スポンサーリンク

映画ツーリストのカフェ:ル・ヌムール(Le Nemours)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

DSC08471_2019-04-12
昨年2月にスタートした1枚目のセイシェル発ワンワールド・エクスプロアラー・ファーストクラス4大陸世界一周券AONE4を使って行った昨年4月のパリ旅行。
パリ市内の散歩ですが、ジョニー・デップとアンジェリーナ・ジョリーの映画「ツーリスト」で冒頭に出てくるカフェを訪ねて、クロック・ムッシュを食べてきました。

スポンサーリンク

地下鉄でパレ・ロワイヤルへ

ポンヌフ橋のたもとにあった地下鉄の駅から地下鉄でパレ・ロワイヤル方面へ移動。
ルーブル美術館の入り口の斜向かいあたりにあるカフェ、ル・ヌムール(Le Nemours)へ。

カフェ、ル・ヌムール(Le Nemours)

カフェ嫌いの私がなぜこんなところへわざわざ行ったのかというと、このカフェ、ジョニー・デップとアンジェリーナ・ジョリー主演の映画「ツーリスト」の冒頭シーンでアンジェリーナ・ジョリーが警察に監視される中、手紙を読んで燃やしてしまうシーンが撮影された場所なのです。
畏友のH氏に是非訪ねてみるようにとアドバイスを受けていました。 私も見たことのある映画でしたので、素直に従った次第。

やってるやってる!

実際にカフェに到着してみると、何と偽アンジェリーナ・ジョリーがテラス席でポーズをとっていて、それをカメラマンらしき男が撮影している場面にも偶然出くわしました。
それほど有名なところみたいです。

パレ・ロワイヤル

とりあえずそこは通過して、奥の方のパレ・ロワイヤルの庭に入ってみます。 するとそこもどこかで見たような景色。
そうそうトム・クルーズのミッション・インポッシブル/フォール・アウトに出てきた風景でした。
こんな感じで映画のロケシーンを訪ね歩くというのも、普通の旅に飽きてしまったオタクの皆さんには面白いかもしれません。
もっとも私は怠慢なので、それほど熱心にやろうとは思いませんが。

カフェ、ル・ヌムール(Le Nemours)に入店

さてせっかくですので、このカフェに入店して何か軽く食べて、カフェを飲んでみる気になりました。
ミネラルウォーターとカフェ・ドゥーブル。

クロックムッシュ

ほお、Wikipediaで調べて見ると、もともとオペラ座の近くのカフェで作られたものみたいですね。
要するにハム、チーズ、バタートーストです。
ここのは残念ながらあまり美味しくはありませんでした。

クロックムッシュ(フランス語: croque-monsieur)は、1910年にフランスのオペラ座近くのカフェで作られたトーストの一種である。カフェやバーで軽食のメニューとして提供される。
名前は「かりっとした紳士」という意味で、由来は定かではないが、一説には食べるときに音がして上品ではないので男性専用とされたという。1910年にはパリのカフェのメニューに掲載されていた。

13.5EUR=1740円

料金は13.5EUR=1740円。 この頃作ったばかりのJAL Global Walletで支払いました。 EURは両替してチャージしておかなかったので、チャージしてあった日本円1万円分から両替して引き落としになります。 その時のレートを調べて見ると、このJGWだと128.87044円でした。
残念ながら同じ日のレートはわかりませんでしたが、1日後の三井住友VISAカードのレートは128.898円でしたので、ほとんど差はありません。
ということはJGWの方がレートが若干いいかもしれないのと、手数料と金利を考えると、意外と悪くないのかもしれません。
NFCのビザタッチも使えることを考え合わせると、来年また海外旅行ができるようになったら、JGWの使用も真剣に考えてみてもいいかもしれません。

オペラ座

さて続く観光旅行は地下鉄でオペラ座ガルニエへ移動。 ナビーゴパスを持っているので、近場でもついつい地下鉄に乗ってしまいます。 しかしここは私は興味がないのでスルー。

ヴァンドーム広場

アウステルリッツ戦勝記念柱がそびえる広場。ここもいろいろな映画のロケ地に使われていますね。  周りにはホテル・リッツをはじめとした超高級店が立ち並ぶ、私には興味のない場所。 早々に立ち去りました。

コメント

Since 2018年5月4日