JNB-DOH QRビジネスクラス@2019年2月

JNB-DOH-2019-02DSC07456_2019-02-09
モザンビークの首都マプト発ワンワールド・エクスプロアラー・ファーストクラス世界一周券AONE4を終了して、次のAONE4のスタート地点であるセイシェル島SEZへ向かうポジショニングフライト JNB-xDOH-SEZ の第1区間。 JLのマイルを使ってQRのビジネスクラスで発券してあります。


JNBで実質的にトランジット

そういうわけでJNBまでのチケットはモザンビークの首都マプト発ワンワールド・エクスプロアラー・ファーストクラス世界一周券AONE4。 ここからセーシェルSEZまでは別切りの特典航空券になりますが、実質的にJNBでトランジット(ただし入国しますが)になるようにフライトを調整してあります。
予定では10:15にJNBにBA便が到着。 イミグレを通って一旦南アフリカに入国し、改めてQRにチェックイン。 QRの出発時間は13:10ですので、3時間ありますからBA便がよほど遅れなければ大丈夫です。

lhr-jnb-ba057-2019-0203-jnb-doh2019-02-10@qr1364

Bidvest Premier Lounge

QRから指定されたJNBのラウンジはBidvest Premier Loungeというショボイラウンジ。 一応シャワーが何室かありましたので使ってみましたが普通です。

DSC07432_2019-02-09DSC07433_2019-02-09DSC07434_2019-02-09DSC07435_2019-02-09DSC07436_2019-02-09DSC07437_2019-02-09DSC07438_2019-02-09DSC07439_2019-02-09

座席は2Eから5Jに直前で変更

さて搭乗です。 この頃の機材はQスイートなどではなく2-2-2の旧機材。もともとの座席指定は私の定石通りセンターブロック通路側2Eでした。 しかし事前の空席状況チェックによると、ビジネスクラス席Aコンパートメントの前方はそこそこ混んでいて、Bコンパートメントはがら空きであることがわかりました。

2019-02-03 (5)2019-02-03 (6)
そのため搭乗直前に座席をBコンの5Jという私としては珍しい選択肢の座席に変更しました。 その心は、どうせBコンはほとんど空席なのでQRの機材だとBコンのバルクヘッドは広めですので、その通路側を指定しておいた次第。 (窓側を指定すると稀に隣に乗客が来る場合がありますので)
実際搭乗してみるとBコンパートメントは乗客2人のみでした。 もう一人は5Aで、私は5K(5Jと5Kを両方独占できます)というわけでとてもハッピー。 QRのファーストクラスなんかよりも快適でした。

JNB-DOH-2019-02DSC07442_2019-02-09DSC07443_2019-02-09DSC07444_2019-02-09DSC07445_2019-02-09
ウエルカムドリンクは緑色をしていますが、何だったのかは覚えていません。

DSC07441_2019-02-09

メニュー

こちらが飲食メニュー

JNB-DOH-QR-menu11JNB-DOH-QR-menu12JNB-DOH-QR-menu21JNB-DOH-QR-menu22

モックテール

パイナップルマルガリータというモックテールをいただきました。

DSC07446_2019-02-09DSC07447_2019-02-09DSC07448_2019-02-09

アミューズ

DSC07450_2019-02-09DSC07451_2019-02-09

クリームトマトスープ

DSC07452_2019-02-09DSC07453_2019-02-09DSC07454_2019-02-09JNB-DOH-QR-menu11-1

チキンカブサ

メインにはチキンカブサをいただきました。 QRのカレー系料理は比較的安全です。

DSC07455_2019-02-09DSC07456_2019-02-09DSC07457_2019-02-09DSC07458_2019-02-09DSC07459_2019-02-09DSC07460_2019-02-09JNB-DOH-QR-menu11-2

カラックチャイ

食後の飲み物はカラックチャイ、サフラン。

DSC07461_2019-02-09DSC07462_2019-02-09

フォンダンショコラ

結構な量がありました。しかも当然ですが滅茶苦茶甘い!  かなり満腹になりました。
この日もCAさんたちはとてもインターナショナル。 モルドバの美女やインド美人がサービスしてくれました。

DSC07463_2019-02-09DSC07464_2019-02-09DSC07465_2019-02-09DSC07466_2019-02-09JNB-DOH-QR-menu12-3

ザ・プレデター The Predator

機内で見た映画は「ザ・プレデター The Predator」。 微妙な映画。 機内でなければ絶対に見ないだろうなあ。

c7d46743e2e3b46e

1987年の1作目公開以来、世界中に多くのファンを生み出した「プレデター」シリーズの正統続編として製作されたSFアクション。驚異的な格闘センスや戦闘能力、そして侍を彷彿とさせる武士道を持ち合わせる戦闘種族プレデターと人類の戦いを描く。元特殊部隊員の傭兵クイン・マッケナは、メキシコのジャングルに墜落した宇宙船と、その船に乗っていたプレデターを目撃。プレデターの存在を隠匿しようとする政府に拘束されてしまう。クインは、墜落現場から持ち帰っていたプレデターのマスクと装置を自宅に送り届けていたが、クインの息子で天才的な頭脳をもつ少年ローリーが装置を起動させてしまう。装置から発せられるシグナルによってプレデターがローリーのもとに現れ、さらにそのプレデターを追い、遺伝子レベルでアップグレードした究極のプレデターまでもが姿を現す。出演は「LOGAN ローガン」のボイド・ホルブルック、「X-MEN:アポカリプス」のオリビア・マン、「ルーム」のジェイコブ・トレンブレイ。シリーズ1作目「プレデター」に特殊部隊員として出演した経験を持つ、「アイアンマン3」のシェーン・ブラック監督がメガホンをとった。
2018年製作/107分/R15+/アメリカ
原題:The Predator

DOH冲止め

DOHでは沖止めでした。 本当にDOHって沖止めが多いですね。 あれだけ広い空港なのに沖止めっていうのは、それ以上に発着数、乗客数が多いんでしょうかね。 早く拡張して整備して欲しい。

コメント

Since 2018年5月4日