スポンサーリンク

Ristorante Regina@ローマ@2018年4月

スポンサーリンク
スポンサーリンク

DSC03760_2018-04-13
モザンビークの首都マプト発AONE4を利用した昨年4月のイタリア、ローマ観光旅行。 ホテル近くにあるレストラン「Ristorante Regina」での遅めのランチ。

スポンサーリンク

Ristorante Regina

ホテルから歩いて数分のところにあったリストランテ。 割合新しめですっきりした店内。 お店の前の道路は工事中でしたが、店外にもテーブルがいくつか出してありました。 客層はほとんどが地元の人で、入店時は結構混んでいました。

メニュー

赤ワイン

小さなデキャンタで赤ワインをもらいました。

テーブルセッティング

ナプキンはちゃんとした布製でなかなか良い印象。 またテーブルクロスにはレストラン名とアイコンの刺繍があしらわれていて本格的

プロシュートとモッツァレラ

まずはモッツァレラチーズの乗ったプロシュート。 日本とは違ってさすがにしっかりとした量があります。 もちろん美味しい。

パンとオリーブオイル

他に食べる物がいっぱいあるので、パンなんか頼まなければよかった、と後から後悔しました。

アマトリチャーナ

パスタは、ローマのパスタとして有名なアマトリチャーナ。 パスタはスパゲティでした。 本場のものとあってさすがに美味しい。

ミックスサラダ

サラダとしてInsalata Mistaも頼んであります。

アーティチョーク丸ごと

メニューには見えなかったのですが、別のお客さんが丸ごとのアーティチョークを食べていたので、私も頼んでみました。 いやあ、豪快なアーティチョークでした。

ビステッカ

メインはやはりビステッカを頼んでみました。 メニューには牛肉のビステッカだけでなく豚肉のビステッカもリストされていて驚きました。 ビステッカというとついつい「ビステッカ・ア・ラ・フィオレンティーナ」を思い浮かべてしまいますが、ビステッカというのはただ単に「ステーキ」という意味なんですね。ビステッカとしてはかなり小さめ。

赤身肉

基本は赤身肉で、脂肪が外側や内側にサシの形ではなく小さめの塊としてついています。 味付けはほとんどなく、自分の好みで食べるようです。 全体としてかなり大量の料理でしたが、パンとアーティチョークの一部を除いてほとんど完食。 しかしかなり満腹。

レモン・ソルベ

しかしいくら満腹でもデザートは欠かせません。 あっさりしたレモン・ソルベを頼みました。

エスプレッソ・ドッピオ

最後はもちろんエスプレッソ・ドッピオ。  お茶菓子代わりなのかチョコレートの欠片を出してくれました。

43.5EUR=5907円

お勘定は43.5EUR。 JAL-AMEXプラチナカード支払いで5907円。 内容から見るとリーズナブル。

RIST REGINA / ROMA 2018年4月16日 5,907円 43.50ユ-ロ      135.794

隣にSEXY SHOP

地味ですがなかなか良いお店のように思いました。 テルミニ駅に近いところにあるせいか、このレストランの隣には大人のお店があったりしてご愛敬。 でも別に危険な地区ではありませんでした。

コメント

Since 2018年5月4日