HND-LHR JLファーストクラス@2019年2月

hnd-lhr-jl043-2019-02-1
モザンビークの首都マプト発ワンワールド・エクスプロアラー・ファーストクラス世界一周券AONE4もいよいよ最終盤。 最後の2区間を飛んで最終目的地=ヨハネスブルグJNBまで行きます。 しかし私の場合最終目的地とはいってもJNBに用事があるわけではなく、今回は次のAONE4スタート地点であるインド洋に浮かぶセイシェル島=SEZまですぐに向かいます。 そしてそこから新しいAONE4をスタートしてとりあえず日本に戻ってくるという次第。

今回の旅程

HND-xLHR-xJNB-xDOH-oSEZ-xLHR-HND
最初の2区間はモザンビークの首都マプト発ワンワールド・エクスプロアラー・ファーストクラス世界一周券AONE4の最後の2区間。 JLとBAのファーストクラスで飛びます。
真ん中のカタール航空2区間は、JLのマイルを使って発券したQRビジネスクラスです。 この2区間はいずれファーストクラスの設定はありません。
最後の2区間はそれぞれBAとJLのファーストクラスですが、BA区間は新しくスタートしたセイシェル発One World Explorer世界一周券AONE4の第1区間。 2区間目のJLはJLのマイルを使った往復特典航空券。 ポジショニングフライトです。
したがって4枚の異なるPNRのチケットを組み合わせて今回の旅行が成立するというちょっと複雑な旅程になっています。 PNRが違っていますから乗り継ぎなどはすべて自己責任。 まずはその第1区間。

2019-02-09maphnd-lhr-jl043-2019-02

東京で雪が降る→出発遅延

この日は何と都内では珍しくちょっと雪が降る朝でした。 天気予報でも言われていましたので、普通なら自宅から羽田空港まで1時間程度を見込んでいますが、念のためにいつもより長く1時間半ほどを見込んで30分早めにMKタクシーを呼んでおきました。
しかし実際にはタクシーにはほとんど雪の影響がなくいつも通りに50分ほどで空港に到着。
一方出発便の方は結局30分ほど遅れてしまいましたので、ラウンジで無駄に時間を過ごすことになってしまいました。 私が一番嫌いなパターンですが致し方ありません。 乗り遅れるよりはまだマシです。
ちなみにMKタクシーを使う理由はJALクーポンを消費するためです。 空港定額タクシー利用で6000円分はJALクーポンを使い、残りの金額をクレジットカードで支払っています。

hnd-lhr-jl043-2019-02-4DSC07346_2019-02-09DSC07347_2019-02-09DSC07348_2019-02-09DSC07349_2019-02-09DSC07350_2019-02-09

座席は1A

ファーストクラスの塔乗率は6/8とまずまず。
ウエルカムドリンクはオレンジジュースを選択。
ちなみに手前に見える小さな透明ボトルはいつも自前で用意して持って行く歯磨き用のミネラルウォーターです。

hnd-lhr-jl043-2019-02-1DSC07351_2019-02-09

シャンパン

マグロ、鴨、サーモンのアミューズにシャンパンをいただきました。 この頃はちょうどサロンを積んでいない時期でした。

DSC07352_2019-02-09DSC07353_2019-02-09DSC07354_2019-02-09DSC07355_2019-02-09

おつまみ各種

なんだか見慣れない袋に入ったのもありました。

DSC07356_2019-02-09DSC07357_2019-02-09DSC07358_2019-02-09DSC07359_2019-02-09

メニュー

hnd_lhr_f_m_201812_201902_ページ_11hnd_lhr_f_m_201812_201902_ページ_12hnd_lhr_f_m_201812_201902_ページ_13hnd_lhr_f_m_201812_201902_ページ_21hnd_lhr_f_m_201812_201902_ページ_22hnd_lhr_f_m_201812_201902_ページ_23

和食 先付け5種

珍しく和食を選択したようです。 洋食のメインがステーキではなかったためかもしれません。

DSC07360_2019-02-09DSC07361_2019-02-09DSC07362_2019-02-09DSC07363_2019-02-09DSC07364_2019-02-09DSC07365_2019-02-09DSC07366_2019-02-09

蟹真丈のお椀

DSC07367_2019-02-09DSC07368_2019-02-09DSC07369_2019-02-09

ブリ大根に鰆の炙り

DSC07370_2019-02-09DSC07371_2019-02-09DSC07372_2019-02-09DSC07373_2019-02-09DSC07374_2019-02-09DSC07375_2019-02-09DSC07376_2019-02-09

ノドグロ煮付け

DSC07377_2019-02-09DSC07378_2019-02-09

ホタテ炊き込みご飯

DSC07380_2019-02-09DSC07381_2019-02-09

串盛り合わせ

さすがにこれまでの料理ではとても満足できませんので、アラカルトメニューから串盛り合わせを頼みましたが、これもイマイチ。 やはり私は和食は合いません。

DSC07379_2019-02-09hnd_lhr_f_m_201812_201902_ページ_31hnd_lhr_f_m_201812_201902_ページ_32

なめこ椀

DSC07382_2019-02-09

デザート

黒豆の蜜煮、苺、クワイのカステラ、トリュフチョコレート

DSC07383_2019-02-09DSC07384_2019-02-09DSC07385_2019-02-09DSC07386_2019-02-09

ジョニーイングリッシュ・アナログの逆襲

機内で見た映画は「ジョニーイングリッシュ・アナログの逆襲 Johnny English Strikes Again」。 機内で気楽に見るにはいい映画。

2019-01-26 (18)eiga1

「Mr.ビーン」で世界的に知られるイギリスの人気コメディアン、ローワン・アトキンソン主演によるスパイアクションコメディ「ジョニー・イングリッシュ」の7年ぶりとなるシリーズ第3作。大規模なサイバー攻撃によってイギリスの諜報機関「MI7」の現役スパイたちの情報が漏洩してしまい、残された最後の頼みの綱として、隠居状態だったジョニー・イングリッシュが呼び出される。早速、事件を裏で操るハッカーを見つけだそうと任務に就くジョニーだったが、限られたスキルしかなく、アナログ人間な彼にとって、最先端テクノロジーこそが最大の脅威だった。アトキンソンが「007」のジェームズ・ボンドを彷彿させるが、時代遅れで変なおじさんのジョニー・イングリッシュに扮したほか、「007 慰めの報酬」でボンドガールを務めたオルガ・キュリレンコ、イギリスの名女優エマ・トンプソンらが共演した。
2018年製作/89分/G/イギリス
原題:Johnny English Strikes Again

フミコの和食

到着前の食事は、フミコの和食。 このシリーズ結構気にいっています。

hnd_lhr_f_m_201812_201902_ページ_41hnd_lhr_f_m_201812_201902_ページ_42DSC07387_2019-02-09DSC07388_2019-02-09DSC07389_2019-02-09DSC07390_2019-02-09

フルーツとプチデザート

フルーツの後、苺がいっぱいのマカロンとチョコドーム。 最後にエスプレッソ・ドッピオで終わり。

DSC07394_2019-02-09DSC07395_2019-02-09DSC07391_2019-02-09DSC07392_2019-02-09DSC07393_2019-02-09DSC07396_2019-02-09DSC07397_2019-02-09

ファストトラック利用券

この頃はまだファストトラックが幅を利かせていた時代です。 今年4月以来ロンドン線に乗っていないのでわかりませんが、たぶん今はもう配っていないかもしれません。 (年明け2月にはまた乗る予定ですのでその時に確かめましょう)
そういえばこの頃からリラクシングウェア一のデザインが変更になり、とてもダサイ色とデザインになってしまいましたね。
ともあれ無事にロンドンに到着。 ブリティッシュ・エアウェイズBritish Airways便に乗り継ぎます。 出発が遅れましたが乗り継ぎ時間がたっぷりありますので問題はありません。

hnd-lhr-jl043-2019-02-2

コメント

Since 2018年5月4日