Urban Brasserie@ホリデイ イン エクスプレス ロンドン ヒースロー T4@2019年4月

DSC08305_2019-04-121DSC08308_2019-04-12

昨年2月にスタートした1枚目のセイシェル発ワンワールド・エクスプロアラー・ファーストクラス4大陸世界一周券AONE4。 AONE4を再開したロンドンにこの時は2泊しました。
この時この空港ホテルのメイン・ダイニングで一度食事をしました。

Urban Brasserie

メインダイニングといっても、この「Urban Brasserie」はツインホテルである隣のクラウンプラザホテル1階にあります。
ホリデイインとクラウンプラザは入り口とチェックインカウンターこそ一応違っていますが、中ではつながっています。 エレベーターホールも共通で、降りて片側がホリデイイン、反対側がクラウンプラザになっています。また部屋番号はホリデイインが3桁なのに対しクラウンプラザは4桁みたいです。

メニュー

Asian Street Foodなんていう一群のメニューもありますが、何もこんなところで食べなくても本物を現地で食べた方がいいですね。
とはいえすでにロンドンに根づいているインド料理系ならまだ選択肢になりますが。
この時は試しませんでしたが、ステーキもありますので次の機会に試すことになります。

DSC08296_2019-04-12DSC08297_2019-04-12DSC08298_2019-04-12DSC08299_2019-04-12DSC08300_2019-04-12DSC08301_2019-04-12

白ワイン

白ワインを1杯だけいただきました。

DSC08302_2019-04-12

パンとバター

お、なかなか良い。 昔のロンドンとは違ってます。

DSC08303_2019-04-12

サラダ

とてもリフレッシングでよい。

DSC08304_2019-04-12DSC08307_2019-04-12

Petit Pois Soup

グリーンピースのスープなのですが、見えているのはそのスープの蓋の上に載っている「たら」のクロケー(コロッケ)。 このようにスープの蓋の上にクロケーが別皿のように載ってプレゼンテーションされています。 スープによってクロケーが保温されていることになります。

DSC08305_2019-04-12DSC08306_2019-04-12
その蓋を開けてどけるとこのようにグリーンピースの色鮮やかなスープが出現するという次第。 スープ自体もクロケーも大変美味しい。
なかなか楽しませてくれる演出です。私はこのスープをいたく気に入りました。

DSC08308_2019-04-12

フィッシュ&チップス

メインは一応イギリスに敬意を表してフィッシュ&チップスを頼んだのですが、ちょっと凝ってはいましたが、残念ながらお味の方はイマイチ。 その辺のテイクアウトやファストフードのお店で食べた方が美味しいくらいでした。

DSC08309_2019-04-12DSC08310_2019-04-12DSC08311_2019-04-12

柚子のクレームブリュレ

デザートは柚子のクレームブリュレ、マンゴーのエスプーマ。
これは秀逸でした!

DSC08312_2019-04-12DSC08313_2019-04-12DSC08314_2019-04-12DSC08315_2019-04-12DSC08316_2019-04-12

エスプレッソ・ドッピオ

最後にエスプレッソ・ドッピオをもらって終わり。

DSC08317_2019-04-12DSC08318_2019-04-12

ロンドンの食事事情も変わってきた

空港ホテルのダイニングさえこれですから、ロンドンの食事事情は昔とずいぶんと変わってきたようです。 お金さえ出せば、そこそこ美味しいものを食べられるようになりました。 うれしいことです。

コメント

Since 2018年5月4日