スポンサーリンク

ポロンナルワ観光@スリランカ@2018年8月

スポンサーリンク
スポンサーリンク

DSC05499_2018-08-04
モザンビークの首都マプト発ワンワールド・エクスプロアラー・ファーストクラス世界一周券AONE4の続きでの昨年夏のスリランカ旅行。 チャーターした車で古都アヌラーダプラからポロンナルワへ向かいます。 アヌラーダプラは紀元前の遺跡が多い町でしたが、ポロンナルワの方は紀元後11世紀から13世紀までスリランカの首都であったところですから、だいぶ新しい遺跡が多い。

スポンサーリンク

ポロンナルワ博物館

この日の旅程。

まずは博物館に連れて行かれました。

ワタダーゲ (Vatadage)

続いてクワドラングルという四角いエリアにあるワタダーゲという円形の仏塔跡。 仏像とともにこれはなかなか印象的な遺跡で保存状態もよい。 7世紀頃のものらしい。

ムーンストーンとかいう入り口にある敷石。 ここで足を洗うのだとか。 彫られている画像は輪廻を表しているそうです。

ハタダーゲ(仏歯寺跡)(Hatadage)

ここの奥にあった仏像三体。

ガル・ポタ (Gal Potha)

石の本=石碑、石誌らしく、インドからの侵略のことなども書かれているとか。

ガル・ヴィハーラ (Gal Viharaya)

ここが一番素晴らしい遺跡か。特に釈迦涅槃像がいい。

釈迦涅槃像

座像二体

立像

ハヌマンラングール?

何という名前の猿なんでしょうね? たぶん、ハヌマンラングールかな?

コメント

Since 2018年5月4日