スポンサーリンク
スポンサーリンク

食蘭会@琥珀宮、パレスホテル@2021年7月

スポンサーリンク
スポンサーリンク

DSC01313_2021-07-21DSC01316_2021-07-21

昨年7月、皇居に近いパレスホテルに入っている中華料理店「琥珀宮」での食蘭会のランチ会食です。 主な目的はここの北京ダックです。 例の富麗華と同じ系列

スポンサーリンク

メニュー

こちらがメニュー。

2021-07琥珀宮
今回はU嬢、M嬢に加えて若いY君にも参加してもらいました。 合計4人でテーブルを囲みます。

飲み物はプーアル茶

DSC01302_2021-07-21DSC01303_2021-07-21DSC01304_2021-07-21DSC01305_2021-07-21

前菜盛り合わせ

蒸し豚、クラゲ、豚バラチャーシュー、大豆甘煮

DSC01306_2021-07-21DSC01307_2021-07-21DSC01308_2021-07-21

アオリイカと空心菜の蝦醤炒め

DSC01309_2021-07-21DSC01310_2021-07-21DSC01311_2021-07-21

北京ダック

通常のコースでは一人一切れですが、一人二切れずつに増量してもらっています。

DSC01312_2021-07-21DSC01313_2021-07-21DSC01314_2021-07-21DSC01315_2021-07-21DSC01316_2021-07-21DSC01327_2021-07-21DSC01328_2021-07-21DSC01329_2021-07-21DSC01330_2021-07-21

スープ

フカヒレと海鮮、冬瓜の上湯蒸しスープ

DSC01317_2021-07-21DSC01318_2021-07-21DSC01319_2021-07-21

点心三種

春菊と白身魚の点心、韮饅頭、豚肉焼売

DSC01320_2021-07-21DSC01321_2021-07-21DSC01322_2021-07-21DSC01323_2021-07-21

牛リブロースと苦瓜の炒め クミンの香り

DSC01324_2021-07-21DSC01325_2021-07-21DSC01326_2021-07-21

鶏肉ととうもろこしのチャーハン

DSC01331_2021-07-21DSC01332_2021-07-21DSC01333_2021-07-21

デザート

真ん中がチョコで両側がプリン。

DSC01334_2021-07-21DSC01335_2021-07-21DSC01336_2021-07-21

素晴らしい北京ダック

さすがに北京ダックは素晴らしい! 他の料理もそれぞれちゃんとしています。 さすがは高級ホテルの中に入っている中華料理屋です。
ただしその分、いいお値段にはなってしまいます。 今回だと北京ダックを増量していることもあって、一人1万5000円程度でしょうか。 でもその価値はあると思います。

コメント