マイナポイントはWAONに

c0007-2mn01_s

マイナポイント

政府主導のキャッシュレス決済サービスキャンペーン。 マイナンバーカードが必須となるため、なんだか盛り上がりません。 しかもキャンペーン内容もショボイので、まったく無視を決め込む人も多いことでしょう。
 マイナンバーカードを使って予約・申込を行い、選んだキャッシュレス決済サービスでチャージやお買い物をすると、ご利用金額の25%分のポイントがもらえるのが「マイナポイント」のしくみです。一人あたり5,000円分が上限となります。

住民基本台帳カードからマイナンバーカードへ

しかし私の場合、住民基本台帳カードの時代からe-TAXのためにカードを作っていますから、当然マイナンバーカードも持っています。
マイナンバーカードを持っているのであれば、せっかくですからマイナポイントキャンペーンにも乗っからないわけにはいきません。

マイナポイント参加サービス

マイナポイントに参加しているキャッシュレス決済サービスですが、下記のように多岐にわたります。
電子マネー、クレジットカード、QRコード決済、クレジットカード、プリペイドカード。

mn01_s

マイナポイント”上乗せキャンペーン”

正規のキャンペーンでは2万円を使って5000円キャッシュバックなわけですが、いくつかの会社ではさらにそれにキャッシュバックを上乗せするキャンペーンを行っています。

2000以上上乗せのキャンペーン

これらの中から2000円以上上乗せとなる可能性のあるキャンペーンを抜き出すと下記の通り。
■QRコード決済
ゆうちょPay:合計2,000ポイントを付与
LINE Pay:上乗せでもらえるのは「特典クーポン」15枚
d払い:最大2,500円相当のポイント付与
■電子マネー
WAON:最大で2,000WAONを付与
■クレジットカード
イオンカード(イオン銀行):最大で2,000WAONを付与

d払いが最大の上乗せ?

キャッシュバックという意味ではd払いが2500円上乗せというわけで、たぶん一番還元率がいいのかもしれません。
しかしこのd払いでもらえるポイントは使用期限つきの期間限定だったりします。
それに私は昔から電電公社とかNTTとかドコモなんていうのが嫌い。 dカードとかd払いも持っているけど、ほとんど使いません。

ゆうちょPay

持っていますが、使う機会はあまりありませんので除外。

LINE Pay

すでに書きました通り、税金支払い、その他Visa LINE Payクレジットカード支払いで日常的に使っていますが、クレジットカードでの3%還元では、2万円なら600円しかキャッシュバックされませんし、特典クーポンというのは私にはほとんど使い道がありませんのでこれも除外。

WAONに決定

というわけで私の場合は、WAONの2000円上乗せキャンペーンに決定!
WAONは、JAL-WAONカードもありますが、JALのメインカードをJALアメリカンエクスプレスプラチナカードに変更した時点で、WAONカードにチャージできなくなったため、使用中止。
そのため最近は昔作ったイオンSuicaカードを使って、私のスマホ=OPPO Reno Aのお財布ケータイに作ったWAONにチャージする形で使っています。
WAONだと私の場合、近くのまいばすけっとで買い物をするのに日常的につかいますので使い道に困ることはありません。 非接触決済なので便利です。

c0007-2

早速2万円チャージ

またWAONなどの電子マネーの場合は、チャージした時点で買い物をしたことになるようですのでこれも簡単でいい。
JAL-WAONカードなんかだとチャージ限度額が2万円だったのですが、お財布ケータイのWAONだともっとチャージできるようでした。
(今調べて見たらどのカードでも限度額を5万円に引き上げられるようでした。)
お財布ケータイに残金があったので、万一2万円が限度額だった場合に備えて、まずは1万円チャージ→問題なし。
さらに追加で1万円チャージ→これも問題なし。 合計2万7000円程度の残高となりました。
そのうちキャッシュバックがこのWAONに振り込まれることでしょう。

マイナンバーカードを持っているなら

本当にショボイ政府のキャンペーンですが、マイナンバーカードを持っている方であれば、やはり参加しない手はないでしょう。

コメント

Since 2018年5月4日