バンコクその他@2017年12月

DSC02467_2017-12-02DSC02451_2017-12-02

昨年末のバンコク旅行。 その他雑多の備忘録です。 この時はすでに書いたNatとの会食以外、ほとんど何もせずバンコクの安ホテルでのんびりしていました。

Tourist SIM

ちょうど昨年バンコクを訪れる前の月、つまり2017年11月に私は初めて携帯電話の番号を持ちました。 HUAWEI P10 liteに格安SIMを入れたのです。 この辺の事情はすでにどこかに書きましたので、繰り返しませんが、MVNOはビッグローブで1年間の実質的な維持費がほとんど無料になるようなプランでした。 中華端末はもちろんSIMフリーですので、バンコクへ行けば現地のSIMを利用できます。 そのため私はこの時はじめて海外でSIMフリー端末に現地で購入したSIMをセットしたという次第。

dtac-sim2017-12image036simcard_2017-12-02

dtacの8日間SIM 2.5GB

バンコクではTRUEというブランドも有名ですが、隣のモールに入っていたTRUEの店舗ではSIMを売っていなかったので、dtacのお店にたくさんあった旅行者用のSIMパッケージを購入しました。 「HAPPY TOURIST SIM」8日間で2.5GB、299B=約1052円。 ノートPCへのテザリングもできますし、これでバンコク滞在中のインターネットが賄えるのであれば、まあ安いものです。 日本で高いWIFIルーターなんかを借りて行くよりはこちらの方が嵩張らないしスマートでかつ安いです。

DSC02441_2017-12-02DSC02440_2017-12-02DSC02438_2017-12-02DSC02439_2017-12-02DSC02445_2017-12-02DSC02446_2017-12-02DSC02447_2017-12-02DSC02448_2017-12-02tourist sim8days

新装なったエンポリアムのフードコート

スクンビットへ行った帰りに立ち寄ったBTSプロムポン駅直結の昔からある(一応)高級デパート「エンポリアム」。 しばらく部分的に改装工事をしていましたが、フードコートが新しくなっていました。 広くてきれいになっています。 また支払いにラビットカード=BTSカード=日本で言うとスイカのようなものを使えるようになって便利になりました。

DSC02462_2017-12-02DSC02469_2017-12-02DSC02470_2017-12-02

オースワン

早速オースワン=牡蠣の卵とじ、牡蠣のタイ風お好み焼きを試してみました。 美味しかったですが120B=約422円、というのはフードコートとはいえ、ちょっとお高い! 支払いはもちろんラビットカード。 本来の料金は130Bのようでしたが、ラビットカードで支払うと10B=約35円安くなるようです。 支払後ラビットカードの残高がわずか35Bになっていたので、フードコートのレジで500B追加チャージしておきました。 このあたり日本でならクレジットカードでオートチャージまたはICカードリーダーで手動チャージすることろですが、私はバンコク発行のクレジットカードを持っていないので、現金でチャージします。

DSC02463_2017-12-02DSC02464_2017-12-02DSC02465_2017-12-02DSC02466_2017-12-02DSC02467_2017-12-02DSC02468_2017-12-02o-suwan-2017-12image038rabbitcardcharge-2017-12image037

シャブシ=回転しゃぶしゃぶ

お決まりの回転タイしゃぶのお店「シャブシ」。 相変わらずですが、料金だけが毎回上がっています。 今やついに1時間15分1本勝負で399B=約1404円。 内容からみるとちょっと値段が高過ぎのような気がします。

DSC02527_2017-12-02DSC02528_2017-12-02DSC02529_2017-12-02shabushi-2017-12image036

BBQ Plaza

隣のモールにあるタイではずいぶんと繁盛している、日本言うとジンギスカン鍋みたいな鉄板を使った焼肉チェーン店。 直火ではないので私の好みではありませんが、時々食べに行きます。 以前は食べ放題をやっていたこともありますが、最近はセットメニューが主流でキャベツだけが食べ放題です。 これでこの時は379B=約1334円。 内容から見ると微妙な料金です。

DSC02533_2017-12-02DSC02534_2017-12-02DSC02535_2017-12-02DSC02536_2017-12-02DSC02537_2017-12-02DSC02538_2017-12-02DSC02539_2017-12-02DSC02540_2017-12-02DSC02541_2017-12-02

本場のガパオ

隣のモールにあるフードコートで食べた本場のガパオ。 量は少ないですが、値段=55B=約194円の割にはなかなか美味しい。

DSC02449_2017-12-02DSC02442_2017-12-02DSC02450_2017-12-02DSC02451_2017-12-02DSC02452_2017-12-02DSC02443_2017-12-02DSC02453_2017-12-02

クイッティアオ

隣のフードコートで食べたタイ風ラーメン「クイッティアオ」の一種。 タイ語で書かれているので名前はわかりませんが、レバーやモツ類が入っているちょっと中華風でもある麺。 50B=約176円でした。

DSC02513_2017-12-02DSC02515_2017-12-02DSC02516_2017-12-02DSC02514_2017-12-02

アイスクリームコーン

フードコートでの食事の後は、マクドナルドでアイスクリームコーン。 ラビットカードで支払うと10Bが9Bに割引になります。

DSC02454_2017-12-02mac-iceicream-cone-2017-12mage0381mac-iceicream-cone-2017-12mage0382

ホテルの朝食

シーズンズ・バンコク・フアマークの朝食の写真も備忘録として掲載しておきます。 無料でいただける割には、そんなに悪くはありません。

DSC02457_2017-12-02DSC02458_2017-12-02DSC02459_2017-12-02DSC02460_2017-12-02DSC02471_2017-12-02DSC02472_2017-12-02DSC02473_2017-12-02DSC02509_2017-12-02DSC02523_2017-12-02DSC02524_2017-12-02DSC02525_2017-12-02DSC02526_2017-12-02DSC02510_2017-12-02DSC02511_2017-12-02DSC02512_2017-12-02

シアサッカーのサマージャケットとシャツをオーダーメード

最近は年がら年中シアサッカーのジャケットを着ています。 真冬でもその上にコートを羽織って着ています。 TPOなど全く無視ですが、心はいつもサマーなのです。 というわけで、この時はスクンビットにあるいつもの仕立屋(George’s)で懲りもせずシアサッカーのサマージャケットを4着仕立てました。 またシアサッカー他の生地でワイシャツも10枚ほど仕立て。 料金は47000B=16万5833円。 オーダーメイドとして考えると安いものです。 一番利口なやり方は、三越か伊勢丹か高島屋あたりで、自分の気に入ったジャケットやワイシャツを一度仕立てて、それをバンコクのテイラーに持ち込んでコピーしてもらうこと。 そうすれば2着目からはバンコクで非常に格安に仕立てられます。

DSC02517_2017-12-02DSC02518_2017-12-02DSC02519_2017-12-02DSC02520_2017-12-02DSC02521_2017-12-02DSC02522_2017-12-02george-card2george-card1

ホテルの窓の外にやってきた鳩

DSC02530_2017-12-02DSC02531_2017-12-02DSC02532_2017-12-02

クリスマスツリー

タイも仏教国なのに、日本と同じでバンコクでも12月はなぜかクリスマスシーズンになります。

DSC02542_2017-12-02DSC02456_2017-12-02

コメント

Since 2018年5月4日