中国料理

中国料理

四川豆花飯荘@2019年9月

定点観測地点の新丸ビル6階にある四川豆花飯荘。 9月の1人ランチです。 HUAWEI P10 liteで撮影した写真も一緒に掲載しています。
中国料理

樹下夢@2019年8月

今年8月末に開かれた畏友3人での定例会食会。 今回の持ち回り幹事は元M物産の役員K氏。 指定されたお店はM物産OBが退職後に始めたお店「樹下夢」。 上野、御徒町、新御徒町のエリアにあります。
中国料理

四川豆花飯荘@2019年7月

知人の美女2人を連れて夕方お店の開店と同時の5時スタートで食べ始めた夕食@四川豆花飯荘。 例年お決まりのクーポン券消化試合です。 予約はエムアイカード、一休経由。 支払いはエムアイカードで、丸の内カードにポイントを貯め、さらに四川豆花飯荘カードにもポイントをつけるという4重ポイント加算。 もっともポイントなんかごくわずかですから、あくまでも自己満足の世界ですが....
中国料理

四川蘭の会(結果的に最終回)@2019年7月17日

7月に開催された四川蘭の会の会食。 テーマは「夏の食材を使って」。 この日は蘭の会の新しい担当者・野尻さんも紹介されたのですが、四川豆花飯荘開店以来10年以上続いた蘭の会ですが、結果的にはこれが最後の蘭の会となってしまいました。 というのも8月末になって突然1枚の葉書が舞い込み、蘭の会の中止が知らされたのです。 ま、それはそれとして....
中国料理

町屋中華 星月夜@京都@2019年5月

今年5月の長いゴールデンウィークが終わってほとぼりが醒めたころに友人と4人で訪れた京都の中華料理屋「町屋中華 星月夜」。 新丸ビル四川豆花飯荘の初代シェフだった遠藤氏と初代支配人の佐藤氏が立ち上げた中華料理店です。 料理は一人2万円でお任せでお願いしておきました。
中国料理

老香港酒家京都@2019年5月

京都で町屋中華「星月夜」を探訪する旅。 日曜日の朝の新幹線で京都に10時代前半に到着し、荷物をホテルに置いてからまずは早めのランチに出かけました。 H夫妻の最初の算段では湯葉料理のお店を想定していたようですが、予約が取れず諦めたようです。 次の候補がこの中華料理屋。 私個人的には湯葉料理よりはこちらの方がいいかも。 夜も「星月夜」という中華ですが、昼も中華でも何の問題もありません。 こちらは広東料理メインで結局飲茶食べ放題になってしまいましたが....
中国料理

四川蘭の会@2019年5月15日

5月の四川豆花飯荘・蘭の会ランチ会食。 2ヶ月に1回の会食会ですが、今回は特別なテーマはありません。
中国料理

四川豆花飯荘ガラディナー@2019年5月07日

だいたい年に1度くらいあるシンガポール本店の料理長と東京店店長のコラボディナー。 今年も10連休が終わってすぐに開催されました。 残念ながら今年は蘭の会からの参加者は私一人だけでしたが、新しい素敵な方々との出会いもあって楽しい会食でした。
中国料理

1人ランチ@四川豆花飯荘@2019年4月

定点観測地点の一つである新丸ビルにある四川豆花飯荘。 1人でランチを食べに行きました。 例によって一休ドットコム経由での予約でMIカード支払い。 今回は特に何も指定せずに井上シェフにお任せです。
中国料理

四川蘭の会@2019年3月

定点観測地点、新丸ビルの四川豆花飯荘で2ヶ月に1回開催されるランチ会、四川蘭の会。 今回は九州食材の特別コース。
中国料理

小肥羊(しゃおふぇいやん)・銀座店@2019年2月19日

2月に行われた畏友2人との3ヶ月に1回の定例夕食会。 今回は私が幹事。 ランチタイムには何度も利用したことがありましたが、夜は初めてになる銀座一丁目にある中国本土の火鍋店・小肥羊(しゃおふぇいやん)。 中国ではたぶん一番大きな火鍋チェーン店ではないかと思います。 日本にも何店舗かを展開しています。
中国料理

四川豆花飯荘・四川蘭の会@2019年1月16日

先月開催された四川蘭の会新年会。 以前はよくやっていたローヘイサラダが復活しました。 もっともこんなもの中国本土では見たこともありませんが。 その他、新年会だけあってフカヒレとウニ、オマール海老、活け締めマナガツオなど贅沢な食材を使っています。
中国料理

ランチ@四川豆花飯荘@2019年01月11日

年明け早々の四川豆花飯荘でのランチ。 知人女性2名を伴って伺いました。 例によって予約は一休ドットコム経由ですが、料金も人数もいい加減。 別途塚田支配人にメールして、井上シェフにお任せにしてあります。 今回はこのお店が初めての人もいたので、「正宗」四川料理でお願いしてあります。
中国料理

忘年会@南国酒家原宿本店@2018年12月

某会合の忘年会。 場所は以前にも隣の「迎賓館」という別館で一度開催したことのある大箱の中華料理屋、南国酒家原宿本店。 表参道駅や原宿駅にも近い便利な立地です。 個室を借りられて、一人7000円で飲み放題もついていました。
中国料理

四川豆花飯荘蘭の会@2018年11月21日

定点観測地点・四川豆花飯荘で2ヶ月に1回開催される昼食会、四川蘭の会。 今回は東北の食材特集でした。
中国料理

四川豆花飯荘@2018年10月29日

先月末の一人ランチ。 今回も予約は一休経由で入れておきました。 たいがいのレストランは1人の予約を受け付けないので、2人で予約しておき、直接お店にメールして実情を書いておきます。 馴染みのお店だからできる技です。 この日も実際には料理の内容は井上シェフにお任せです。
中国料理

カントニーズ燕ケンタカセ@2018年10月22日

以前は時々行っていた東京ステーションホテルの地下にあるこのお店(Cantonese 燕 KEN TAKASE)ですが、高瀬シェフが銀座に新しいお店を出してからは、意図的に訪問を避けていました。 しかし友人の女性からここの「海老のマンゴーマヨネーズ」を食べたいとの希望があり、久しぶりに来店した次第。
中国料理

四川蘭の会@2018年9月

2ヶ月に1回の四川蘭の会ランチ。 今回のテーマは「秋の食材」。 いつも使っている個室は別の顧客の団体に取られてしまっているらしく、お店の奥の方の小個室2つをつなげての開催。 少し狭いですし、いつもの通り本業の方が混雑しているせいか、放置プレイの感がなくもありませんでしたが、井上シェフのお料理は美味しくて楽しめました。
中国料理

銀座アスター新宿賓館@2018年7月

先月末のある団体の納涼会。 新宿東口、新宿三丁目あたりのビル内に入っているチェーン店の中華料理屋、銀座アスター新宿賓館。 イノベーティブなレストランではありませんが、それなりに美味しい料理を食べさせてくれます。
中国料理

四川豆花飯荘@2018年7月27日

先月末のディナータイム。 定点観測地点の一つ新丸ビル6階の四川豆花飯荘です。 といっても何とスタートは午後5時から。 知人の美女2人を連れての接待です。 毎年この時期は、四川蘭の会の誕生月特典でディナータイム限定の5000円食事券がもらえますので、基本的にはそれの消化試合ということです。
Since 2018年5月4日