HND-LHR JLファーストクラス@2018年4月13日

hnd-lhr-jl-f-2018-04-13
昨年史上最安値である48万9780円で買ったモザンビーク、マプト発ワンワールド・エクスプロアラー4大陸ファーストクラスチケット(AONE4)もいよいよ終盤。 ロンドン・ヒースローまで飛んで、そこからサイドトリップでローマへ行きます。 ローマ観光の後、再度ロンドンまで戻り最後の区間ロンドン-ヨハネスブルグを飛んでこのチケットは終わりとなります。 とてもコストパフォーマンスの良いチケットでした。

11:20羽田発@平日

私としたことが羽田→ロンドンのフライトを間違って金曜日、それも13日の金曜日(日本人には関係ないけど)、平日に設定してしまいました。 羽田発11:20ということは、さすがの私でも10:30には羽田に到着していなければなりません。 それに万一の電車の遅延などもありますので、できればもう少し余裕が欲しいところ。 ところが自宅から羽田まで公共交通機関で行くには東京都内の地獄の通勤ラッシュを乗り越えて行く必要があります。 かといってタクシーでいくのも時間が読めないし、あまり私は好きではありません。 というわけでここは奥の手、始発電車を使うということにしました。 朝早く起きるのは慣れていますし、どうせ機内では寝ていればいいだけのことです。

メモも電子化

このローマ旅行が、私にとって紙で旅行中のメモを取る最後の機会になりました。 実際にはこの次の6月のパリ旅行の途中から完全にメモもスマホに入力するようになったのですが….. これで手帳も予定表も旅行中のメモもすべてデジタル化されてしまいました。

座席は2A

搭乗率は4/8=ちょうど50%で、うまい具合に全員窓側に散らばりました。 こういう時はひょっとするとJLの特別なおもてなしが待っていることがあります。 実際にありましたので、後ほど書きましょう。

hnd-lhr-jl-f-2018-04-13

ヴァージンメリー

いつもの通りスパイシートマトジュースをいただき、

DSC03354_2018-04-13

シャンパン

さらに聞いたことのない銘柄のシャンパンを積んでいたので、CAさんのお勧めもあり、一応試してみることに。 もっとも下戸の私が試したところで、何かがわかるわけではありませんが。 たぶんサロンのような高いシャンパンから安いシャンパンに変更になっただけだろうと思いますが、私には違いはわかりません。

DSC03355_2018-04-13DSC03356_2018-04-13DSC03357_2018-04-13DSC03358_2018-04-13

アミューズ

とりあえずお酒のお供にアミューズが出てきました。

DSC03359_2018-04-13DSC03360_2018-04-13

メニュー

和食と洋食のメニュー

2018-12-24 (12)2018-12-24 (1)2018-12-24 (13)2018-12-24 (3)2018-12-24 (4)2018-12-24 (5)

「石かわ」と「虎白」のコラボ

東京発ですので、普通なら私は洋食のステーキを選択するところですが、なぜかこの時は和食を選びました。 たぶん「石かわ」と「虎白」のコラボというのが珍しかったからかもしれません。 それと洋食のステーキが私が苦手な「フィレステーキ」だったことも影響しているかもしれません。

先付五種

小さなオードブルがいくつも出てきましたが、内容をみると洋食や中華料理の影響が濃いものが多いですね。 和食としてはちょっと変わっています。

DSC03361_2018-04-13

アスパラガス二種、こごみ、天豆、虎白オリジナルX0醤(左側)

DSC03363_2018-04-13

毛蟹、生姜酢(右側)

DSC03363_2018-04-13

季節の沢煮:桜えび、わらび、筍、椎茸、牛蒡(ごぼう)(上)

DSC03364_2018-04-13

白海老、数の子、蕗(ふき)、蕗の萱の香る黄身酢(下)

DSC03364_2018-04-13

トリュフ茶碗蒸し、キャビア添え

どうやらこれがトリュフ茶碗蒸し、キャビア添えみたいです。 お味の方は覚えていません。

DSC03362_2018-04-13DSC03365_2018-04-13

お椀:蛤、筍、木ノ芽

DSC03366_2018-04-13DSC03367_2018-04-13

お造り:蒸し鮑、雲丹、鮑の肝ソース

DSC03368_2018-04-13DSC03370_2018-04-13DSC03372_2018-04-13DSC03371_2018-04-13

金目鯛炙り、香味ゼリー掛け

DSC03369_2018-04-13

炊き合わせ:蒸し甘鯛、蕪、春菊

DSC03374_2018-04-13DSC03375_2018-04-13

飯物:和牛ロースと大根のご飯

DSC03377_2018-04-13DSC03381_2018-04-13

串盛り合わせ

追加で、アラカルトメニューから和牛サーロイン串、アスパラベーコン串、鶏もも串などをもらったようです。

DSC03378_2018-04-13DSC03379_2018-04-13DSC03380_2018-04-13DSC03382_2018-04-13

留め椀/香の物

味噌椀(なめこ油揚げ三ツ葉)、長芋、昆布、胡瓜

DSC03376_2018-04-13

甘味

特選丹波黒豆の蜜煮、
メロンラム酒のソースラム酒ゼリー黒糖寄せ焼くるみ、
トリュフチョコレート

DSC03383_2018-04-13DSC03385_2018-04-13DSC03384_2018-04-13DSC03386_2018-04-13

緑茶

DSC03387_2018-04-13

JLの特別なおもてなし

先ほど書きました「JLの特別なおもてなし」というのは、今回のようにファーストクラス乗客が4人以内で全員がちょうど窓側に着席している場合にのみ行われることのあるおもてなし。 それはそれぞれの窓側座席を映画を見たり食事をしたりするスペースにして、通路を挟んだ向かい側のD、E席をベッド専用に使わせてくれるというサービス。 今回の場合は、2Aの私のために2Dを私専用のベッドにしてくれたというわけ。 ま、はっきり言ってどうでもいいようなものですが、そのように準備してくれましたので、有り難く2Dの座席で休むことにしました。

DSC03388_2018-04-13DSC03389_2018-04-13

スター・ウォーズ 最後のジェダイ

機内で見た映画は1本だけ。 原題 Star Wars: The Last Jedi。 結構長い映画だったようで、スター・ウォーズ・ファンではない私にとっては時々眠たくなる映画でした。

2551facfdd96414e

フミコの和食に鯛茶漬け

到着前の食事。 飲み物はグレープフルーツジュース。 フミコの和食シリーズは私は結構好みです。 ただしイマイチ量が少ない。 そのためこの時は、フミコの和食のごはんを、ごつい鯛茶漬けに変えてもらい、さらに和牛の時雨煮を追加してもらいました。 鯛茶漬けはごはんの量が多すぎの上に出汁が利いていませんでした。 でも完食してしまいましたが。

2018-12-24 (9)2018-12-24 (10)2018-12-24 (11)DSC03390_2018-04-13DSC03391_2018-04-13DSC03392_2018-04-13DSC03393_2018-04-13DSC03394_2018-04-13DSC03395_2018-04-13

フルーツ盛り合わせ

DSC03396_2018-04-13DSC03397_2018-04-13

プチデザート盛り合わせ

何種類も小さなデザートが載っています。 どれも美味しかったです。

DSC03398_2018-04-13DSC03399_2018-04-13DSC03400_2018-04-13DSC03402_2018-04-13

エスプレッソ・ドッピオ

食後はいつもの通り。 無事にロンドンに到着しました。

DSC03401_2018-04-13

コメント

Since 2018年5月4日