ついに2枚目のSEZ発AONE4をギブアップ!

2019-10-6-1012
フィンランドの旅行代理店で発券して昨年7月にスタートした禁断のセイシェル発ワンワールド・エクスプロアラー4大陸ファーストクラスチケットAONE4ですが、この新型コロナの状況でついにギブアップすることにしました。
すでに飛んだ区間は、SEZ-xLHR-xLAX-oYVR-xJFK-oNRT-oCOM-oNRTの7区間。 一方、残されていた区間は、NRT-oBKK-oHND-xLHR-xDOH-oCDG-xDOH-xLHR-JNBの8区間。

バンコク往復

このうちBKK往復は11月上旬に予約が入っていましたが、往路はJLからキャンセルになったとのこと。
もっともこの時期ビジネス目的でもないのに、バンコクまで行く気にもなれません。
一時は同日リターンも検討してみましたが、それもいろいろとクリアーすべき課題が多くあきらめました。

ロンドン、ドーハ経由パリ、ロンドン経由ヨハネスブルグ

後の区間は12月上旬に予約を入れてはありましたが、現状ではとても飛ぶ気がしませんし、飛べもしないでしょう。
そのため唯一の方法は、再度予約を変更してもらって、来年まで延期すること。

スリランカ航空

しかし今回はプレートキャリアであるスリランカ航空が、とてもかたくなでした。 Global Contact Centerに3回ほど長時間電話(といっても私の方からはSkypeですが)をかけて交渉しましたが、再度の予約変更には応じてもらえませんでした。
このチケットはもう有効期限切れだから、これ以上は予約の変更も有効期限の延長もできない、の1点張り。
A氏からの情報によると、アメリカン航空は来年末までチケットの有効期限を延長してくれるらしいですが、スリランカ航空はすでに倒産の危機にあるのでしょう。 とてもアメリカン航空とは比べられません。

結局半分以下しか使わず

残り8区間ですが、このチケット、すでに書いたような事情で15区間で発券したため、実際に使用した区間は7区間です。 半分以下しか使っていません。
幸いなことにこれは「禁断のセイシェル発券」チケットであったため、通常の半額以下、ほとんど3分の1くらいの料金でしたから、まあ半分しか使えなくてもトントンくらいの感じでしょうか。
いや、このチケットの制約を考えると、なんだかかえって損をしたような気分でもありますが、まあそこは致し方ありません。
そのくらいの覚悟がないと、リスキーなチケットを使うことなんかできません。

来年はどうか?

来年前半はまだまだ厳しそうですね。 後半になれば飛ぶことはできるかもしれませんが、仕事で飛ぶわけではない私としては、まだその気になれるかどうか?
こんな状態ではファーストクラスで飛んでも何にもご利益はありませんね。 お金をドブに捨てるようなものかも。

南アフリカ「ランド」

一方で為替の方は、南アフリカ「ランド」/円が一時6を切っていましたから、ヨハネスブルグ発券の妙味がありましたが、新型コロナウイルスの状況を考えるととても買う気にはなりません。
今買って、1年先にダミーの予約を入れておき、近くなったら第1区間だけをそのままにして残りを予約変更すれば、今から2年先くらいまで使えはしますが、不確定要因が多すぎてそれはそれでリスキー。

ファーストクラス区間がさらに少なく

今回旅程を検討しているときに気がついたのですが、LHR-xDOH-oCDG往復をカタール航空QRのファーストクラスで何回か飛んでいましたが、現在QRはファーストクラスを飛ばしていないようです。
以前から各社ともファーストクラスの区間が少なくなってきていましたが、新型コロナの影響でさらに追い打ちがかけられているようです。
もっともファーストクラスがあったとしても、お互いマスクをして下手をするとフェースシールドまで装着した状態で食事をサーブされても、ファーストクラスサービスとはいえないでしょう。

しばらく様子見か?

私の場合、このAONE4をあきらめると、国際線も国内線も当面すべての予約がなくなります。 こんなことは数十年ぶりのことです!
しかし現状ではしばらくこのまま様子見をするのが一番良いように思います。 無理をしてどこかへ行ったところで、たぶんあまり楽しくはないのではないかと思います。
それに私は国内旅行なんかにはあまり興味がありませんから、わざわざ国内旅行に出かけようとも思いません。

このブログは継続

ただしこのブログは、ようやく昨年8月のスリランカ旅行が終わったところですから、この機会にまだ積み残してある旅行記事をすべてアップロードするまでは、少し公開頻度を減らすかもしれませんが、続けていこうと思っています。

コメント

  1. alpine より:

    alpineと申します。
    ハラハラしながら読ませていただいておりましたrasputin様のAONE4ですが、ついにギブアップとのこと。なんとも残念なことです。
    このブログに触発されて、わたしもONEWORLDのRTWを検討していたのですが、当分ペンディングですね。
    また自由に世界中を飛び回れる日が早く来ることをお祈り申し上げる次第です。

    • rasputinrasputin より:

      alpineさま、コメントありがとうございます。
      昨年はロンドンからの往復チケットについてアドバイスをいただきありがとうございました。
      すでに書きました通り、あの片道も結局使うことなくリファンドになってしまいました。
      でもまあリファンドできただけまだマシです。
      今回のAONE4は、スリランカ航空は発券代理店でリファンドしろと言いますが、それは事実上不可能。 しかも世界一周券の場合は仮にリファンドできたとしても、半分も使用していたらリファンドなどすぐにゼロ金額になってしまいます。
      本当に残念なことに、まだしばらくは自由に飛び回るのは無理ですね。 来年だって怪しいものです。
      しばらくは雌伏して旅費でも貯金しておきましょう!

Since 2018年5月4日