スポンサーリンク

LAX-DFW-YVR AAビジネスクラス@2019年6月

スポンサーリンク
スポンサーリンク

DFW-YVR-AA-C-2019-06
昨年2月に発券した1枚目のセイシェル発ワンワールド・エクスプロアラー・ファーストクラス4大陸世界一周券(AONE4)をロンドンから再開しました。 ロサンジェルスからダラス・フォートワース-バンクーバーと飛んでバンクーバーで2泊します。 LAX-DFWは、アメリカン航空の発券制限(married segment logic)のために、エコノミークラスでの予約を余儀なくされています。

スポンサーリンク

発券制限(married segment logic)

ブリティッシュ・エアウェイズBritish Airways便はLAXのTBIT(トム・ブラッドレー国際ターミナル)に到着します。 そこから忍耐のイミグレを経て外回りで隣のAAターミナルに移動。
LAX-DFWは、アメリカン航空の発券制限(married segment logic)のために、エコノミークラスでの予約ですが、それでもFLAGSHIPラウンジへのインビテーションをくれました。

シャワー@FLAGSHIPラウンジ@LAX

数年前に改装されてきれいになったFLAGSHIPラウンジです。 まずはシャワーを浴びます。 AAやUAのシャワールームは広めで快適です。
デジタルキーなんかではなくアナログな鍵なのもうれしい。

軽食@FLAGSHIPラウンジ

食事も昔よりは若干改善されていますがアメリカですからこんなものです。

座席は8D

そんなわけでこの区間は久しぶりのエコノミークラス。 当然センターブロック通路側。 ごく短い夜間飛行で何事もなくDFWに到着。

FLAGSHIPラウンジ@DFW

DFWのFLAGSHIPラウンジは改装が済んで新装オープンしていました。
以前同様、ファーストクラス・ダイニングもありましたが、8時からオープンということでこの時の私のフライトでは使えませんでした。

シャワー@FLAGSHIPラウンジ@DFW

一応夜間飛行の後なのでここでも再度シャワーを浴びます。 新しいシャワールームほど狭くなっていくことが多く残念です。 しかし使い勝手はよかったようで、メモにわざわざ「シャワーはとてもいい」と書き残してありました。

座席は6B

DFW-YVRは一応国際線。 2クラス制ですのでビジネスクラスです。 センターブロック通路側。 たしかこのフライトはバルクヘッドが3Aになっている機材だったと思います。 バルクヘッド以外の通路側ならどこでもいいですね。

朝食

朝のフライトなので一応朝食らしきものが出ます。 サバイバルのためにちゃんと食べておきました

コメント

Since 2018年5月4日