スポンサーリンク

LHR-FCO BAビジネスクラス@2018年4月

スポンサーリンク
スポンサーリンク

lhr-fco-ba-c-2018-04-13
フィレンツェ、ベネチア、ミラノは行ったことがありますが、私は何とローマは初めて。 昨年、塩野七生さんの「ローマ人の物語」を全巻読み終えたこともあって、生きているうちにやはり一度はローマへ行っておこう、というわけで、ヨーロッパ内での距離は非常に短いですが、あえてAONE4のヨーロッパ区間を使ってロンドンからローマへ飛ぶことにしました。 そういう事情でモザンビーク、マプト発AONE4の最後にローマ滞在旅行を入れました。

スポンサーリンク

乗り継ぎ時間2時間45分

ロンドンヒースロー空港での乗り継ぎ時間は、2時間45分。 羽田からのJL便はターミナル3に到着します。 チェックイン荷物はスルーでローマまで行きますので、イギリスには入国せずに制限区域内を走っている無料バスに乗ってターミナル5に移動します。 LHRでの乗り継ぎは毎年何回かやっていますので、このあたりは慣れたものです。
JLのファーストクラスで到着していますが、次に搭乗するBAフライトは2クラス制でビジネスクラスしかありませんので、コンコードルームは使えませんが、どうせあまり時間もありません。

座席は2C

ローマ便の搭乗ゲートは、ターミナル5のメインストリート?に面したA15。 座席は2Cの通路側。 鉄板です。

不思議な座席配列

BAのビジネスクラスは、昔は真ん中の座席が異常に狭くなった特殊なシートでしたが、最近は3-3で真ん中のシートをこの写真のように使えなくして2-2で運用しているようです。 こうした方が飛行機を作るのが安上がりなるんでしょうかね。 いずれにせよこの時は隣席空席でラッキー。

チキンのパッパルデッレ

ビジネスクラスには一応食事が出ますが、食べない方が良い場合も多いです。 でも私はだいたい食べてしまいます。 この時はアピタイザーが海老のゴマ、ワカメサラダ。 メインはチキンのパッパルデッレ、超太麺のクリームパスタでした。 ローマ便だから、というわけではないでしょうけど、それなりに美味しくいただけました。

鉄道で市内へ

ローマ空港への到着が定時の場合22:10。 イミグレも空港も閑散。 まだぎりぎり列車が走っている時間帯でしたので、迷わず空港に隣接した鉄道駅へ向かいました。 到着階からエスカレーターで2階分上に上がったところから案内版にしたがって鉄道駅の方向へ歩きます。 結構歩いたような気がしますが、無事に鉄道駅に到着。 この自動券売機を使ってAMEXでチケットを買いました。 時刻は22:35の刻印があり、終着ローマ・テルミニ駅まで14EURでした。

Validationは要らないの?

空港駅もテルミニ駅もそうでしたが、ホームに入場する際に、日本のように切符をスキャンさせてゲートを開いて入ります。 それでも切符のValidationが必要なのかどうか?わからなかったので、近くにいたイタリア人に聞いてみましたが「必要ない」との答え。 それでも不安なので、念のために刻印機を使って刻印しておきました。 その昔、フィレンツェからピサへ向かう列車内で、Validationの不備を指摘されて罰金を払ったことがあるからです。

レオナルド急行

しばらくするとホームにレオナルド・ダ・ヴィンチ号が入ってきました。 中は典型的な空港電車。 もちろん乗客はまばらでガラガラでした。
22:53発車のはずでしたが、22:56に発車しました。 ダビンチが泣くよ!? しかし23:22にローマ・テルミニ駅に無事到着しました。

コメント

Since 2018年5月4日