クワイエットルーム@アル・サファ(Al Safwa)ファーストクラス・ラウンジ@ドーハ

DSC04026_2018-04-132DSC04010_2018-04-13
カタール航空の本拠地、ドーハにある最高峰のラウンジ。 ファーストクラス利用者のみが利用できる本来のファーストクラス・ラウンジです。 私はこの時初めての利用でしたが、その後何度も利用していますが、私が唯一感心したのはこのラウンジ内にある「クワイエット・ルーム」。 その他の設備は別にどうということもありません。

アル・サファ(Al Safwa)ファーストクラス・ラウンジ

ドーハ空港にはたくさんのラウンジがありますが、カタール航空の本拠地ですからカタール航空のラウンジが一番いいはずです。 カタール航空のラウンジだけでも多種類ありますが、中でもこのアル・サファ・ラウンジが断トツの一番。 ラウンジ階に登るエスカレーターの下にはカタール航空の地上係員が航空券をチェックしています。 たいていの航空会社のファーストクラス・ラウンジは本当の意味でのファーストクラス・ラウンジではなく、自社の上級会員も入れるようになっていることが普通です。 そのため時間帯によっては滅茶苦茶混雑していたりして、ファーストクラスらしくないなあ、と思われる方も多いのではないでしょうか。 しかしこことかヒースローのブリティッシュ・エアウェイズBritish Airwaysコンコード・ラウンジは、本当のファーストクラス利用者のみのラウンジ。  確かにこういうラウンジもあってしかるべきでしょう。

DSC04008_2018-04-13DSC04009_2018-04-13

クワイエット・ルーム

もちろんこのラウンジ内にはレストランやスパなどいろいろな設備がありますが、私が唯一感心したのはこの「クワイエット・ルーム」。 要するにラウンジ内にビジネスホテルがあるようなものです。 ま、私なんかドーハ空港では当然トランジットしかしませんから、長時間トランジットの場合にどう過ごすかが一番の問題。 そういうときにこのクワイエット・ルームを利用できると本当に身体が楽です。

DSC04025_2018-04-13DSC04024_2018-04-13DSC04023_2018-04-13

ラウンジ内のホテル・ルーム


簡素ですが綺麗なベッドとそこそこなバスルーム
が室内にあって、ホテル・ルームとして十分な機能が備わっています。 ルームサービスはさすがにできないようですが(多分?)、何か食べたければちょっとラウンジの方へ行けばそれなりのラウンジ内・レストランもあります。 もっとも私はラウンジではほとんど食べませんから、この部屋だけで十分。 一応エビアン・ミネラルウォーターのボトルも1本置いてありました。 もちろん電話をすれば追加でいくらでも持ってきてくれることでしょう。

DSC04010_2018-04-13DSC04012_2018-04-13DSC04014_2018-04-13DSC04016_2018-04-13DSC04018_2018-04-13DSC04021_2018-04-13DSC04022_2018-04-13

6時間の時間制限

現在は6時間以内の利用に制限されています。 ただし追加でお金さえ支払えば、何時間でも利用できるようです。 私の場合ドーハでの乗り継ぎはほとんどの場合、6~8時間程度のトランジットなので、6時間の利用でとりあえず十分です。

DSC04011_2018-04-13DSC04013_2018-04-13DSC04015_2018-04-13DSC04017_2018-04-13DSC04019_2018-04-13DSC04020_2018-04-13

是非他社も見習って!

是非とも各社、こういうラウンジ内ホテル・ルームをファーストクラス・ラウンジに作ってくれないかな? もうちょっと質素なYotelクラスの部屋でもいいから、個室があるとリラックスできますね。 ファーストクラス利用者にはそれが必要だと思います。 このファーストクラス・ラウンジでは、これ以外のファシリティは特別のことはありません。

DSC04026_2018-04-13DSC04027_2018-04-13

コメント

Since 2018年5月4日