スポンサーリンク

NRT-DFW JLビジネスクラス@2017年7月

スポンサーリンク
スポンサーリンク

NRT-DFW JLビジネスクラス@2017年7月

昨年のモザンビークの首都マプトMPM発AONE4(ワンワールド・エクスプロアラー4大陸ファーストクラス世界一周券)の続きに戻るためのポジショニングフライト。 MPM-xDOH-xLAX(ロサンジェルス)-oDFWと飛んで、DFW(ダラス・フォートワース)から一度日本にいわゆる「息継ぎ」帰国しています。 息継ぎ用のチケットは、JLのマイレージを使ったDFW-NRT-DFWという単純往復チケット、ビジネスクラス。 これの復路NRT-DFWを使って、DFWまで戻り再度AONE4に乗っかります。 その後はDFW-oSJU(サンファン、プエルトリコ)-xDFW-oYVR(バンクーバー)-xJFK(ジョンFケネディ空港、ニューヨーク)-NRTと飛んで日本に戻るという次第。

スポンサーリンク

座席は1K

NRT-DFW線は残念ながらファーストクラスがありません。 そのためやむなくビジネスクラス搭乗。 座席は1K。

機材はB787のSS8、JAL SKY SUITE。 ビジネスクラス座席としては、非常によくできています。 もちろんファーストクラスに比べると幅が狭く収納スペースがほとんどないのが、残念ながら不便ではありますが、逆に窓側座席のAとかKだとパーティションを上げた状態でのプライベート感、個室感は、ファーストクラス以上のものがあります。 またちょっと狭い通路になってはしまいますが、窓側席からも隣席を気にせずに自由に通路側に出てトイレに行ったりできます。(下の写真はJALホームページより)

ヴァージンメリー

いつもの通り飲み物はヴァージンメリー。 ウォッカを入れないスパイシー・トマトジュース・ミクスチャーです。

メニュー

こちらが食事メニュー。 日本発ですので型どおりに洋食のステーキにしました。

アミューズ

右が「胡麻豆腐わさびのせ」これは和食の黒木シェフのレシピのようです。 もっともわさびといっても、S&Bのプラスチックバッグ入りですけどね。 左はまぐろのコンフィ。 マグロなんかコンフィにしてどうする?という気もしますが。

ヤリイカのグリルとクスクスの冷製

こちらはオードブル。

赤ワイン

南アフリカ産ピノノワールを1杯だけもらいました。

和牛サーロインステーキ


最近の日本発ステーキはほとんどハズレがありません。
安心して頼めます。 これもまずまず。 ただし個人的にはまわりのソースはない方がいいと思うけど。

チーズ盛り合わせ

食後にチーズ盛り合わせをいただきます。 相変わらず日本仕様のショボイ量ですが、ナッツとジャムみたいなものがほんの気持ちだけ添えられているのは米国路線だからでしょうか。

水羊羹

なぜかデザートは和食用の水羊羹みたいです。 洋食用のデザートが品切れだったのかどうか?覚えていません。 ひょっとしてわざわざ私が水羊羹をお願いした?ちょっと考えにくいですが…. まあ私はどちらでも構いません。

コーヒーをもらって終わり。

ライフ 原題=Life

機内で見た映画は、1本目が「ライフ 原題=Life」。 SFホラー映画です。ジェイク・ギレンホール、レベッカ・ファーガソンに真田広之も出演しています。 それなりに面白いストーリー展開で楽しめました。

ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ 原題=The Founder

2本目はマイケル・キートン主演の「ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ 原題=The Founder」。 ご存じマクドナルドチェーンがどのようにして創業し発展してきたかの一種裏話。 とても面白かった。

フミコの和食

到着前の食事は、まずはフミコの和食をいただきました。 私はこの「フミコの***」シリーズが結構気にいっています。 今回はスズキの昆布締めが割合美味しい。

欧風ビーフカレーとフルーツ

続いてJALお得意のビーフカレーとフルーツもいただきました。

DEAN&DELUCAのバニラアイスクリーム

とコーヒーを最後にもらって終わり。 無事にダラス・フォートワース空港に到着しました。

コメント

Since 2018年5月4日