おもてなし1@伊勢廣本店@2019年3月

DSC07768_2019-03-09-10DSC07763_2019-03-09-10
バンクーバーでよく泊めてもらっているカナダ人の友人夫妻が初来日したため、東京滞在中おもてなしをしました。 東京に4泊5日滞在し、その後は長野県山ノ内町で温泉に入るニホンザル、富山県滑川でホタルイカ漁、広島県三原市でサイクリング、京都観光などをして、最後に東京で1泊した後帰国予定。日本人にはちょっと思いつかないような地方観光旅行です。

温泉に入るニホンザル

これは外国人に人気なようです。 私の周囲には、1名を除いてこんなところまで行ったことのある人はいませんでした。 でも外国人の間ではこうした情報が流布しているらしく、現地への行き方から宿泊施設までよく調べていました。

2019-03-22

長野県山ノ内町

http://www.town.yamanouchi.nagano.jp/

地獄谷野猿公苑:世界で唯一、温泉に入るサル。興味深いニホンザルの生態

http://jigokudani-yaenkoen.co.jp/

ニホンザルをちゃんと見られたようで、こんな写真を送ってくれました。ここには数匹しか写っていませんが、実際には50頭くらい見たらしいです。

IMG_4652IMG_4656

飯田橋駅東口で待ち合わせ

はじめは成田空港まで迎えに出ようと思っていたのですが、その必要はないと言われ、都内で待ち受けることに。 彼らはJRパスというJR乗り放題のチケットやスイカ、WIFIルーターなどを事前に用意してあり、それらを成田空港でピックアップしてから東京に向かうらしい。 よく調べてあります。

WhatsAppに加入

相互連絡のために彼らは「WhatsApp」というSNSがいい、というので私も早速準備。 LINEとかFacebook Messengerなどと基本的には同じようなものです。 彼らはどうやら新宿方面まで行く成田エクスプレスに乗って、新宿で総武線に乗り換えて飯田橋まで来たようです。 WhatsAppで待ち合わせ場所を飯田橋東口改札に決めて置き、無事に合流。 歩いてホテルへ向かいました。

1200x630wa

中華そば 勝本

チェックインを済ませ、30分ほどのんびりした後、小腹が空いているということだったので、近くにある「中華そば 勝本」まで歩いて行き「特製中華そば」を食べました。 こういうことを予想して1週間ほど前に事前に私がここへ来て試食しておきました。 うーむ、美味しい! 外国人の間でもB級グルメとして日本のラーメンが結構人気があるようです。

2019-03-232019-03-23 (1)

北の丸公園

さて翌日、第1日目。 東京での滞在中のおもてなしを請け負った私は、彼らの宿泊先である飯田橋のホテル・メトロポリタン・エドモントから歩いて、まずは北の丸公園を散策。 バンクーバーリットである彼らは、自然が大好き。 公園で植物や樹木を見るのが楽しいようです。

北の丸公園案内図(武道館工事201711)-thumb-1797x1044-107014DSC07727_2019-03-08DSC07730_2019-03-08

皇居東御苑は月金休園

引き続き東御苑に入ろうと思ったら、何と金曜日は休園となっていました。 仕方なく大手町に向かって皇居二重橋あたりを散策。

2019-03-23 (2)

鎌倉大仏と長谷寺、報国寺(竹寺)

そのままJRで鎌倉へ向かい、江ノ電に乗って鎌倉大仏、長谷寺を観光。 タクシーで竹寺(報国寺)見学。 やはり竹寺が一番面白かったようです。 帰りに鶴ヶ丘八幡宮を見て、小町通りを通って駅へ戻りました。

DSC07731_2019-03-08DSC07732_2019-03-085

伊勢廣は満席

予約無しで京橋の焼き鳥店「伊勢廣」へ行きましたが、この日は予約で満席ということで敢えなく断念。 翌日の予約をして立ち去りました。

DSC07768_2019-03-09-10DSC07767_2019-03-09-10DSC07769_2019-03-09-10

とんかつ寿々木@東京駅

仕方なく歩いて東京駅に戻り、とんかつ寿々木で上ロースカツ+海老フライを食べてもらいました。 その後は銀座を散策してこの日は終わり。

2019-03-23 (3)

都庁ビル

2日目は、ランチを別の方が担当。 六本木の一風変わったハンバーガー屋へ行ったようです。 その後私と東京ミッドタウンで待ち合わせ新宿へ。 都庁ビルが見たいとのことで、行列に並んで展望台へ。 丹下健三設計になるこのビル、外国人には結構人気のようです。 私なんかからみると掃除の大変なバブルビルのように見えますが…..

800px-Tokyo_Metropolitan_Government_Building_No.1_200908

渋谷スクランブル交差点

今度はJRで渋谷へ移動。 ハチ公をチラ見してからスクランブル交差点へ。 ここも外国人には人気なようです。 定番は角にあるスターバックスの2階からスクランブル交差点を眺めることらしいです。 我々も行ってみましたが、さすがに混雑しています。 もちろん我々はスタバなんかにお賽銭は出さずに2階へ上がって見ただけ。 その後これも結構人気のある「ドンキホーテ」へ行って、ちょっとだけ買い物。

Shibuya-Crossing

伊勢廣でフルコース

その後はJRで東京駅に戻り、前日に予約した焼き鳥屋、伊勢廣へ。
https://www.isehiro.co.jp/honten/

DSC07737_2019-03-09-10DSC07738_2019-03-09-10DSC07740_2019-03-09-10DSC07741_2019-03-09-10DSC07742_2019-03-09-10DSC07743_2019-03-09-10DSC07744_2019-03-09-10DSC07745_2019-03-09-10DSC07746_2019-03-09-10DSC07747_2019-03-09-10DSC07748_2019-03-09-10DSC07749_2019-03-09-10DSC07750_2019-03-09-10DSC07751_2019-03-09-10DSC07752_2019-03-09-10DSC07753_2019-03-09-10DSC07754_2019-03-09-10DSC07755_2019-03-09-10DSC07756_2019-03-09-10DSC07757_2019-03-09-10DSC07758_2019-03-09-10DSC07759_2019-03-09-10DSC07760_2019-03-09-10DSC07761_2019-03-09-10DSC07762_2019-03-09-10DSC07763_2019-03-09-10DSC07764_2019-03-09-10DSC07765_2019-03-09-10

フルコース (12品)
6,480円
鳥一羽分を丸ごと味わう、老舗・伊勢廣の看板コース。
鳥肉はもちろん、専門の問屋から仕入れるねぎに至るまで、厳選された素材を熟練の職人の技術で調理する。
姥目樫備長炭の香りも心地よい、絶妙の焼き加減。
■ コース内容
  1. ささみ   塩で軽く焼き、ワサビをつける
  2. 肝類    肝臓・心臓・じん臓その他をタレで焼く
  3. 砂肝    塩焼き
  4. 葱巻    もも肉を薄く切り、ネギに巻き、タレで焼く。肉の間にシシトウ、シイタケ
  5. 団子    つなぎを一切使わず、鶏肉の旨味を凝縮
  6. 皮身    皮をさし、くびの肉ではさみ、塩で焼く
  7. もも肉   もも肉のぶつ切り、肉の間にネギ、シシトウを入れタレで焼く
  8. 合鴨    一口切りを塩焼き
  9. 手羽    骨ともぶつ切り塩で焼く
■ 特製鶏スープ
■ 手摘み有機無農薬野菜
■ もろきゅう

吟醸 極上吉乃川(新潟)

カナダ人男性はこのお店で飲んだ「極上吉乃川吟醸(新潟)」が大変気に入ったようでした。 私も一合だけ飲みましたが、確かに飲みやすくて美味しかった。 そのため後ほどお土産用に同じ銘柄を探してみましたが、なかなか見つからず、三越本店でようやく吉乃川ブランドのお酒を見つけましたが、伊勢廣で飲んだのとはちょっと違う、ワンランク上のお酒のようでした。 (たぶん、純米吟醸 極上吉乃川かな?) でもまあそれでいいからとりあえずはそれをお土産に買っておき、最終日に手渡しました。

DSC07736_2019-03-09-10yosinogawaDSC07739_2019-03-09-10item_img_101

相席の方々がとてもフレンドリー

2階の座敷席は空いていたのですが、外国人は正座が苦手ということで、敢えて1階の6名がけのテーブルをシェアーしました。 相席していただいた3名の方々は元サッカー部とかで、カナダ人の奥さんの出身国であるアルゼンチンやスペイン、ドイツなどのサッカーの話題で盛り上がりました。 カナダ人たちも見知らぬ日本人との交流ができてとても喜んでいました。 この場を借りて3名の日本人の方々に御礼申し上げます。

IMG_4326

コメント

Since 2018年5月4日