河鹿荘@箱根@2020年9月

eyeDSC00636_2020-09-26DSC00609_2020-09-26
9月末の箱根旅行。 某団体の非公式旅行です。 14~15名の参加。 時節柄あくまでも個人旅行という形で開催されました。 私としては、今年3月のスリランカ旅行以来の久しぶりの旅行、といっても国内で箱根ですが。

小田急ロマンスカー

宿が箱根湯本から歩いて5分ほどのところにあるので、新宿から箱根湯本まで乗り換えなしで行ける小田急ロマンスカーで行きました。 いつもだとこの旅行はすべてのお膳立てをしてもらっているのですが、今回は個人旅行ということで、自分でインターネットで特急券を購入してみました。
何を血迷ったか、新宿駅に着いて入ったのが何と京王線のホーム。 ロマンスカーが見当たらず、京王線じゃなくて小田急線だということに気が付きました。 だいぶ呆けてきています。
話は違いますが、この「ロマンスカー」という名称、明らかに和製英語ですが、英語ネイティブの人にはどんなイメージを喚起するのだろうといつも誰か外国人の友達に聞いて見ようと思いながら、まだ聞いて見たことがありません。

DSC00590_2020-09-26DSC00591_2020-09-26DSC00592_2020-09-26DSC00593_2020-09-26DSC00594_2020-09-26DSC00597_2020-09-26

駅弁

夜は宴会なので軽く食べておこうということで、金目鯛の炙り寿司弁当を買い込み食べました。
車内販売でデザートに「横浜醤油のジェラート」を食べてみたいと思ったのですが、残念ながら積んでおらず、ごく普通のバニラアイスクリームになりました。

DSC00595_2020-09-26DSC00596_2020-09-26DSC00598_2020-09-26DSC00599_2020-09-26

河鹿荘(かじかそう)

河鹿とは《かわしか(河鹿)の意。鳴き声が鹿に似るところから》カジカガエルの別名。《季 夏》「―鳴いて石ころ多き小川かな/子規」だそうです。 要するにカエルの名前。

DSC00636_2020-09-26DSC00637_2020-09-26

和室

広い和室に私とY氏の二人で相部屋でした。

DSC00600_2020-09-26DSC00601_2020-09-26DSC00602_2020-09-26DSC00603_2020-09-26DSC00604_2020-09-26DSC00605_2020-09-26DSC00609_2020-09-26

吉池

窓から外を眺めると、吉池の建物が見えました。 前回この団体で旅行に来た時には、確か旅館で宴会をしたのちに、吉池までみんなで歩いて行って、吉池の鉄板焼き屋でサーロインステーキを食べた記憶があります。

DSC00606_2020-09-26DSC00607_2020-09-26DSC00608_2020-09-26

大浴場と露天風呂

一人で大浴場と露天風呂をゆっくり楽しんで、宴会まで部屋でのんびり読書したりしていました。

コメント

Since 2018年5月4日