スポンサーリンク

Supanniga Eating Room@トンロー、バンコク

スポンサーリンク
スポンサーリンク

DSC02488_2017-12-02

昨年12月のバンコク旅行。 バンコクの旅行代理店で働いているNatと久しぶりに食事に行きました。 Natの現在の職場はトンローにあるので、その近辺で適当なお店を探したところ、ここ「Supanniga Eating Room」にぶち当たりました。
http://www.supannigaeatingroom.com/index.html

スポンサーリンク

Natの仕事場

スクンビット通りソイ・トンローを北へ5分ほど歩いたところでちょと左脇に入ったビル内にNatの仕事場があります。 なんでも日系の旅行社なのだとか。 いつもここで待ち合わせます。 結構夜遅くまで仕事をしているみたいです。

Supanniga Eating Room

このお店は、ソイ・トンローをもう少し奥へ入った右側にあります。 このお店は、四川蘭の会のメンバーであるM嬢からのお勧めでした。

メニュー

メニューはこんなところ。

赤ワイン

飲み物は赤ワイン1杯だけ。 Natは、まだ仕事があるらしく、ミネラルウォーターだけ。

Yum Crispy Leaf Fish

まずはサラダ仕立ての魚のフリット

ビーフステーキ

続いてイサーン風ビーフステーキ。 これが意外と美味しい。 従来アジアでは牛のステーキは食べるな!と言ってきた私ですが、最近は徐々に事情が変わってきているのかもしれません。 カオニャオを焼いた串とつけダレはイサーン風味。

蟹肉チャーハン

これもなかなかいけます。

蟹肉のカレー

これも美味しい!

デザートメニュー

マンゴーとカオニャオ

マンゴーとカオニャオの組み合わせは、タイスイーツの定番。

タイティー・パンナコッタ

紅茶のパンナコッタです。 これもまずまず。

Natからのお土産

生地のようなものと自家製サラダをもらいました。 サラダは翌朝食べましたが、巻物みたいなものはまだ開封していません。 Natとももう20年近い付き合いですが、お互い年を取りました。 結局Natは結婚しないようです。 タイでも晩婚化、非婚化が進んでいるのでしょうか。

8866円

お勘定は、2519B=JCB丸の内カード支払いで、8866円でした。 タイとしては高い値段ですが、日本人にとってはこんなものかな。 このレストラン、とても小さいレストランですが、料理はなかなか悪くありません。 トンロー方面へお出かけの際は使ってみてはいかがでしょうか。

コメント

Since 2018年5月4日