スポンサーリンク

ビッグローブSIM、この1年間のまとめ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

DSC02260_2017-11-03-11
昨年2017年11月から初めて私が持った携帯電話。 実際にはアンドロイド端末=HUAWEI P10 lite自体はその前月10月に入手しています。 そのSIMフリー端末にビッグローブの格安SIMを入れたのが11月。 月3GBの音声通話プランでした。 この1年間の使用状況の総括をしてみます。


スポンサーリンク

BIGLOBEモバイルSIM音声通話プラン3GB

契約したのは、BIGLOBEモバイルSIM音声通話プラン3GB。

ハピタスxBIGLOBE SIMコラボ企画

契約仲介サイトはハピタスにしました。 他にも価格コムとモッピーのサイトを比較しましたが、昨年11月の段階では私の目的ではハピタスが最も有利に見えました。

ハピタスから12000円

まずは開通時にハピタスから12000ポイントのキャッシュバック。 これは開通後比較的すぐに確認されました。

BIGLOBE本体から12000円

BIGLOBE本体からの12000円キャッシュバックは、1年後になります。 これは先月確認済み。

友達紹介キャンペーンで1ヶ月分無料

どこのプロバイダーも何らかの形で友達紹介でユーザを増やそうとしているようですが、BIGLOBEもやっていて、紹介した人も紹介された方も1ヶ月分の月額料金が無料になるというキャンペーン。 私もこれを1回だけ使って1ヶ月分の基本料金が無料になりました。

14ヶ月間の利用料

この1年間の利用料の明細がこちら。

14ヶ月間のまとめ

14ヶ月間で基本料金としてかかったのは、
1 毎月1730円x12ヶ月=2万0760円
(初月無料+友達紹介キャンペーンで1ヶ月無料で合計14ヶ月使用)
2 初期費用=3665円
———————-
合計 2万4425円

キャッシュバックされた金額は
1 ハピタスから=1万2000円
2 BIGLOBE本体から=1万2000円
———————-
合計 2万4000円

月額料金は30円!

差し引き14ヶ月間で425円かかったという次第。 つまり月額にすると約30円!

毎月Gポイント8円

さらに細かいことを言えば、毎月Gポイントが8円分貯まります。 ポイントとしてはほとんどゴミですが、Gポイントの期限延長には役に立ちます。

誤算

誤算だったのは、1年間の縛りというのが、実質的には開始月の11月から翌年の12月までの14ヶ月間の縛りだったということ。 そのため最初の目算では、月額はマイナスになるのではないかと思っていましたが、実際は月額30円。 でもまあほとんど無料で1年間維持できたわけなので、コストパフォーマンス的には十分ではありますが。

反省点

今から思うと「2 初期費用=3665円」というのは、Amazonなどで売られている「BIGLOBEモバイル エントリーパッケージ 特典で6カ月間3GB月額400円(税別)~[音声通話] SIMカード申し込み用(ドコモ回線) データ/音声」のようなエントリーパッケージを使えば、もう少し安くできたかもしれません。 でも今回はハピタス経由なので、場合によっては併用できない可能性もありましたが…..

BIGLOBEモバイルSIMの使い勝手

1年間ビッグローブの通話SIMを使ってみて、私の使い方だとこの3GBのプランで何の問題もありません。 むしろ私の場合データは、毎月200MBも使わない程度なので、3GBも必要ないくらいです。 0120への電話もちゃんと無料でできるし、気に入っています。

1年間の通話料金は151円!

ちなみに私のこの携帯電話からの電話料金は1年間でわずか151円SMS料金が1年間で19円。 合計170円しか通話関連に使っていません。 それほど私は電話嫌いなのです。 今後もこの傾向は続くので、現状程度のプランで問題ありません。

必要な電話は、仕事場からかけるか、さもなければOffice365に付属している毎月60分間の無料スカイプ電話で十分です。

また家族や親しい友人とは、LINEやメールで連絡を取りますし、稀にLINE電話やスカイプ電話を使うこともあるけど、年に数回程度。
そんな私にとっては携帯電話料金はほとんど不必要な費用として認識されているので、極力安くあげようといろいろ知恵を絞るわけです。

コメント

Since 2018年5月4日