スポンサーリンク

リストランテ・イル・プロフーモ@2018年8月

スポンサーリンク
スポンサーリンク

DSC05284_2018-08-08DSC05284_2018-08-21

定点観測地点の一つである人形町にある淵本さんのお店、リストランテ・イル・プロフーモでの一人ランチ。 ちょっと久しぶりの来訪になってしまいました。 一休ドットコム経由で予約を入れて、三越伊勢丹カードで支払うといういつものパターン。 ここはJALカード特約店とかではないので、支払い方法としてはこのやり方程度が精一杯。 この日は午前中仕事で、そこから例によって自転車で行きました。

スポンサーリンク

スプマンテ

飲み物はスプマンテを少しだけ。

DSC05284_2018-08-01DSC05284_2018-08-02DSC05284_2018-08-03

2種類のオリーブオイル

内側がプーリア地方のオリーブオイルで、わずかに辛みがあります。 外側はシチリアの濃厚なオリーブオイル。 淵本さんのこだわりです。

DSC05284_2018-08-04

ガスパッチョ風夏野菜のゼリー寄せ

1品目のオードブルは、フルーツトマトのスープをベースにした夏野菜のゼリー寄せ。 軽く火を通した車海老とモッツァレラチーズ、バジルのグラニタを盛り合わせたガスパッチョ風。 酸味がさわやかで夏らしいガスパチョでした。

DSC05284_2018-08-05DSC05284_2018-08-06DSC05284_2018-08-07DSC05284_2018-08-08DSC05284_2018-08-09

パン

左端に見えるのは、ツムラの漢方薬7番=八味地黄丸、前立腺肥大治療薬として服薬しています。 1時過ぎに服薬する予定で用意してあります。

DSC05284_2018-08-10

太刀魚のフリット

これは面白いプレゼンテーションです。 一番上が太刀魚のフリット。 真ん中は表面を香ばしく焼き上げたポレンタ。 一番下がカポナータで、茄子や玉ねぎ、オリーブ、ケッパーなどが入っています。 手前はバルサミコソース。

DSC05284_2018-08-11DSC05284_2018-08-12DSC05284_2018-08-13DSC05284_2018-08-14

トロフィエ

1品目のパスタは自家製トロフィエで、岩牡蠣と青海苔のアーリオオーリオ。 柑橘のパウダーを練り込んでコシを強くしたトロフィエを岩牡蠣と青海苔でアーリオオーリオに仕上げてあります。 上に載っているのはオカヒジキ。

DSC05284_2018-08-15DSC05284_2018-08-16DSC05284_2018-08-17DSC05284_2018-08-18DSC05284_2018-08-19

ラビオリ

2品目のパスタは、ジャガイモのニョッキを生地にしたラビオリ。 中には燻製風味のリコッタチーズを包んであります。 ジャガイモの自家製チップスが添えられています。

DSC05284_2018-08-20DSC05284_2018-08-21DSC05284_2018-08-22DSC05284_2018-08-23DSC05284_2018-08-24DSC05284_2018-08-25DSC05284_2018-08-26

尾崎牛 肩ロースのロースト

宮崎県の尾崎牛、肩ロースのロースト。 ソースは、赤ワインのフォンドボーソース。 つけあわせにインカの目覚めジャガイモのニョッキ、それにビーツと玉ねぎのローストも添えられています。 これはもちろん特別製の「大盛り」です。

DSC05284_2018-08-27DSC05284_2018-08-28DSC05284_2018-08-29DSC05284_2018-08-30

メロンのスープ

北イタリア、マントバ産メロンを冷たいスープにしたもの。 メロンの果肉とタピオカ、シチリア産の塩で作ったミルクジェラート。 上の泡(エスプーマ)は葡萄ジュースで作った泡。

DSC05284_2018-08-31DSC05284_2018-08-32DSC05284_2018-08-33

北のエスプレッソ・ドッピオとお茶菓子

まずは北のエスプレッソをドッピオでお茶菓子をいただきました。 この日はうれしいことに、奥の個室からカウンターまで全席満席の大盛況! 開店2年目にしてようやく多少知れ渡ってきたようです。時間があったので、後からさらに南のエスプレッソもドッピオでいただきました。

DSC05284_2018-08-34DSC05284_2018-08-35DSC05284_2018-08-36DSC05284_2018-08-37

コメント

Since 2018年5月4日