スポンサーリンク

JFK-NRT JLファーストクラス@2019年6月

スポンサーリンク
スポンサーリンク

JFK-NRT JLファーストクラス@2019年6月
昨年2月に発券した1枚目のセイシェル発ワンワールド・エクスプロアラー・ファーストクラス4大陸世界一周券(AONE4)をロンドンから再スタート。 ロンドン-ロサンジェルス-ダラス・フォートワース-バンクーバーと飛んでバンクーバーで2泊。 その後このJLフライトでニューヨーク-成田と飛んで帰国するため、結果的に世界一周することになります。

スポンサーリンク

AirTrainでT8からT1へ

CXが到着したJFK ターミナル8からAirTrainに乗ってJLが出発するターミナル1まで移動します。 この時荷物をT8で流すかどうかいつも迷いますが、安全策をとってT1まで運びました。
JL直接に預け入れれば、まず間違いはないでしょう。

ルフトハンザのラウンジ

型通りにチェックインして、JL謹製の搭乗券を受け取ります。
以前はエアーフランスのラウンジを借りていましたが、最近は入って左側にあるルフトハンザラウンジを借りていますね。
エアーフランスのラウンジと同様、1階がビジネスクラス、2階がファーストクラスと分けられています。

シャワー室

エアーフランスのラウンジよりはまだまともなシャワー室が2つくらいあります。 私はいつもバンクーバーからのナイトフライトで到着するので、必ずシャワー室を使います。

座席は1A

型通りに搭乗してオレンジジュースをもらいました。
搭乗率は珍しく100%。 また珍しいことに日本人は2人だけ。 AAの方に何か遅延でもあったのかもしれません。

食事メニュー

海外発だと和食か洋食か迷うところですが、この時は和食にしたようです。 風邪気味で体調不良、咳が出ていたとメモにあります。

トマトジュースとアミューズ

小皿5種類

スズキと冬瓜のお吸い物

アワビとサーモンの昆布締め

ウニ

たしかこの時はメニューにある焼きナスとそーめんのゼリー寄せがなくて、ウニと何かもう1品が出てきたようです。

すき焼き風ステーキ

メインはこちら。 わけのわからない料理でした。 体調が悪くなければ洋食の方がよかったかも。

黒ゴマプリン

これはOKです。 あんこが載っているのがうれしい。

運び屋

機内で見た映画はクリント・イーストウッドの「運び屋」原題=The Mule。 高齢化社会を反映した映画ですね。

ビーフステーキ ビビンバ風

これまたよくわけのわからない料理でしたが、これが一応洋食になります。

茄子とモッツアレラのミルフィーユ風

ポモドーロソース。 体調が悪くてもアラカルトから何とか1品だけは頼んだようです。

フルーツ盛り合わせ

アイスクリーム

エスプレッソ・ドッピオとショコラ


無事に成田に到着しました。

コメント

Since 2018年5月4日