ホリデイ・イン・エクスプレス・ロンドン・ヒースローT4@2019年6月

2019-06-09 (1)DSC09290_2019-06-15
昨年2月に発券した1枚目のセイシェル発ワンワールド・エクスプロアラー・ファーストクラス4大陸世界一周券(AONE4)を続けるためにロンドンへ。 ロンドンで2泊しましたが、再度T4のホリデイ・イン・エクスプレスに宿泊しました。 どうせ2泊だけですから、空港内にいた方が楽です。

JLチケットカウンター

JL便はT3に到着しますので、すぐに出発レベルのチケットカウンターへいってみましたが、15:50では開いていませんでした。 夕方のJL便は夜7時過ぎですので、仕方ありません。

ホテルチェックイン

というわけでヒースローエクスプレスでT4へ移動して、まずはホテルにチェックイン。

2019-06-09 (1)

お部屋は画一

アメリカ式ですからどの部屋もほとんど同じ。 右と左が互い違いになっているくらいか。 しかし空港ホテルとしては静かですし、やはり利便性が高い。 それにまだ新しいせいで小ぎれいです。

DSC09290_2019-06-15DSC09291_2019-06-15DSC09292_2019-06-15DSC09293_2019-06-15DSC09294_2019-06-15

バスルームも標準的

シャワーの水圧は弱めですが、使うのに困るほどではありません。 料金を考えるとエアポートヒルトンよりもいいかも。

DSC09295_2019-06-15DSC09296_2019-06-15DSC09297_2019-06-15DSC09298_2019-06-15

Flexiroam

ホテル内はWIFIがありますので、セルラー通信は不要ですが、この時は翌日キューガーデンへ行こうかと思っていたので、念のためにFlexiroamで3日間500MBというプランを購入しておきました。もっとも実際にはほとんど使いませんでしたが。

5282

O嬢とR嬢にお土産

チェックインを済ませてから再度T3へ戻り、4月にお世話になったJLチェックインカウンターの日本人のO嬢とミャンマー人のR嬢に抹茶味キットカットと日本人にしかわからないインスタントダシの素・茅乃舎出汁をO嬢にお土産として渡しました。
ロンドンはどうしても通らなければならない関門(鬼門?)なので、知り合いをつくっておくと便利です。

productinfo-photo-0220190527095527_P1fyljrS

ターミナル間シャトルバスからみた通路

左手がT4ターミナル本体。 道路に沿って右手に、土管のように見えるのがホテルへとつながる通路。 いや、本当に土管のようなプレハブ風の通路です。 日本じゃ絶対にこんな作り方はしないよねえ。

DSC09299_2019-06-15DSC09300_2019-06-15DSC09301_2019-06-15

キューガーデンへ行けず

翌日は曇り、小雨のいかにもロンドンらしい天気でしたが、せっかく中1日空いているので、キューガーデンへ行ってみようと思い、地下鉄で乗り換え駅まで行ってみたのですが、何と橋の工事のためか何かで、キューガーデンへ行く地下鉄ディストリクト線が運休の貼り紙。
何ともついていませんが、小雨も降ってきたのでそのまま諦めてホテルへ戻りました。

DSC09302_2019-06-15

地下鉄でT3まで

地下鉄ピカデリー線はT5またはT4まで行くのですが、T5までの本数の方が多いようです。 しかしT5まで行ってしまうとT4へ戻るのがバスしかなくなるため、T3で降りてヒースローエクスプレスでT4のホテルに戻ります。

DSC09303_2019-06-15DSC09304_2019-06-15DSC09305_2019-06-15

T4でバス停を下見

翌日はブリティッシュ・エアウェイズBritish Airways便でLAXへ向かいますから、T4からT5へ移動する必要があります。 ヒースローエクスプレスを使うと、一度T3へ戻ってから乗り換えてT5へ行く必要があります。
T4からT5へ直接行くためには、バスを使うしかありません。 そのためT4のバス乗り場をチェックしておきました。

10番または11番のバス停で482番または490番のバスに乗れば無料でT5へ直行
できることがわかります。

DSC09306_2019-06-15DSC09307_2019-06-15DSC09308_2019-06-15DSC09309_2019-06-15

コメント

Since 2018年5月4日