スポンサーリンク

DFW-SJU AAビジネスクラス@2017年7月とSan Juan Airport Hotel

スポンサーリンク
スポンサーリンク

DFW-SJU AAビジネスクラス@2017年7月

2017年用のMPM(モザンビーク・マプト)発AONE4(ワンワールド・エクスプロアラー4大陸ファーストクラス世界一周券)を発券したときに、SJU(サンファン、プエルトリコ)をストップオーバーに設定してあったため、諸般の事情で2泊もせざるを得なくなりました。 何年か前にSJUサンファンでは中心部のダブルツリーヒルトンに宿泊してのんびりしたことがあるので、今回は市内へ出るのはやめて、空港内にあるホテルに泊まることに。あとから考えるとここSJUサンファンはトランジットに設定しておくべきでした。 反省!

スポンサーリンク

座席は4F

息継ぎフライト復路のJL便でDFW(ダラス・フォートワース)へ戻り、再度AONE4に乗っかります。 まずはAA(アメリカン航空)便で、プエルトリコのSJU(サンファン)まで。 座席はいつもの通路側死守。 このフライト、AAらしく出発時点ですでに1時間30分の遅れ。 メモによると機内食として「チーズトルテリーニ」が出たようですが写真すら撮っていませんでした。

DFW-SJU AAビジネスクラス@2017年7月

San Juan Airport Hotel

プエルトリコはアメリカの自治領なので、ほとんど国内線と同じ扱いです。 もちろんイミグレもありません。 空港に到着してチェックイン荷物をピックアップし、案内にしたがってエアポートホテルを目指します。
ところがホテルまで行き着くまでの道程は、こんな感じの廃墟みたいなチェックインカウンターらしきホールを結構歩くことになります。

DSC01179_2017-07-14DSC01182_2017-07-14DSC01183_2017-07-14DSC01184_2017-07-14

本当にこんなところに空港ホテルがあるのか?と疑念が頭をかすめる頃に、ようやくホテルの案内が見えてきました。

DSC01181_2017-07-14DSC01180_2017-07-14

部屋に落ち着いたのは夜10時

AA便遅延のせいでホテルの部屋に落ち着いたのはすでに夜の10時。 翌日部屋の窓から外をみると、取り残された廃墟のようなターミナルとその屋根、それにこれは今でも稼働している駐車場ビルが見えました。 プエルトリコはこの年(2017年)経済破綻していますが、観光客はそれなりにやってきていました。 でも空港からしてこんな具合ですから、中心部に出てもたいしていいことはありません。

DSC01175_2017-07-14DSC01176_2017-07-14DSC01177_2017-07-14DSC01178_2017-07-14

部屋は狭いけど辛うじてOK

客室はアメリカの安ホテルとしては普通の仕様。 寝るだけなら可です。 しかし悲惨だったのは朝食。 これは写真に撮るのもおぞましいほど悲惨。 北米で最低の朝食及び食堂でした。

DSC01165_2017-07-14DSC01166_2017-07-14DSC01167_2017-07-14DSC01168_2017-07-14DSC01169_2017-07-14DSC01170_2017-07-14DSC01171_2017-07-14DSC01172_2017-07-14DSC01173_2017-07-14DSC01174_2017-07-14

Pepper Steak Sandwich

空港内ホテルのいいところは、空港と通じていますから空港内の施設、レストランなどを気軽に利用できるところ。 空港内にあるサンドイッチショップで食べたPepper Steak Sandwichは、北米らしくなかなか美味しかった

DSC01193_2017-07-14DSC01187_2017-07-14DSC01188_2017-07-14DSC01189_2017-07-14DSC01190_2017-07-14DSC01192_2017-07-14

もっともこのセットに12.45USDの価値があるかどうかは微妙ですけどね。

El Meson@SJU AirportEl Meson@SJU Airport2

コメント

Since 2018年5月4日