1人ランチ@VOLO COSIヴォーロ・コズィ@2020年5月

DSC00114_2020-05-09DSC00106_2020-05-09
定点観測地点の1つ、VOLO COSIヴォーロ・コズィでの1人ランチです。 もともとは家族で集まるように6名で予約していましたが、ご存じの通りの緊急事態宣言延長のために家族ランチはキャンセルとなりました。 そのため私一人でのランチ。 お店は私一人のほかにもう一組。 その代わり、食事後に自宅用と次男の家用の2つのテイクアウトをあらかじめオーダーしておき、私自身が自転車でウーバーイーツしました。

スプマンテ

飲み物はいつもの通りスプマンテですが、フェラーリでもなくモンテロッサでもない、新しいスプマンテでした。 ピエモンテ州のものだとか。 違いは….私なんかにはわかりません。

DSC00087_2020-05-09DSC00088_2020-05-09DSC00123_2020-05-09DSC00124_2020-05-09

テーゴラ、小前菜、自家製グリッシーニ

いつもの小前菜たちです。 変わっていたのはスプーンに載っているソラマメのマリネくらいか。

DSC00089_2020-05-09DSC00090_2020-05-09DSC00091_2020-05-09DSC00092_2020-05-09DSC00125_2020-05-09

ブディーノ

ホワイトアスパラガスとアーティチョークのブディーノ。

DSC00094_2020-05-09DSC00095_2020-05-09DSC00096_2020-05-09DSC00093_2020-05-09

ヴェネチア風海鮮魚介盛り合わせ

とこぶしの貝殻にアワビのマリネ、さごちの素揚げ、ハマグリの貝殻の上にホタテ貝と赤玉ねぎの香草パン粉焼き、本マグロあたりが変わっているところか。

DSC00097_2020-05-09DSC00098_2020-05-09DSC00099_2020-05-09DSC00100_2020-05-09DSC00101_2020-05-09

ホワイトアスパラガス・ミラネーゼ

佐賀のホワイトアスパラガス、栃木のグリーンアスパラガス、目玉焼きが載ったミラネーゼサマートリュフがふんだんにかけられています。

DSC00102_2020-05-09DSC00103_2020-05-09DSC00104_2020-05-09DSC00105_2020-05-09DSC00106_2020-05-09

タヤリンのジェノベーゼ

もちろん自家製タヤリンです。

DSC00107_2020-05-09DSC00108_2020-05-09DSC00109_2020-05-09

カバテッリ

阿蘇産和牛肩ロースの赤ワイン煮込み。 私好みです。

DSC00110_2020-05-09DSC00111_2020-05-09DSC00112_2020-05-09

鴨肉のロースト

青森県産の鴨のロースト。 右側の細長いのはささ身。 奥の方にインカのめざめが添えられています。

DSC00113_2020-05-09DSC00114_2020-05-09DSC00115_2020-05-09

アーモンドとグラッパのセミフレッド

セミフレッドを両方盛ってもらいました。 ヌガーチョコレート、ピスタチオのムース、イチゴなども添えられています。

DSC00116_2020-05-09DSC00117_2020-05-09DSC00118_2020-05-09

お茶菓子とエスプレッソ・ドッピオ

でいつもは終わりですが、

DSC00119_2020-05-09DSC00120_2020-05-09DSC00121_2020-05-09

クルミのクロカンテ

最後にクルミのクロカンテが出されました。 試食でしょうか?

DSC00121_2020-05-09DSC00122_2020-05-09

テイクアウト

下記4種類のメニューを2セットずつ、それぞれ次男の家と自宅用に事前にお願いしておきました。
結構嵩張るので、まずは1セットを次男の家まで私が自転車でウーバーイーツして届け、一旦レストランまで戻り、一服してから自宅用のもう1セットを自転車のかごに積んで帰りました。 妻と長男用です。
結果的には私が店内で食べた分よりもテイクアウトの方が料金的には高くなってしまいました。 もっとも私はテイクアウトとかお弁当は嫌いですから食べたいとは思いませんが。

20200417_TAK印UTMENU103

コメント

Since 2018年5月4日