NRT-CMB ULビジネスクラス@2018年8月

DSC05336_2018-08-04DSC05343_2018-08-04

昨年4月にスタートしたモザンビークの首都マプト発ワンワールド・エクスプロアラー・ファーストクラス世界一周券AONE4の続きでアジア区間の1回目。 初めてスリランカへ行くことにしました。 このマプト発AONE4は堂々たる正規チケットですので遠慮無く所定の手数料を支払って旅程変更などを行っています。 その際スリランカ行きについてはULプロパー便ではなくJLコードシェア便に変更してあります。

京成スカイライナーチケットレスサービス

成田発11:20のフライトだと、私は普通、上野から京成本線特急を使って1025円で行きます。 でもこの時は京成スカイライナーのチケットレスサービスを使ってみるために、わざわざスマホのアプリからオンラインでスカイライナー特急券を買ってみました。 その明細が下の通り。

■利用明細
利用日時            :2018年8月2日 11:47
注文番号            :161-180802-8347-3914
——————————————————–
利用内容            :20180804 スカイライナー 019号 大人1名
数量                :1
単価                :1,230円
========================================================
利用内容の合計[税込]:1,230円

この他にスイカを使って乗車券=1235円が必要ですから、全部で2465円になります。 この料金だと普通に乗車券と特急券を買ったのと同じ。 ほとんど割引がないのかな? となるとただ単にTポイントがたった12ポイントつくというだけの話か。 どうやら私にはほとんどメリットがないようです。
また成田空港からの帰路便なんかは、到着便がいったい何時になるか、よくわからない面もあるので、やはり当日駅のカウンターで購入した方がかえって面倒がありません。 もっともカウンターが混んでいる場合にはスマホアプリでサクッと買うという手段を常に用意しておくのはアリだと思いますが。
ちなみにこの区間、乗車券と特急券を一緒に買うとなぜか2470円と5円だけ高くなってしまいます。 でも私は面倒だから帰国時は成田で特急券と一緒に乗車券も買っています。 もちろんスイカでも使えますが、乗車券も一緒に買った方が青色申告記帳の際にも面倒がありません。

JLコードシェア便に変更

さてフライトですが、NRT-CMBはスリランカ航空便です。 しかしJLとコードシェアしていますので、旅程変更の際についでにもともとはULプロパー便で予約してあったものをJLコードシェア便に変更しておきました。

2018-08-04nrt-cmb

マイルとFOP

この区間をJLコードシェア便で登録して飛ぶと、JLのマイレージで5,333+6,933=12,266マイル、FOPだと8,399ポイントになります。
一方今年のようにULプロパー便として飛ぶと、JLのマイレージで5,333マイル、FOPも同じく5333ポイントとなりJLコードシェア便で飛ぶのとは大きく異なってしまいます。 JLにマイルを貯めている人はJLコードシェア便で飛んだ方がお得です。 もっとも今年のチケットは訳ありチケットだったので、諸般の事情でそんな変更をする余裕など全くありませんでしたが。

ラウンジ・インビテーションはJL便名

ワンワールドのよしみでラウンジはJLラウンジを使用しています。 そのためかラウンジ・インビテーションはちゃんとJL便名を記載してあります。

DSC05321_2018-08-04

搭乗券はUL便名

座席は1Aです。

nrt-cmb-ul455-c-2018-08-04

平均的なビジネスクラスシート

座席は普通のウェッジタイプのビジネスクラスシート。 あまり特筆すべきことはありません。

DSC05322_2018-08-04DSC05323_2018-08-04DSC05324_2018-08-04DSC05325_2018-08-04

ヴァージンメリー

飲み物はいつもの通り。 ソルティドッグみたいにグラスの縁に塩を塗ってくれています。

DSC05326_2018-08-04DSC05327_2018-08-04DSC05328_2018-08-04

メニュー

こちらがメニュー。 こんなところで間違って和食なんか選ぶとひどい目に遭うこと疑いなし。 というわけで当然洋食、というかカレーしか選択肢はないでしょう。

scan1-140scan1-141scan1-142scan1-143-1scan1-143-2scan1-144-1scan1-144-2

帆立のグリルとパパイヤ

アピタイザーはさすがにカレーではありません。 モッツァレラチーズと海老のサラダもついています。
白ワイン、シャブリももらったようです。

DSC05329_2018-08-04DSC05330_2018-08-04DSC05331_2018-08-04DSC05332_2018-08-04DSC05333_2018-08-04

インド風チキンカレー

メインはもちろんカレーですが、スリランカ航空なのに何故「インド風」チキンカレーなんだ?! 「スリランカ風」のかつお節出汁入りのカレーを出して欲しかったなあ。 でもまあこのカレーも悪くはありませんが。
またあと今から考えるとベジタリアンチョイスというのでもよかったかも、などとも思います。

DSC05334_2018-08-04DSC05335_2018-08-04DSC05336_2018-08-04

フルーツ盛り合わせ

DSC05337_2018-08-04DSC05338_2018-08-04

デザートのケーキ

これはワゴンデセールで来ましたので、グリーンティーオペラとモカガトーの両方をもらいました。

DSC05339_2018-08-04DSC05341_2018-08-04DSC05342_2018-08-04

ミルクティー

セイロン・ブラックティーのミルクティー。 しかしどうやらこれはティーバッグ。 スリランカ航空ならセイロン茶くらいせめて茶葉で淹れて欲しいものです。

DSC05340_2018-08-04

レッド・スパロー(原題:Red Sparrow)

機内で見た映画はこちら。 ジェニファー・ローレンス主演のスパイ映画。 ベテランのジェレミー・アイアンズやシャーロット・ランプリングなども出演していてなかなか豪華。 内容もそこそこでした。 特にシャーロット・ランプリングは若い頃もよかったけど、すっかり老けてしまった今もまだ不思議な色気をたたえていて惹かれます。

d295537d1013e877

到着前の食事メニュー

scan1-145-1scan1-145-2

甘辛チキン、炒飯とミックス野菜

スリランカ風の選択肢がなかったため、中華風を選択。 これはエコノミークラス風でした。

DSC05343_2018-08-04DSC05344_2018-08-04DSC05345_2018-08-04DSC05346_2018-08-04

ミルクティー

最後もミルクティーで終わり。 無事にコロンボ空港に到着しました。

DSC05347_2018-08-04

コメント

Since 2018年5月4日