映画

ホテル

HND-BKK JLビジネスクラス@2017年6月10日

昨年6月のバンコク旅行。 チケットは、行きはバンコク発券のJLエコノミークラスチケット BKK-oNRT/HND-oISG-oHND-BKK の最後のレグ。 国際線区間はマイルを使ってビジネスクラスにアップグレードしてあります。 帰りは同様に新たにバンコク発で発券した BKK-oNRT/HND-oCTS-oHND-BKK の最初のレグになります。
映画

DFW-NRT JL日本航空ビジネスクラス@2017年5月

昨年5月、モザンビークの首都マプト発AONE4からの息継ぎポジショニングフライト。 MPM-xDOH-xLAX-oDFWと飛んできて、この時はJL特典航空券でDFW-oNRTと飛んで一旦帰国します。 DFW-NRTは残念ながらファーストクラスがありませんのでビジネスクラス特典を調達。 この時の旅程全体は NRT-xDOH-oMPM-xDOH-xLAX-xDFW-NRTですから、結果的に非常に奇妙なルートの世界一周となっています。
映画

DOH-LAX QRカタール航空ビジネスクラス@2017年5月22日

16時間のフライト DOH(ドーハ)-LAX(ロサンジェルス)16時間に及ぶ超ロングフライト。 とはいえ現在の最長路線は、たぶん同じカタール航空QRのDOH(ドーハ)-AKL(オークランド、ニュージーランド)17時間40分程度でしょうか。 でももうすぐ(今年10月頃?)にはシンガポール航空が昔飛ばしていたSIN(シンガポール)-EWR(ニューアーク、ニューヨーク)18時間45分を再開するそうですから、再開されればそれが最長になりますが。
ホテル

MPM-DOH QRカタール航空ビジネスクラス@2017年5月

昨年5月のモザンビーク旅行。 モザンビークの首都マプトから新しいAONE4=ワンワールド・エクスプロアラー4大陸ファーストクラス世界一周券をスタートします。 まずはマプトからカタールのドーハまで飛びます。
映画

DOH-MPM カタール航空ビジネスクラス@2017年5月

DOH(ドーハ)での乗り継ぎ3時間 ラウンジでシャワー あまりゆっくりしている時間はありませんが、AL MOURJANラウンジでシャワーを浴びるくらいの余裕はあります。 昨年から何度か使っているここのラウンジですが、シャワールームはちゃんと管理されています。
映画

NRT-DOH QRビジネスクラス@2017年5月

AONE4乗り換え旅行 昨年5月の2016年用AONE4ワンワールド・エクスプロアラー4大陸ファーストクラスチケット)から2017年用AONE4へ乗り換えるための旅行です。 旅の前半はすでに書きました通り、2017年用のAONE4出発日時を間違えたために、奇妙な形のポジショニングフライトとなった、カタール航空ビジネスクラス特典航空券の後半=NRT(成田)-xDOH(ドーハ)-MPM(マプト)という2区間。
映画

DOH-HND QRビジネスクラス@2017年5月

同日リターン最後の区間 2017年4月のJNB(ヨハネスブルグ)同日リターンもいよいよ最後の区間。 MPM(マプト)-xDOH(ドーハ)-HND(羽田)でDOHでの乗り継ぎ時間は1時間05分しかありませんが、DOHへの到着が11分ほど遅れたため、実際には54分程度。 朝6時台のDOHトランジットロビーはこの時間帯の到着便が多いせいか大混乱状態。 優先通過を利用して辛うじて出発便に間に合うようにトランジットできました。 朝6時前後のDOH到着便の乗り継ぎは要注意です。
映画

JNB-DOH QRビジネスクラス@2017年4月

JNB(ヨハネスブルグ)同日リターン 前回書きました通りQRカタール航空便でJNBに到着してすぐにエスカレーターで2階の出発ロビーに上がります。 A24というチェックインカウンターで型どおりにチェックイン。
映画

DOH-JNB QRビジネスクラス@2017年4月

2016年JNB発AONE4最後の区間 昨年4月のJNB同日リターン。 DOH-JNB区間。 これは2016年に発券したJNB発AONE4最後の区間になります。 このAONE4出発時にも2016年に同じ区間を同じQRカタール航空で飛んでいますので馴染みのあるフライトです。
映画

NRT-DOH QRビジネスクラス@2017年4月

昨年4月のJNB同日リターン 昨年のゴールデンウィーク前半に自分の旅程作成ミスを修正するために、ほとんど無駄な「JNB(ヨハネスブルグ)同日リターン」という旅程を飛びました。 ポジション調整フライトです。 これは2016年用のAONE4(ワンワールド・エクスプロアラー4大陸ファーストクラス世界一周券)の有効期限が5月14日であるにもかかわらず、私が勘違いをして2017年用のAONE4の開始日を5月19日に設定して発券してしまったため、そのギャップを埋めるためのほとんど無駄なJNB往復なのです。
Since 2018年5月4日