LHR-LAX BAビジネスクラス@2020年7月

LHR-LAX BAビジネスクラス@2019年7月

昨年7月にスタートした2枚目のセイシェル発ワンワールド・エクスプロアラー・ファーストクラス世界一周券AONE4。 この年2回目のセイシェルに2泊だけして、そこからAONE4をスタートしました。 ロンドンで一泊トランジットの後、BA便でLAXまで飛びます。 しかしこの区間、予約時にファーストクラスが満席だったためビジネスクラスで発券したのですが、このチケットの怪しい素性のせいで通常の場合とは違い、誠に残念なことに後からファーストクラスに変更するということができませんでした。 何よりも発券することを優先した結果です。

2枚目のAONE4全旅程

SEZ-xLHR-xLAX-xYVR-xJFK-oNRT-oCMB-oNRT-oBKK-oHND-xLHR-xDOH-oCDG-xDOH-xLHR-JNB

ex-sez2-2019map

通常ならLHR-xLAX-xDFW-YVR

いつもであれば LHR-xLAX-xDFW-YVR と飛ぶところ、例のアメリカン航空の発券制限(married segment logic)のために LHR-xLAX-xDFW の区間の予約がなかなか入らず、業を煮やして LHR-xLAX-YVR としてしまった次第です。

LHR-LAX BAビジネスクラス

そのうえたまたま予約を入れた時にこの区間のファーストクラスが空いていなかったため「どうせ発券後に変更すればいいか」と気楽に考えてとりあえずビジネスクラスで発券したのが運の尽き。 発券後出発前には二度と再発券の希望はかないませんでした
もっともすでに書きました通りこの世界一周が終わってから、昨年7月にはスリランカ航空で再発券してもらえたわけですが、その時はもうこの区間は飛んでしまっていましたのでどうにもなりません。

T4からT5へ

ホテルをチェックアウトして地上階まで下りてまた#490番のバスを使ってT5へ移動しました。 乗り換えしなくて済むので多少は楽なように思います。
夏休みの旅行のためか家族連れが多くて、ファーストクラス専用カウンターも混雑していました。

DSC09993_2019-07-08

フルーツだけの朝食

どうせ機内で食事は出ますから、軽くフルーツだけをビジネスクラスラウンジでいただきます。

DSC09994_2019-07-08DSC09995_2019-07-08DSC09996_2019-07-08

座席は10B通路側

ブリティッシュ・エアウェイズBritish Airwaysのビジネスクラスなんて、何年ぶりだろう? たぶん10年以上乗っていないのではないかと思います。 このビジネスクラスシートが出現したときは「凄いフルフラットのシートが出た!」と驚いた記憶がありますが、見た感じはその頃と全く変わりません。

窓側座席からだと通路に出る際に通路側の乗客の足のところを跨ぐ必要があって嫌
だなあ、と思った記憶があります。
たぶん今もこの機材だと同じことでしょう。
実は直前まで6Aを予約していたのですが、搭乗時に10Bに変更した次第。 10年前の最新機材も今や世界のビジネスクラス機材の平均値にも及ばなくなっています。 もっともブリティッシュ・エアウェイズBritish Airwaysの場合は、ファーストクラスがそもそもビジネスクラス程度のものですから仕方ありませんが。

LHR-LAX BAビジネスクラス@2019年7月

使いにくい座席

目の前にお札のように立っているのは、倒せば寝るときの足乗せ用の台になります。
収納スペースも非常に限られていて、一番下の引き出しくらい。
昨年新しくなったビジネスクラスでようやく世界の潮流に追い付くところだったのでしょうけど、このコロナ禍ではねえ….

脱いだ靴を置いておく場所もなく、CAに強制的にオーバーヘッドビンに上げられる
始末。 離陸時はブランケットすらダメという小うるさいブリティッシュ・エアウェイズBritish Airwaysでした。
トイレはC用に3か所のみ。

DSC09997_2019-07-08DSC09998_2019-07-08DSC09999_2019-07-08DSC10001_2019-07-11

メニュー

飲み物はモックテール=シトラス・バースト。

2019MAY077menu12019MAY077menu2DSC10002_2019-07-11

トマトバジルスープ

これは美味しい。

DSC10003_2019-07-11DSC10004_2019-07-11

野菜コルマ

うーむ、インド系の野菜カレーみたいなものですが、何とか食べられる程度の代物。

DSC10005_2019-07-11DSC10006_2019-07-11DSC10007_2019-07-11DSC10008_2019-07-11DSC10009_2019-07-11

チョコレート&キャラメルケーキ

食後のコーヒーはCAに忘れられました。 クレームもせず。

DSC10010_2019-07-11DSC10011_2019-07-11

バンブルビー(原題:Bumblebee)

機内で見た映画はバンブルビー。 私はトランスフォーマーのような映画が大嫌いですが、これはまだいいかな。

9ed546f891cbb79e

バンブルビー
劇場公開日 2019年3月22日
大ヒットSFアクション「トランスフォーマー」シリーズの人気キャラクター、バンブルビーを主役に、シリーズの始まりを明らかにする物語。シリーズ1作目の主人公サムとバンブルビーが出会う以前の1980年代を舞台に、バンブルビーと人間の少女チャーリーの交流と友情、彼らに待ち受ける予想外の運命を描く。父親を亡くした悲しみから立ち直れずにいる少女チャーリーは、18歳の誕生日に小さな廃品置き場で廃車寸前の黄色い車を見つける。すると突然、その車が人型の生命体へと変形。驚くチャーリーを前に逃げ惑う生命体は、記憶と声を失って何かに怯えていた。チャーリーは生命体を「バンブルビー(黄色い蜂)」と名づけ、匿うことにするが……。アカデミー賞にノミネートされたアニメーション映画「KUBO クボ 二本の弦の秘密」で知られるトラビス・ナイト監督が、自身初の実写映画監督として手がけ、「トランスフォーマー」シリーズでは初めてマイケル・ベイ以外の監督がメガホンをとった。少女チャーリーを演じるのは、女優・歌手として人気を集めるヘイリー・スタインフェルド。
2018年製作/114分/G/アメリカ
原題:Bumblebee
配給:東和ピクチャーズ

サーモン

到着前の食事はアピタイザーでサーモン。

2019MAY077menu3DSC10012_2019-07-11DSC10013_2019-07-11

ローストチキン

メインはこちら。 まあ見た通りの大雑把な味のものです。

DSC10014_2019-07-11DSC10015_2019-07-11

BAのCはほぼYに近い

BAのCでは、不便だけどまだ窓側の方がいいかも。 確か最前列か最後列だと通路側に出るときに隣の乗客の足を跨がなくても済むような座席が何席かあったようにも思います。 したがってコンフィグをよく調べて早めの対応が必要かもしれません。
まあそれよりもなるべくBAのCなんか、最新機材以外は乗らないようにした方が賢明です。
また私はBAのYには絶対に乗りません。 遥か昔に一度だけ乗ってひどい目に遭いました。

そうそう、この区間で愛用のソニーのデジカメをビジネスクラスシートに挟み込んでしまい、それ以来ピントがかなりおかしくなってしまいました。 それで結局すでに書きました通り先日新しく買いなおした次第です。

コメント

Since 2018年5月4日