家族ランチ@VOLO COSIヴォーロ・コズィ@2020年7月

DSC00328_2020-07-12DSC00306_2020-07-12
先月次男の家に生まれた孫のお宮参りの後、VOLO COSIヴォーロ・コズィで久々に家族ランチを開催しました。 西口さんのお心遣いでこの日のランチはうちの家族で貸し切りでした。

Bella Vista

お宮参りのお祝いに、飾り用に小さな尾頭付きの鯛「Bella Vista」をご用意してくださいました。 ”bella vista”は丸一尾を紙に包んで茹で上げるという、イタリアではおめでたい料理の一つなのだそうです。

DSC00289_2020-07-12DSC00291_2020-07-12DSC00292_2020-07-12

スプマンテ

私の飲み物はいつもの通りスプマンテ1杯だけ。 この日はフランチャコルタのモンテロッサ。 他の方は車の運転などがあるためノンアルコール飲料ばかり。

DSC00293_2020-07-12

チーズ煎餅

DSC00295_2020-07-12DSC00296_2020-07-12

自家製グリッシーニ

DSC00299_2020-07-12

小前菜

DSC00297_2020-07-12DSC00298_2020-07-12

季節の野菜類のマチェドニア

通常マチェドニアというといろいろな果物などが入った甘いデザートを思い浮かべますが、もともとマチェドニアという名称の由来は色々な果物が入っている様を色々な民族が住むマケドニアになぞらえたものといわれるそうで、必ずしも甘いものに限らないようです。

DSC00300_2020-07-12DSC00301_2020-07-12

ヴェネチア風海鮮魚介盛り合わせ

私と次男以外は、西口シェフのスペシャリテの1つのこちら。

DSC00302_2020-07-12

花ズッキーニの牛肉包み

シーフードの苦手な次男と私だけは特別に花ズッキーニの牛肉包みを特別に作っていただきました。
牛肉の煮込みソースにオーストラリア産黒トリュフがたっぷりかけられています。

DSC00303_2020-07-12DSC00304_2020-07-12DSC00306_2020-07-12DSC00307_2020-07-12

運の強い孫

雨続きの梅雨時に、お宮参りのこの日ばかりは珍しくとてもいい天気! ちょっと蒸し暑かったとはいえ、雨よりはずっとマシです。 お宮での写真撮影と写真館での写真撮影もとても楽でした。
なかなか運の強い孫かもしれません。

DSC00308_2020-07-12DSC00309_2020-07-12DSC00310_2020-07-12DSC00311_2020-07-12DSC00312_2020-07-12DSC00313_2020-07-12DSC00314_2020-07-12

鯛のソテー

私と次男以外は鯛のソテー。

DSC00315_2020-07-12DSC00316_2020-07-12

ミネストローネ

私と次男はミネストローネ。 魚系が苦手な次男に私もつきあっているわけですが、ここは鯛のソテーの方が美味しそうでした。 実際皮の部分が苦手な祖母から皮だけいただきましたが美味しかったです。

DSC00317_2020-07-12DSC00318_2020-07-12DSC00319_2020-07-12

カバテッリ

1品目のパスタは、カバテッリ、夏野菜のソース。

DSC00320_2020-07-12DSC00321_2020-07-12DSC00322_2020-07-12

ポレンタのラビオリ

西口シェフのスペシャリテのひとつ、ポレンタとタレッジョチーズのラビオリ。
オーストラリア産黒トリュフが載せられています。

DSC00323_2020-07-12DSC00324_2020-07-12DSC00325_2020-07-12

和牛ロースト

メインは熊本県産赤毛和牛のロースト、赤ワイン煮込みのソース。 芽キャベツとソラマメが添えられています。 人数が多いときは、これが一番無難です。 実際柔らかくて美味しい。 83歳の義理の母でも半分はしっかり食べていました。

DSC00326_2020-07-12DSC00327_2020-07-12DSC00328_2020-07-12

パッションフルーツ

デザートはパッションフルーツとそのシャーベット、それにアーモンドのセミフレッド。 セミフレッドはいつもの通り私だけ大盛りです。

DSC00329_2020-07-12DSC00330_2020-07-12DSC00331_2020-07-12

お茶菓子とエスプレッソ・ドッピオ

私はエスプレッソ・ドッピオですが、ほかの皆さんはコーヒーや紅茶などが多いですね。
いつもながら83歳の義理の祖母が、いくつかのお皿で私や長男が少し食べるのを手伝いましたが、ほとんどの品をしっかり召し上がっていました。 このお店の料理が口になっているようです。 それだけこのお店の料理の基本がしっかりしているということだろうと思います。

DSC00332_2020-07-12DSC00333_2020-07-12DSC00334_2020-07-12DSC00335_2020-07-12DSC00336_2020-07-12

コメント

Since 2018年5月4日