旅行:世界一周

旅行:世界一周

禁断のセイシェル発券:2019年用AONE4その2枚目=53万1005円

2019年用のワンワールド・エクスプロアラー・ファーストクラス4大陸世界一周券AONE4、禁断のセイシェル発券2枚目です。 現時点で書ける内容を備忘録として記録しておきます。
旅行:世界一周

禁断のセイシェル発券:2019年用のAONE4その1枚目=63万9692円

旅程全体16区間のうちすでに12区間、すなわち4分の3を飛んでしまった2019年用のワンワールド・エクスプロアラー・ファーストクラス4大陸世界一周券AONE4その1枚目ですが、どんどん記憶が薄れていくのでここらで現時点で書ける内容を備忘録として記録しておきます。 もっと詳しい内情については、2020年7月以降には書けるようになると思います。
ホテル

アマギ アリア (Amagi Aria)ホテル@ネゴンボ

昨年のモザンビークの首都・マプト発ワンワールド・エクスプロアラー・4大陸ファーストクラス世界一周券AONE4の続きのアジア区間でスリランカ旅行をしてみました。 私は初めてのスリランカ。 今回まずは内陸部の世界遺産などをまとめて回ってしまおうという計画で、事前に現地の日系旅行代理店に依頼して、私一人のために車をチャーターしホテルも全部予約してもらいました。 一種の大名旅行、これぞまさにファーストクラスの旅です。 とても快適でした。 まずは到着直後に空港近くのネゴンボで宿泊したホテルの話。
旅行:世界一周

JFK-NRT JLファーストクラス@2018年7月

モザンビークの首都マプト発ワンワールド・エクスプロアラー・ファーストクラス世界一周券AONE4を使った昨年7月の世界一周旅行。 この時の後半戦のパリから成田までの8区間はどこの都市にもストップオーバーしていません。 どこにもストップオーバーせず、ホテルにも泊まらずに基本的に飛行機内と空港内で過ごしながら長く飛ぶことを私は個人的に「最長不倒距離・時間・記録」などと呼んでいますが、この時のCDG-xDOH-xLHR-xDOH-xLAX-xDFW-xYVR-xJFK-NRTは、計算してみるとトータル111.7時間(丸4日と15時間40分)になり、何と私自身の最長不倒記録を更新してしまいました!
旅行:世界一周

明日からコロンボ@スリランカで夏休み

チケットは、セイシェル発ワンワールド・エクスプロアラー・ファーストクラス世界一周券AONE4 1枚目の続き。 すでに書きました通りこれは今年5月8日の時点ですでに「禁断の」ではなく「通常の」AONE4と同じ扱いになっています。 したがって今回のスリランカ旅行も夏休みのこの時期の日程に変更してあり、この後のバンコク往復も来年1月末に、最後のヨハネスブルグ行も来年2月に繰り延べてあります。 このチケットで1週間の夏休みをスリランカの首都コロンボで過ごそうという次第。
旅行:世界一周

DOH-LAX QRビジネスクラス@2018年7月

モザンビークの首都マプト発ワンワールド・エクスプロアラー・ファーストクラス4大陸世界一周券AONE4を使った昨年7月のパリ旅行と引き続く世界一周旅行。 ドーハからロンドン同日リターンを行った後、ドーハのスリーピング・ルームでトランジット後、カタール航空ビジネスクラスでロサンジェルスまで飛びます。 この区間16時間ものフライト時間があるのに、ファーストクラスがない2クラス制なのがとても残念です。 その上この頃はまだこの路線にQスイートのビジネスクラス機材が搭載されていない頃でした。
旅行:世界一周

LHR-DOH QRファーストクラス@2018年7月

モザンビークの首都マプト発ワンワールド・エクスプロアラーファーストクラス4大陸世界一周券AONE4を使った昨年のパリ旅行とその後の世界一周。 帰路にワンワールド・エクスプロアラーに許されたヨーロッパ内4区間をカタール航空のファーストクラス4区間で消費するため、ドーハからロンドンまで用もないのに同日リターンをしました。
旅行:世界一周

逆転大勝利!@禁断のセイシェル発AONE4、2枚目

セイシェル発AONE4、2枚目を使った今年2回目の世界一周旅行から帰国後、残された時間は3日弱。 その間いろいろ手を尽くしてこのAONE4の日程変更を試みました。 そしてタイムリミットのほぼ24時間くらい前に何と逆転大勝利となりました!
旅行:世界一周

DOH-LHR QRファーストクラス@2018年7月

モザンビークの首都マプト発ワンワールド・エクスプロアラーファーストクラス4大陸世界一周券(AONE4)を使った昨年7月の世界一周旅行。 ワンワールド・エクスプロアラーのヨーロッパ大陸内4区間のうち3区間目。 用もないのにドーハからロンドン同日往復を行います。
旅行:世界一周

今年2回目のファーストクラス世界一周から無事帰国

昨日夕方、今年2回目のファーストクラス世界一周から無事帰国しました。 エミレーツ航空ファーストクラスのドバイ経由でセイシェルへ入りましたが、さすがにエミレーツ航空のハードウェアーはなかなかのものでした。 しかしソフトウェアーの方はまずまずだったものの、機内食ははっきりいって水準以下。 カタール航空と大差はありません。 それ以上に困ったのはドバイのラウンジ。 これは酷すぎです。 この点だけはカタール航空の圧勝でした。 2枚目のAONE4のスタートについては、セイシェルでのチェックインに20分以上かかったことを除けば問題なし。 無事に5区間を乗って東京に戻っています。 でもこのチケットに関してはこれからが正念場ではあります。
旅行:世界一周

今年2回目のファーストクラス世界一周に出発!

今年2枚目のセイシェル発AONE4(ワンワールド・エクスプロアラー・ファーストクラス4大陸世界一周券)をスタートするためにセイシェルまで行ってきます。 はい、今年2回目のセイシェルです。 セイシェルで2泊した後は、首尾良く行けばいつもの通りロンドン-ロサンジェルスーバンクーバー(1泊)-ニューヨークー成田と回って世界一周して帰国する予定です。
旅行:世界一周

CDG-DOH QRファーストクラス@2018年7月

モザンビーク、マプト発AONE4を利用した昨年7月のパリ旅行。 パリを出発した後は、西回りで世界一周して帰国することになります。 CDG-xDOH-xLHR-xDOH-xLAX-xDFW-xYVR-xJFK-oNRT の合計8区間(うちファーストクラス5区間、ビジネスクラス3区間)、トータル111.7時間(丸4日と15時間40分)はさすがに疲れました。 パリでの滞在時間よりも長い時間、ほとんどを機内または制限区域内のラウンジで過ごしたことになります。 はっきり言ってもう病気です。
旅行:世界一周

週末に無事帰国:新しいSIMカード FLEXIROAM X

無事に世界一周を終えて週末に帰国しました。 今回は予想通り乗り継ぎなどフライト面では何の問題もありませんでした。 しかしまた海外で風邪を引いてしまいました。 バンクーバー到着時がのどの痛みが一番強く、しかし幸いなことにその後は小康状態で、外に食事に出るのには問題ありませんでした。 その後帰路便では多少咳が出ましたが、機内で他にも咳をしている乗客が何人かいて、ああ結構風邪が流行っているんだなと思いました。 そんなわけで今回は初めて試してみたSIMカードのことについて書いてみます。
旅行:世界一周

AONE4を継続するため逆回りでバンクーバーへ、そして世界一周

セイシェル発ワンワールド・エクスプロアラー・ファーストクラス4大陸世界一周券(AONE4)を途中で中断して東京へ戻っていましたが、今週末からロンドンへ飛んでAONE4を継続します。 ポジショニング・フライトの件ではお騒がせしてしまいましたが、すでに書きました通り何とかJLファーストクラス特典をゲットできましたので、それを使うことにしました。 東京-ロンドンと飛んでロンドンで2泊、さらにロンドン-ロサンジェルス-ダラス・フォートワース-バンクーバーと飛んでバンクーバーで2泊。 その後ニューヨーク-成田と飛んで帰国するため、結果的に世界一周することになります。
旅行:世界一周

4月のポジショニング・フライトの後始末

セイシェル発ワンワールド・エクスプロアラー・ファーストクラス4大陸世界一周券(AONE4)を途中で中断して東京へ戻っていましたが、東京へ戻る際にカタール航空便のダイバートによる遅延のために、もともとポジショニング・フライトとして用意しておいたブリティッシュ・エアウェイズBritish Airwaysのファーストクラス往復チケットにロンドンで乗り継げなかったことはすでに書きました。 その際、緊急避難的に予約クラスB、座席クラスエコノミーのロンドン発東京往復のチケットを急遽ロンドンで購入して帰国したわけです。 で、今月はそのポジショニング・フライトの復路でロンドンへ戻る予定なのですが.....
旅行:世界一周

CDGでQRからJLへ別切りチケットで乗り継ぎ@2018年4月

昨年4月にモザンビークの首都マプトからスタートしたワンワールド・エクスプロアラー・ファーストクラス4大陸世界一周券AONE4。 MPM-xDOH-oCDG と飛んだところで、一旦日本に戻ります。 日本に戻るためのポジショニング・フライトのチケットはJLのファーストクラス特典航空券で、当然ですが別切り(異なるPNR)のチケットになります。
旅行:世界一周

DOH-CDG QRファーストクラス@2018年4月

昨年モザンビークの首都マプトを出発したワンワールド・エクスプロアラーファーストクラス世界一周券AONE4の続きです。 ドーハ空港のクワイエットルームに1泊して翌朝パリ行きのフライトに乗ります。
旅行:世界一周

MPM-DOH QRビジネスクラス@2018年4月

昨年4月にスタートしたモザンビークの首都マプト発AONE4の最初の区間。 このフライトに乗り継ぐまでには、別切りチケットでのマプトでの実質的トランジットという関門がありました。 つまりUAのマイルを使った南アフリカ航空特典航空券でJNB-MPMと飛び、MPMには午前中に到着。 その日の午後にはこのカタール航空MPM-DOH便に乗り継ぐという次第。
旅行:世界一周

想定外のダイバートでロンドンでの乗り継ぎ失敗!

禁断のセイシェル発AONE4を継続して、昨日朝、無事に帰国しました。 しかし東京へのポジショニングフライトへの乗り継ぎで大問題が発生して、6区間すべてファーストクラスという当初の計画は脆くも崩壊してしまいました。 もともと今回の旅程で一番の難所であった DOH-xLHR-NRT の乗り継ぎですが、DOH-xLHR@QR3便で想定外の事件が発生してしまいました。 ちょうど旅程の真ん中あたりで急病人が発生して、フライトが何とブダペスト空港にダイバートされてしまったのです。 この時点で乗り継ぎはもう無理だと諦められたので、ブダペスト空港駐機中に何とか対応策を電話することができたのが、せめてもの幸いでした。 詳しくは本文で。
旅行:世界一周

2018年用AONE4オリジナルプラン:ex-MPM(マプト発)

これは番外編です。 この後のブログでは2018年のモザンビークの首都マプト発AONE4の記録が始まりますが、こちらにはまだ2018年用のAONE4について書いていませんでしたので、ここに記録しておきます。 オリジナルの全旅程は、MPM-xDOH-oCDG-xDOH-xLHR-xDFW-xANC-xDFW-xYVR-xJFK-oNRT-oCGK-oNRT-oBKK-oHND-xLHR-JNB です。 なおここに記載された料金などは当時の料金ですのでご注意ください。
Since 2018年5月4日