サーロインステーキランチ@ウルフギャング丸の内@2019年3月12日

DSC07815_2019-03-12DSC07814_2019-03-12
丸の内、日比谷通り沿いにある明治生命館の地下にあるアメリカのステーキハウス、ウルフギャング・ステーキハウス 丸の内。 1回目は5000円のリブアイステーキコース、2回目は1万円弱のサーロインステーキコース、そして今回は5000円のサーロインステーキランチコース(ただし量は少なく330g)を試してみました。 どれも一休ドットコム経由の予約です。

熟成サーロインステーキのコース

一休ドットコムで予約を取ろうと思ったら運よく5000円のコースがあったので、3ヶ月に1度くらいランチをご一緒している先輩のI氏と一緒に食べに行きました。 予約したときは気づいていなかったのですが、実際にステーキが運ばれてきてみたら、リブアイではなく小さめのサーロインでした。 確かにメニューをよくよくみたら、下記の通りででした。

【期間限定特別メニュー】平日&限定20食!熟成サーロインステーキ330g!ウルフギャングで贅沢ランチを堪能
ランチ お一人様    5,000円 (税サ込)
メニュー
<お料理>
■前菜
 シーザーサラダ
■メイン
 330g(骨付き)熟成サーロインステーキ
 マッシュポテト
 クリームスピナッチ
■デザート
 本日のデザート
■食後のお飲み物
 コーヒー又は紅茶
※メニューは仕入状況等により変更となる場合がございます。予めご了承ください。
<注意事項>
※お席は2時間制となります。
※お席の指定・希望はお受けできません。予めご了承ください。

赤ワイン

飲み物は赤ワイン。どれを飲んだのかよく覚えていませんが、アルゼンチンのだったかな。 とにかくグラスワインでもこの値段ですからね、暴利です。 パンは2種類。 でも食べ過ぎ厳禁です。

DSC07804_2019-03-12DSC07807_2019-03-12DSC07808_2019-03-12DSC07805_2019-03-12DSC07806_2019-03-12

シーザーサラダ

サラダは特徴のないシーザーサラダ。 可もなく不可もなし。

DSC07809_2019-03-12DSC07810_2019-03-12

熟成骨付きサーロインステーキ330g

前回の450gのサーロインステーキの時と同じようなプレゼンテーションです。 恥ずかしながら私はこの段階で初めて、この日のステーキがサーロインであると気がつきました。

DSC07811_2019-03-12DSC07813_2019-03-12DSC07815_2019-03-12

取り分けられたポーション

例によってステーキ肉を取り分けてくれます。 お味は、前回ほど美味しいとは思いませんでした。 何故だろう? 値段の違い? 熟成度の違い? なんだかサーロイン独特のコクに若干欠けるような?
付け合わせは、マッシュポテトとスピナッチペースト。 これも以前ほどには美味しいと思いませんでしたが、これは慣れのせいかも。
早めにウルフギャングの邪道ソースに登場いただきました。

DSC07812_2019-03-12DSC07814_2019-03-12DSC07816_2019-03-12DSC07820_2019-03-12DSC07817_2019-03-12DSC07818_2019-03-12

骨付き部分を削いでもらう

例によって骨に付着した一番美味しい肉の部分をサーバにお願いして厨房の方で削いで出してもらいます。 やはりこの部分が一番美味しいね。
もちろんこのくらいの量だと軽く完食です。

DSC07819_2019-03-12DSC07821_2019-03-12DSC07822_2019-03-12DSC07823_2019-03-12

ティラミス

デザートはティラミスとクリーム。 コーヒーはエスプレッソ・ドッピオを頼もうと思いましたが、前回とは違いコーヒーのみだと言われてしまいました。 サーバによって対応が違っているのかもしれません。

DSC07824_2019-03-12DSC07825_2019-03-12DSC07826_2019-03-12DSC07827_2019-03-12

お昼時は満席

この日も前2回ほどではありませんでしたが、お昼時はほぼ満席でした。 料金は2人で1万3923円。 飲み物代が高いですね。 でも5000円でこの330gのサーロインをランチタイムに食べられるのであれば、これは悪くはありません。 この日お連れしたI氏にもご満足いただけようでした。

DSC07828_2019-03-12DSC07829_2019-03-12

コメント

Since 2018年5月4日