JBL GO2@語学学習用お風呂スピーカー

B1tvT6AcisS._SL1500_DSC06811_2018-12-20

語学学習用に使っていたお風呂の防水スピーカーが壊れてしまいました。 そのため後継品を検討したところ、ブルートゥース接続のJBL GO2という洒落た小さな防水スピーカーが候補にあがり、すでに購入して使っています。 本来の目的以外に、「ハンズフリーフォン」としても使えることがわかり、とてもハッピーな気分です。
http://jbl.harman-japan.co.jp/product.php?id=go2

語学学習用スピーカーが壊れる

事の発端は、毎日のようにお風呂で使っていた語学学習用の防水スピーカー「TWINBIRD AV-J122W FMラジオ付防水スピーカー iPod対応 x ZABADY」(3600円くらい?)が壊れてしまったことにあります。

DSC06762_2018-12-20DSC06763_2018-12-20DSC06764_2018-12-20

初代はこちら

今回壊れた上の製品は、2008年3月頃から使っていた下記製品の代替品で2代目。

relacon-toprelacon-urarelacon2relacon3

エスケイネット SKNET SK-SPK01W [RELACON(リラックオン)ホワイト ポータブル防水マルチスピーカー]
https://sknet-web.co.jp/product/relacon.htm
https://www.yodobashi.com/community/product/review/100000001000811575/MoMo/detail.html

次はどのような製品にするか?

6~7年以上は使ってきた製品ですので、もう壊れても文句は言えません。 同じ製品はもう販売されていません。 そこで次の第3世代としてどんなものを買うか?いろいろと検討してみました。 もちろん今でもmp3プレイヤーを中に入れて使う似たような防水スピーカーは販売されています。 しかし安くても4000円程度もしますし、なんだか時代遅れ。 いろいろと調べて見ると、今の時代はブルートゥースを使って母艦のスマホなどから無線で飛ばして再生するような防水スピーカーが各種販売されていることがわかりました。
私は基本的に無線接続が嫌いですが、お風呂の場合は致し方ありません。 それに音質が問題になるような使い方ではありませんしね。

JBL GO2

各種あるブルートゥース対応防水スピーカーの中で私の目を惹いたのは、有名なオーディオブランドであるJBLが出している小さめの防水モノラルスピーカー「JBL GO2」。 語学学習用ですから音質、音量などはあまり多くを求めません。 比較的評判がよくて私の目的に適っているように思いました。 それに何と言っても「JBL」というブランド。 しかも値段も安い!

B1tvT6AcisS._SL1500_91JbuxJoJkL._SL1500_81t5k-2dsUL._SL1500_

2,543円

これは買わないわけにはいかない、ということで、すぐにAmazonへ注文。 たまたま10%割引の時にあたったため、実際に支払った料金は、ギフト券払いですが、2,543円! 何と安いこと! 今までのチンケな防水スピーカーに比べて、ずっと安い! しかもJBLブランド!

手のひらサイズ

大きさは思ったよりも小さく、幅86mmx高さ71mmx厚さ32mmの手のひらサイズ。 上部には電源ボタン、ブルートゥースボタン、音量プラスボタン、音量マイナスボタン、マルチファンクションボタンが並んでいるだけで、他には操作ボタンはありません。 右横には防水フラップの下に、ピンジャック入力と充電用のマイクロUSB入力端子。 とてもシンプルです。

DSC06811_2018-12-2071k72imLtvL._SL1500_81Sx3ZmABiL._SL1500_818CCC504KL._SL1500_

設定は簡単

実際に使ってみると、設定は簡単ですぐに使いはじめられます。 母艦を当面通常使っているスマホであるHUAWEI P10 liteにして、それとペアリングしています。 さすがに3階の私の部屋から1階のお風呂の中までブルートゥースで飛ばすのは難しいようでしたが、お風呂の手前の更衣室までは十分にブルートゥースで飛ばせます。 そのため、お風呂での語学学習の際には、母艦であるアンドロイドとこの小さなJBLスピーカーを持って行って、母艦は更衣室に置いておきます。 一方、更衣室まではブルートゥースが届くようですので、更衣室にある洗濯機を使い終わって洗濯物を取り込む時なんかには、母艦は3階の自室に置いておいても大丈夫。 おかげで洗濯物の取り込み時には、JBL GO2でJAZZを聴きながら上機嫌で作業ができるようになりました。 もちろんモノラル再生ですが、音質は悪くありません。

DSC06806_2018-12-20DSC06807_2018-12-20DSC06808_2018-12-20

ボタン操作では曲戻しができない

スピーカー側のボタン操作で音量の大小は調節できます。 またマルチファンクションボタンを1回押すと一時停止、2度続けて押すと一曲先送りという操作まではスピーカー本体のボタン操作でできるのは便利です。 しかし唯一残念なことに「一曲戻し」はボタン操作ではできないみたい。 語学学習の場合には、曲送り機能よりも曲戻し機能の方がずっと大事なのです。 しかし全くできないかというと、ボタン操作ではできないみたいですが、グーグルアシスタントを使えばできないことはありません。

DSC06809_2018-12-20DSC06810_2018-12-20DSC06812_2018-12-20DSC06813_2018-12-20

グーグルアシスタントを起動

このスピーカーには、マイクも内蔵されていて、マルチファンクションボタンを長押しすると、ハンズフリーマイク機能が使えます。 それを使って例の「OKグーグル」と呼びかけると、何とグーグルアシスタントを起動することができるのです! この機能を使うと声の命令で「一曲戻して!」などとグーグルアシスタントにお願いすれば、一応曲戻しが可能なこともあります。 しかしグーグルアシスタントはお馬鹿さんで、毎回必ず実行してくれるとは限りません。 「どうやらお役に立てないようです」と返事されたり、何も実行してくれなかったりします。 お風呂の中の環境では、実際にこの命令を実行するのはかなり難しいことがわかりました。 操作自体も「マルチファンクションボタンを長押し」-「OKグーグル!と呼びかけ」-「一曲戻してとお願い」などというとても煩雑なことをやらなければなりませんし、成功率は低い。 それならむしろ2回早押しで一曲先送りを繰り返して一周してきた方が早いくらいです。
それにしても曲戻しくらい、ブルートゥースの設定とかで何とかならないものなんでしょうかねえ? どなたか対処法をおわかりの方がいらしたら是非ご教示ください。

お馬鹿なグーグルアシスタント

今回の件で、現状ではグーグルアシスタントがほとんど役に立たないこともよくわかりました。 もちろん母艦をiPod/iPhone系にすればSiriも使えますので、そちらも試してみましたが似たようなもの。 よく考えるとお風呂の語学学習用スピーカーなら、本来は防水のスマートスピーカーこそ最適なはずです。 しかし防水のスマートスピーカーは、ソニー製をはじめ限られたメーカー製のものしか今のところありませんし、値段もまだ高すぎ。 しかもそうした防水スマートスピーカーが、今回の私の目的で本当に使いものになるかどうかも怪しいものです。そもそもスマートスピーカーなんかまだほとんど使いものにはならないいじゃないかな。 少なくとも私は欲しいとは思いませんね。

ハンズフリーフォン

それよりも今回購入したJBL GO2ですが、単なるお風呂用の語学学習用スピーカーとしてだけではなく、ハンズフリーフォンとしても使えることがわかってなんだか得をしたような気分。
お風呂で語学学習用mp3を聞いている時に、電話がかかってきた場合には、マルチファンクションボタンを長押しすれば、そのままハンズフリーフォンとして電話に出ることができます。 もっとも私の場合は、電話がかかってくることなど日本で地震が起きる回数よりも少ないですが….

パソコン操作しながらオペレーターと会話

もっと便利なのはパソコン操作をしながら電話をかける時。 実際に世界一周券の旅程確認などでJALに電話してみましたが、このJBL GO2に話しかけるだけで、相手からの返事もこのスピーカーから帰ってくるので、まさにハンズフリーになります。 両手を使ってパソコン画面でWeb上の旅程を確認しながら、JALのオペレーターと話ができるというとても便利な使い方ができることもわかりました。 以前はそれをやるのに、マイク付きイヤホンを使っていましたが、意外と使いにくかったのでやめてしまいました。 それよりもこうしたスピーカーの方がずっと楽です。 これは思わぬ余録でした。

受賞歴

ちなみにこのブルートゥーススピーカー、下記のような賞を受賞しているようです。 いやあ、確かにそれだけのことはあります。 しかもコストパフォーマンスが極めて良好。 絶対お勧めできる逸品です。

価格.com プロダクトアワード2018 Bluetoothスピーカー部門金賞
(株)音元出版 AV REVIEW 「オーディオ・ビジュアル・グランプリ2018SUMMER Bluetoothスピーカー(8千円未満)」受賞

壊れたスピーカーを修理?

さてそれでは今まで使っていた壊れた防水スピーカーの方は、捨てるのか?というと、私はそんなことはしません。 中味を見てみると、スピーカーはまだ使えそうですし、乾電池ホルダーも大丈夫かも。 この基板にはアンプだけでなくFMチューナーも内蔵されていましたが、私の目的にはそんなものは不要です。 そうなるとこの基板を安い中華アンプ基板に置き換えてやれば簡単に修理できるのではないか?という考えに至りました。

DSC06765_2018-12-20DSC06766_2018-12-20DSC06767_2018-12-20DSC06768_2018-12-20

中華アンプ基板を調達

このブログにも書きましたが、先日安い既製品の中華アンプを買ってみて、痛く感激したところです。 今回の壊れたスピーカーの場合は、出来合いのアンプではなく、中に内蔵されている基板を交換すれば、ひょっとすると修理できるかもしれません。 というわけで、下記の2種類の中華アンプ基板、合計4枚をAmazon経由で調達済みです。 中国から直接送られてくるタイプの品物のため、到着まで2週間くらいかかりましたが、年内にちゃんと送られてきました。 しかも送料無料。 基板4枚で送料込み、205円+376円=581円ですから、失敗して全部ダメにしたとしても痛くはありません。
それにうまくいったとしたら、先日1500円も出して購入してiPod touch用のアンプとして使っている中華アンプの後継機にも代用できるかもしれません。

61--14AQfJL._SL1001_71vwQFFwmnL._SL1500_

Rasbee PAM8403 5V 電力 オーディオ アンプ ボード サポート USB 電源 2 チャンネル 3W 2個 [並行輸入品] 2個205円
https://www.amazon.co.jp/gp/product/B01MQSC0RH/ref=oh_aui_detailpage_o02_s00?ie=UTF8&psc=1

KKHMF 5Wx2 PAM8406 デジタルアンプボード 音量ある抵抗器 ステレオ無騒音 アンプ 1個188円x2個
https://www.amazon.co.jp/gp/product/B073ZYH2VJ/ref=oh_aui_detailpage_o01_s00?ie=UTF8&psc=1

片方にはピンがついている

なぜ2種類買ったかというと、安い方は基板があまりにも小さすぎて、私の半田付け技術では、導線の半田付けが不可能なのではないかと危惧したからです。 値段の高い方(といっても188円ですが)の基板には、ピンが配置されていますから、いざとなれば半田付けなしでも作製できます。 しかしいずれにせよこうした工作のお楽しみは、3月15日の確定申告終了日以降にならないとできません。 これから3月15日(または確定申告完了日)までは、一年中で一番憂鬱な時期になります。 楽しい工作も年に一度の自作パソコン入れ替えなども、すべては確定申告終了後、ということになります。 もしうまく修理出来たらまたご報告いたします。

DSC06886_2018-12-29DSC06885_2018-12-29DSC06887_2018-12-29DSC06888_2018-12-29

コメント

Since 2018年5月4日