LA ROTONDE@パリ@2019年4月

DSC08428_2019-04-121DSC08431_2019-04-12
昨年2月にスタートした1枚目のセイシェル発ワンワールド・エクスプロアラー・ファーストクラス4大陸世界一周券AONE4。 パリで3泊しましたが、その時の食事の1つ。 モンパルナスにある「LA ROTONDE」というカフェでの食事。

LA ROTONDE

もともとは通りを挟んで向かいにある「LE DOME」というカフェに入ろうとしたのですが、時間が早すぎてレストランの営業はまだやっていなかったため、こちらにした次第。
このあたりはいくつか有名なカフェが立ち並ぶ界隈です。

DSC08432_2019-04-12DSC08431_2019-04-122020-05-03 (4)DSC08418_2019-04-12

テーブルセット

何気なくエシレのバターが出てくるなんて嬉しいですね。 オリーブはお通しみたいなものか。

DSC08419_2019-04-12DSC08420_2019-04-12DSC08421_2019-04-12DSC08422_2019-04-12

ロブスタービスク

結構塩辛い。

DSC08423_2019-04-12DSC08424_2019-04-12

牛ヒレ肉のステーキ

アメリカとは違ってステーキとはいっても、各店独特のソースがかかっています。 これが合うかどうかによって、フランスのステーキが好きか嫌いか分かれてしまいそう。
付け合わせはフレンチフライ。

DSC08425_2019-04-12DSC08427_2019-04-12DSC08428_2019-04-12DSC08426_2019-04-12

クレームブリュレ

デザートはお約束のクレームブリュレ。

DSC08429_2019-04-12DSC08430_2019-04-12

JAL Global WALLETで支払い

この時はJAL Global WALLET(JGW)を作ったばかりだったので、それを使って支払いました。
このカード、なんだか一風変わったカードで、基本的にはプリペイドになっています。 日本円でチャージできるだけなく、いくつかの通貨でチャージしておけるところが通常のプリペイドカードとは違うところ。
この時は日本出発前に、日本円で1万円分と英国ポンドGBPで50ポンド分をチャージしておきました。
ちなみに私は「ショッピング+ATMコース」というのを選択しています。

img20200400122

48EUR=6184円

JAL Global WALLETでの決済は下記のようになっていました。
今回ユーロEURはチャージしていませんので、使った分だけ日本円に両替されて請求されます。
この時は48EUR=6184円でした。

2019/04/16 処理分    JAL Global WALLET    利用    LA ROTONDE\105 BOULEVA    EUR    -48

2019/04/15 19:14:42
利用金額 EUR 48.00
加盟店名 LA ROTONDE\105 BOULEVA
マイル付与対象金額 6,184
付与マイル 30
自動両替の内訳
JPY → EUR
両替元
JPY 6,184
両替先
EUR 48.00
約定レート
1EUR = 128.82158 JPY

マイル付与は0.5%

クレジットカードと同じようにJAL Global WALLETも使うとマイルが付与されます。 しかし付与されるマイルはわずか0.5%で、ふつうのクレジットカードとたいして変わりません。
そのためあまり面白味がないな、というわけでその後は使っていませんでした。

プリペイドNFCカードとして

先日も書きましたが、このJAL Global WALLETにはNFCチップが搭載されています。 つまりMastercardのコンタクトレス(非接触)決済機能=Mastercard®タッチ決済が搭載されているわけです。 しかもプリペイド方式なのでチャージしてある金額以上には使われる心配がないため、ある意味リスクが少ないことになります。
そのため海外でのNFC対応交通機関の利用時などに、いわば海外版SUICAのように使用するという目的のためには悪くない選択枝かもしれないと、今の時点では思っています。

img20200400122

コメント

Since 2018年5月4日