パラティーノの丘とフォロ・ロマーノ@ローマ@2018年4月

DSC03571_2018-04-13DSC03540_2018-04-13

モザンビーク発ワンワールド・エクスプロアラー4大陸ファーストクラスチケット(AONE4)を使った昨年4月のローマ旅行。 次なる観光地は、パラティーノの丘とフォロ・ロマーノ。 ローマ時代の政治の中心地ですね。 日本には古い固有の文字がなかったためこの時代の記録が残っていないのが残念ですが、中国にしろローマにしろ紀元前からの歴史が、文字記録も遺跡もしっかり残っているというのは凄いです。

サンタ・マリア・マッジョーレ大聖堂

I LOVE ROMAバスルートの最初のバス停は、ここサンタ・マリア・マッジョーレ大聖堂ですが、興味がないのでバスからは降りずに外側から見るだけ。

2018-04roma-map3DSC03497_2018-04-13DSC03498_2018-04-13DSC03499_2018-04-13

パラティーノの丘

2番目のバス停であるコロッセオのバス停で降りて少し先へ歩くと、入り口があります。 そこから丘へ登ります。

2018-04roma-map4

クラウディア水道

古代ローマの水道の一つ。

DSC03500_2018-04-13DSC03501_2018-04-13DSC03502_2018-04-13

スタジアム

庭園? 競技場?

DSC03503_2018-04-13DSC03504_2018-04-13DSC03505_2018-04-13

各種宮殿遺跡

いろいろな時期に建てられた宮殿の遺跡がいくつか残っています。 大雑把にいうとパラティーノの丘は皇帝たちの宮殿があるところで、丘の下のフォロロマーノが政治を行う場所でしょうか。

DSC03506_2018-04-13DSC03507_2018-04-13DSC03508_2018-04-13DSC03509_2018-04-13DSC03510_2018-04-13DSC03511_2018-04-13DSC03512_2018-04-13DSC03513_2018-04-13DSC03514_2018-04-13DSC03515_2018-04-13DSC03516_2018-04-13DSC03517_2018-04-13DSC03518_2018-04-13DSC03519_2018-04-13DSC03520_2018-04-13DSC03521_2018-04-13DSC03522_2018-04-13DSC03523_2018-04-13DSC03524_2018-04-13DSC03525_2018-04-13DSC03526_2018-04-13DSC03528_2018-04-13DSC03529_2018-04-13

丘の上からみるフォロ・ロマーノ

パラティーノの丘の北端から下のフォロ・ロマーノのエリアを見渡したところ。

DSC03537_2018-04-13DSC03538_2018-04-13DSC03539_2018-04-13DSC03540_2018-04-13DSC03541_2018-04-13DSC03542_2018-04-13

The Theater of the Great Fountain

降りて行く途中にこんなところがありましたが、これはかなり後になってから作られたものらしい。

DSC03543_2018-04-13DSC03544_2018-04-13DSC03545_2018-04-13

フォロ・ロマーノの遠景

DSC03546_2018-04-13DSC03547_2018-04-13DSC03548_2018-04-13DSC03549_2018-04-13DSC03550_2018-04-13

ロムルスの神殿

DSC03551_2018-04-13DSC03552_2018-04-13

アントニヌス・ピウスとファウスティナ神殿

DSC03553_2018-04-13DSC03554_2018-04-13DSC03555_2018-04-13

ウェスタ神殿

DSC03556_2018-04-13DSC03557_2018-04-13

バシリカ・ユリア

DSC03558_2018-04-13DSC03559_2018-04-13DSC03560_2018-04-13

サートゥルヌス神殿

DSC03561_2018-04-13DSC03562_2018-04-13

Portico of the harmonious gods

DSC03563_2018-04-13DSC03564_2018-04-13

ウェスパシアヌス神殿

DSC03565_2018-04-13DSC03566_2018-04-13

ティトゥスの凱旋門

DSC03567_2018-04-13DSC03568_2018-04-13DSC03569_2018-04-13DSC03570_2018-04-13DSC03571_2018-04-13

マクセンティウスのバシリカ

DSC03572_2018-04-13DSC03573_2018-04-13DSC03574_2018-04-13
ま、いろいろな遺跡を見て回って疲れましたが、要はパラティーノの丘とフォロ・ロマーノ、コロッセオなどの位置関係が分かれば十分でしょう。

シーザー(カエサル)の暗殺場所と日時

ちなみにカエサルが暗殺された場所が気になりますが、ここパラティーノの丘/フォロ・ロマーノではなく少し西寄りの「トッレ・アルジェンティーナ広場」らしいです。 割合最近(この10年以内に)確定されたみたいです。 もっともカエサルはその後、ここフォロ・ロマーノ内で火葬されました。 この頃はまだキリスト教が公認されておらず、火葬が普通だったようです。

2019-02-24

カエサルの暗殺日3月15日

紀元前44年3月15日に暗殺されたカエサル。 もっとも当時の暦はまさにカエサル自身が採用したユリウス暦だったでしょうから、現在の暦法とは同じ太陽暦でも違っていはずです。 したがって日にちは若干違っているのかもしれませんが、現在の暦法でいうと3月15日ということなのでしょう。

3月15日に気をつけよ。Beware the ides of March.

シェイクスピアのこのセリフにより3月15日は欧米世界では有名なようですが、日本ではほとんど無名。 むしろ私なんかにとっては、確定申告の申告期限日なので、そちらの方でまさに「3月15日に気をつけよ。Beware the ides of March.」ということになります。

51NYqwRcbPL2019-02-24 (1)

コメント

Since 2018年5月4日