのビザ

スリランカ入国にはビザが必要です。 ただし現在は、オンラインで取得することも可能なので簡単です。
下記サイトにアクセスして必要事項を記入してクレジットカードで35USD支払えばすぐに電子旅行認可(ETA)を取得することができます。これはうれしい。
http://www.eta.gov.lk/slvisa/visainfo/center.jsp?locale=ja_JP

screencapture-eta-gov-lk-slvisa-visainfo-center-jsp-2018-07-25-19_19_40

JLコードシェア便

今回の旅程は先月の旅程とは大違いで、非常にシンプルな成田とコロンボの単純往復。 往路は9時間20分もかかりますが、残念ながらファーストクラスの設定はありませんので、ビジネスクラスになります。 空席状況をみるとそこそこ混雑しています。 ま、夏休み時期ですので仕方ありません。

2018-08-04nrt-cmb2018-08-11cmb-nrtnrt-cmb-jl-2018-08-04cmb-nrt-jl7076-2018-08-11

スリランカ観光

私はスリランカは初めてですので、普通であればコロンボあたりに1週間滞在してのんびりし、次回の時に観光旅行でもすることが多いわけですが、だんだん年を取ってくると来年まで生きていられるかどうか?はっきりしないので、今回は最初から観光旅行をすることにしました。 もし来年またスリランカを訪れることになった場合は、今度は大都市コロンボでまったりしたいと思います。

イー・ツアーズEtours@SriLanka

スリランカは公共交通機関が未発達で、かつ見るべき観光地が島内に分散しているため、効率よく観光するには車に頼らざるをえません。 でも私はバスとか鉄道とかツアーなんかは嫌いですので、プライベートカーをチャーターして、そのついでにホテルもまとめて全部旅行代理店に手配してもらうことにしました。
それを依頼したのが日系の旅行代理店「イー・ツアーズEtours@SriLanka」というところ。 メールですべて完結しましたが、レスポンスもよく、料金もまずまずでした。
http://tours.yasmeen.jp/

screencapture-tours-yasmeen-jp-2018-07-25-19_50_142

大まかな旅程

空港でピックアップ→空港近くの都市ネゴンボで宿泊(1泊)
ネゴンボ→アヌラーダプラ(1泊)
アヌラーダプラ→ポロンナルワ→シーギリヤ(2泊)
シーギリヤ→ダンブッラ石窟寺院→キャンディ(3泊)
キャンディ→空港→帰路便
■タクシーチャーター代金(車両1台貸切)・英語対応ドライバー(ガイドなし)/AC- VAN or CAR =USD 812.00(税込)

ホテルは下記の通り
アマギ アリア (Amagi Aria)
ラジャラタ ホテル (Rajarata Hotel)
シギリヤ ジャングルズ (SIGIRIYA JUNGLES)
オゾ キャンディ ホテル (OZO Kandy Hotel)

TOTAL FEE USD 1,624.00


タクシーチャーターと宿泊代金全部含めて1624USD=18万3,571円
でした。 クレジットカード支払いもネットで完了。 信頼できる旅行代理店のように思います。 料金は高いといえば高いですが、すべてお任せですので、まあこんなものでしょう。

空港で現地SIMを調達

空港で現地のSIMを調達しようと思っています。 先月のパリ旅行の際には、事前に日本でAmazonから世界各地で使える30日間有効の下記SIMを買って持って行ったのですが、現地でグーグルマップをチェックしたりするのに大変重宝しました。 昨年初めて携帯電話(というかスマートフォン)を持って、これほど便利さを実感するとは思いませんでした。 私の場合、はっきり言って電話機能はほぼ不要ですが、スマートフォン機能は絶対に必要だということがよくわかりました。

51qHDqgkwpL61oOIw6jxdL._SL1000_419yUvgQUPL71znaMbbWWL._SL1000_

Threeデータ通信プリペイドSIM【イギリス含む42ヶ国対応】【1GB / 30日タイプ】 価格:¥ 1,130 & 関東への配送料 無料

そのためスリランカでも是非ともSIMを調達して使いたいと思っています。 今回は事前に日本で調達するよりも、現地で調達する方がよさそうなので、スリランカの到着空港で購入しようと思っています。

スーツケースを空港ヘ宅配

先月味をしめたスーツケースの空港宅配。 今回もまたまた早々に申し込んでおき、すでに発送済みです。 今回は出発空港が成田ですから、必ずしも送る必要はないのですが、大荷物を持たなくて済むとなると、やはりそれはそれで便利です。 出発の3日も前に荷物なんかまとめられないよ、などと思っていましたが、やってみると意外と簡単。 どうせ空港で荷物の入れ替えをしますから、大雑把に必要なものとパソコンをスーツケースにぶち込んで送って置けばいい、ということに気がつきました。 また私の場合はスーツケースをピックアックに来てもらうよりも、自分で近くのクロネコヤマトの営業所へ持ち込む方式の方が都合がいいこともわかりました。 今後はスーツケースの空港宅配は恒例になりそうです。

というわけでしばらくの間、このブログもお休みになりますので悪しからず。 また無事に帰国できたら再開いたします。

コメント

Since 2018年5月4日