小肥羊(しゃおふぇいやん)・銀座店@2019年2月19日

DSC07675_2019-02-19DSC07678_2019-02-19
2月に行われた畏友2人との3ヶ月に1回の定例夕食会。 今回は私が幹事。 ランチタイムには何度も利用したことがありましたが、夜は初めてになる銀座一丁目にある中国本土の火鍋店・小肥羊(しゃおふぇいやん)。 中国ではたぶん一番大きな火鍋チェーン店ではないかと思います。 日本にも何店舗かを展開しています。

銀座一丁目

有楽町線銀座一丁目駅を降りて3分くらいという良い立地にありますが、銀座通りからは入れないところがミソ。 入り口エレベーターは一本裏通りにしかありません。 目印は洋服の青山。 エレベーターで5階へ上がるとお店があります。 小肥羊をそのまま中国語読みさせて「しゃおふぇいやん」としているところが凄い。 中国語をちょっと勉強した人以外、ほとんどの日本人は読めませんね。

DSC07662_2019-02-19DSC07661_2019-02-19

赤ワイン

飲み物はまずはデキャンタの赤ワイン。

DSC07663_2019-02-19DSC07664_2019-02-19

ピータン豆腐

つまみに2品頼みました。 まずはピータン豆腐。

DSC07665_2019-02-19DSC07666_2019-02-19DSC07670_2019-02-19

干し豆腐のパクチー和え

火鍋セットを頼んであったのでそのセットにも同じ料理がついてきましたが、美味しいから食べてしまいます。

DSC07667_2019-02-19DSC07668_2019-02-19DSC07669_2019-02-19DSC07671_2019-02-19

火鍋セットのお通し

こちらは火鍋セットについてくるお通しのようなもの。

DSC07672_2019-02-19DSC07673_2019-02-19

白湯(パイタン)スープと麻辣(マーラー)スープ

私はすべて麻辣の方が好きですが、ここは一応2種類を用意しましょう。 鍋の中には、各種香辛料に加えてニンニクが丸ごとごろごろ入っているところがうれしい!(たぶん中国産だから安全性についてはわからないけど、美味しいことは確実)

DSC07674_2019-02-19DSC07675_2019-02-19DSC07676_2019-02-19DSC07677_2019-02-19

羊肉と豚肉

どちらも冷凍してある塊から薄く切り出してあって、すぐに火が通るようになっています。 私は羊肉の方が好きです。

DSC07678_2019-02-19DSC07679_2019-02-19DSC07680_2019-02-19DSC07681_2019-02-19

野菜、肉団子、餃子

他に具材として野菜類、茸類、肉団子、餃子などもついてきます。

DSC07682_2019-02-19DSC07683_2019-02-19DSC07685_2019-02-19DSC07684_2019-02-19

赤ワインボトルで

後からカベルネソービニオンの赤ワインをボトルで追加しています。

DSC07687_2019-02-19DSC07688_2019-02-19

シメのラーメン

シメはラーメンまたは雑炊になりますが、ラーメンを選択。 これが美味しい。

DSC07689_2019-02-19DSC07690_2019-02-19

デザート

一応小さな杏仁豆腐のデザートもついていてうれしい。

DSC07691_2019-02-19

一人6000円程度

これで一人6000円程度というのもうれしい料金。 中国本土に行った時は、滞在中一度は小肥羊の支店で食べることが多かったですが、最近は中国本土へ行っていないなあ。 そろそろ久しぶりに中国本土へでも行ってみますかねえ。

2019-03-03

デジカメを忘れる

畏友と銀座1丁目駅に着いて改札を入ろうとしたところ、珍しく私の携帯電話が鳴り出しました。 出てみると小肥羊のお店からで、何と私がデジカメをお店のテーブルに忘れていたようでした。 改札に入る前だったので、すぐに私だけ引き返してデジカメを回収。 お店のご親切に感謝いたします。 携帯電話などほとんど使わない私ですが、こういう時には役に立つことがわかりました!

コメント

Since 2018年5月4日