東京より涼しい?コロンボ@スリランカから無事帰国

DSC00523_2019-08-03DSC00578_2019-08-03

今年2月にセイシェルからスタートしたワンワールド・エクスプロアラー・ファーストクラス4大陸世界一周券AONE4を使って、のんびりと無為に1週間を過ごしたコロンボ@スリランカでの夏休みから無事帰国しました。 開業してまだ10ヶ月の新しいホテルMARINO BEACH COLOMBOはなかなか快適でした。 また美味しいスリランカンカレーとアラビア風ケバブを食べることができて幸せでした!

加熱式タバコを3種類購入

私は空港のデューティフリー店なんかで買い物をすることは滅多にないのですが、今年もまたJALクーポン消費のために不要な買い物をしてしまいました。 とはいえ今回買ったのは以前から気になっていた「加熱式タバコ」。 面倒くさいのでこの際大手3種類のスターターキットを全種類買って、さらにそれぞれのタバコを1カートンずつ購入。 全部でしめて2万6910円
①アイコス3・スタータキット+マールボロ・アイコスミントスティック1カートン
②グロー・スターターキット+ケント・ネオスティックス1カートン
③プルームS・スターターキット+メビウス・レギュラーテイスト1カートン

DSC00361_2019-08-03DSC00362_2019-08-03DSC00363_2019-08-03DSC00364_2019-08-03DSC00365_2019-08-03DSC00366_2019-08-03

バルコニーあり!@Marino Beach Colombo

このホテル、素晴らしいことに各部屋にちゃんとバルコニー(ベランダ)がついていました。 予約した部屋はもちろん禁煙室ですが、バルコニーにはちゃんとコンクリート製の本格的な灰皿?も置いてありましたのでバルコニーでの喫煙は認められているようです。 ただし室内にはこんな物騒な注意書きもありましたので、念のために部屋の掃除に来たボーイに確認してから喫煙しましたが。

DSC00343_2019-08-03 - コピーDSC00346_2019-08-03 - コピーDSC00459_2019-08-03

3種類吸い比べ

というわけでどうせ今回は暇な旅ですから、ホテルのバルコニーで3種類の加熱式タバコを試してみました。 そのうち詳しいレポートをしますが、ざっくり言うと弱い紙巻きタバコと基本的には同じようなものだということ。 なぜ加熱式にする必要があるのか?私にはさっぱりわかりません。
加熱式の場合充電しておく必要があるし、吸おうと思ってから吸い始めることができるまで40秒程度も無駄に待たされるのが癪に障ります。 待たされている間に、何らかの作法があるのであればそれはそれでオタク心をそそられますがそれも全くない。

DSC00367_2019-08-03DSC00368_2019-08-03DSC00369_2019-08-03DSC00370_2019-08-03DSC00371_2019-08-03DSC00372_2019-08-03DSC00373_2019-08-03DSC00376_2019-08-03

吸った気がしない!

しかも味は薄すぎ! 香りも臭いも煙も薄い。 紙巻きタバコから遠ざかってはや40年以上、最近はパイプ、葉巻、水タバコくらいしか吸わない私にとっては、紙巻きにも劣る代物のように思いました。

唯一の利点といえば、吸っている途中でタバコの灰が落ちる心配をしなくてもいいことくらいかな

いっそのこと水パイプのようにもっとフレーバーをきつくつけてみてはどうかとも思います。 まあ日本人向きではありませんけどね。

DSC00379_2019-08-03DSC00380_2019-08-03DSC00381_2019-08-03DSC00385_2019-08-03DSC00386_2019-08-03DSC00391_2019-08-03 - コピーDSC00392_2019-08-03 - コピー

そのうちVAPE系も

あとまだ私が試していないのがいわゆる「電子タバコ」というかVAPE系。
これはかなり危ない方向に行く可能性がある代物なので、充分に注意する必要がありますし、法的な問題も出てくる可能性もあります。

海老カレー

さてだいぶ話が旅行から外れてしまいましたが、歩いて5分くらいのところにあった「New Banana Leaf Restaurant」というところで食べた「海老カレー」は素晴らしかった! そのうえ滅茶安い! 海老カレーライスだけだとわずか380ルピー=約230円!
店員には「僕たちは指で食べるんだよ」と言われましたが、私は慣れていないのでやはりフォークとスプーンを使わせてもらいました。 でも五感を使って食べるという意味では本来は指で食べるのが正しいと思いますので、次回までには少し訓練してみようかな。

DSC00503_2019-08-03DSC00505_2019-08-03DSC00521_2019-08-03DSC00522_2019-08-03DSC00523_2019-08-03DSC00524_2019-08-03DSC00529_2019-08-03

アラビア風ケバブ

スリランカ料理ではないのですがグーグルマップで私の視野に入ってきたのが「Arabian Knights」という「nights」と「knights」をかけた言葉遊びのアラビア料理店。 やはりホテルから5分くらい歩いたところにあります。
ここで食べた炭焼きミックスグリル=ケバブは最近食べたケバブの中では最高でした。

DSC00427_2019-08-03DSC00426_2019-08-03DSC00578_2019-08-03DSC00581_2019-08-03IMG_20190805_180889_2019-08-03IMG_20190805_180903_2019-08-03IMG_20190805_180904_2019-08-03
またモロッコスープのHariraスープも最高。 3日間も私が通ったことから如何に私が気にいったかわかりますでしょう。

DSC00443_2019-08-03

フードコートも侮れない

ホテルと直結しているモールの中にフードコートが入っていますが、そこで食べたケバブもこれまた最高! このミックス・グリル・ケバブも安い。 850ルピー=510円!
後から書きますが、ここに入っている中華料理のお店も使い勝手がいい便利なお店でした。

DSC00625_2019-08-03IMG_20190805_180911_2019-08-03

コロンボは東京よりも涼しい?

ところで私のスマホの待ち受け画面にはコロンボ現地の気温と東京の気温が並んで表示されていますが、時々思いついたときにそれを書き留めておいたのが下記です。 もちろん実測ではなく、どこかの天気情報から取ってきているのでしょうけど。
東京とコロンボの表記に間違いはありません。 なぜか熱帯のコロンボよりもこの時期は温帯の東京の方が気温が高くなっています。 このスマホで見る限り滞在中一度も東京の気温を上回ったことはありませんでした。 まあ、いつもこの時期はバンコク、シンガポールなどでも似たような状況ですけどね。

東京   コロンボ
31℃   27℃
27℃   27℃
31℃   27℃
31℃   29℃
32℃   28℃
31℃   28℃
29℃   28℃
31℃   24℃(コロンボは雨)

来年3月にも再度コロンボへ

今年7月にスタートした今年2枚目のセイシェル発ワンワールド・エクスプロアラー・ファーストクラス4大陸世界一周券AONE4を使って、来年3月にも再度コロンボを訪れる予定ですが、たぶん今回泊まったホテルでまたのんびりしようと思います。 気に入りました。

バンコク>コロンボ

コロンボの弱みは、スリランカ航空ビジネスクラスがショボイこと。 CAさんたちはとてもフレンドリーでいいんですけどねえ。 テロ事件があってもなくても何せ経営状態が危機的ですから。 やはり国営だといろいろと問題が多いみたいです。
もう一つの問題はコロンボの空港=バンダラナイケ国際空港。 いくらテロがあった後だとしても、合計3回もいい加減なセキュリティチェックをしてくれるおかげで、ラウンジから歯磨き用の水すら持ち込みできません。 まともな空港と同じくしっかりしたセキュリティチェックを1回で済ませて欲しいなあ。
というわけでのんびりするにはバンコクの方がいろいろな点でベターですが、コロンボも悪くはありません。 今回はさすがにULプロパー便でしたが、JLコードシェアーで飛べば結構なFOPが稼げますしね。

コメント

Since 2018年5月4日