スポンサーリンク

Les Faux Bourgeois@バンクーバー@2017年7月

スポンサーリンク
スポンサーリンク

DSC01211_2017-07-14

モザンビーク、マプト発AONE4を使った昨年のバンクーバー旅行。 このときはカナダ人の友人夫妻、Randy&Katalinaの家に泊めてもらいました。 泊めてもらっているときは、ほとんど毎日めぼしいレストランで食事を奢ることにしています。 今回はレストランの選択はKatalinaに任せました。 数件の提案の中から選んだ1軒がこちら。 「Les Faux Bourgeois」というカジュアルなフランス料理店。 直訳すると「偽のブルジョワ」というところでしょうか。

スポンサーリンク

ロケーションはローカル

場所はダウンタウンからは少し離れたところ。 Fraser St.とKingswayの交差点の近くです。したがって観光客はそんなに多くはなく、地元の人が中心の印象。 私ははるか昔にバンクーバーに2年間ほど住んでいましたから、バンクーバーの地理はおおまかにはわかっていますが、当時仕事場と住居がダウンタウンにあったせいもあり、このあたりに来ることはあまりありませんでした。

ビストロ

入り口にもビストロと表示されていますが、比較的カジュアルな感じのお店。 向かって右側がカフェ、左側がレストランになっています。


https://www.tripadvisor.jp/Restaurant_Review-g154943-d1551386-Reviews-Les_Faux_Bourgeois-Vancouver_British_Columbia.html

マティーニとサゼラック

飲み物は、たぶんお店の人のお勧めを聞いたのでしょう、私はサゼラック(Sazerac)というカクテル。 初めて飲むカクテルですが、ライ・ウイスキーをベースとする結構スランダードなカクテルらしいです。 私は下戸なので知りませんでした。 Randyはマティーニ、Katalinaは運転するため飲酒せず。

オニオン・スープ

まずは各人にフレンチ・オニオン・スープ。 なかなか濃厚で本格的なオニオン・スープでした。

ニース風サラダとエスカルゴ

これは3人で少しずつシェアしてます。

鱈(たら、cabillaud)

Randyは鱈を食べていました。

ムール貝スペシャル

Katalinaはムール貝

ブイヤベース

私はというとブイヤベース。 なかなかいけます。

ガーリックほうれん草とフレンチフライ

付け合わせにガーリック・スピナッチとフレンチフライ。

白ワイン

Randyと私は白ワインもグラスでいただきました。

デザート

Randyはレモンタルト、Katalinaはチョコレートムース、私はというと定番のクレームブリュレ。

食後の飲み物

私とKatalinaはエスプレッソ・ドッピオ、Randyはカフェ・ラテ。満足です。

料金は税込241.43CAD

チップ込みだと289.72CAD。 まあUSDではなくてCADなのでそんなに高くはありません。 このお店、カジュアルではありますが、なかなかしっかりした料理を出してきます。 さすがはKatalinaが選んだお店だけのことはあります。 バンクーバーの観光客を卒業したら、是非こんなお店も試して見てください。

コメント

Since 2018年5月4日