スポンサーリンク

来年の息継ぎ用British Airwaysファーストクラス特典チケットをまず確保

スポンサーリンク
スポンサーリンク

2018-08-21 (1)

そろそろ来年用の世界一周券チケットの検討を始めています。 先日も少し書きましたが、純粋に料金だけをみるとファーストクラスあるいはビジネスクラスのワンワールド・エクスプロアラーの場合、現状では灯台もと暗し、東京発が一番リーズナブルで発券しやすいように思います。 しかし世界一周券オタクは決して日本発などは選びません。 かくいう私もやはり来年もアフリカ発を検討しています。

スポンサーリンク

2019年用JNB発AONE4案

現在検討しているのは、下記のような旅程。 まあ毎度あまり変わり映えのしない旅程で恐縮ですが….

JNB-xDOH-oCDG-xDOH-oLHR-xLAX-xDFW-oYVR-xJFK-oNRT-oCMB-oNRT-oBKK-oHND-xLHR-xDOH-MPM
58,234 mi

料金は17万3000ZAR。 日本円ベースの金額は為替レートによりますが、トルコ危機前に提示された金額は日本円で147万0600円。 トルコ危機最中の先日でもざっと131万5500円! 高い!
これに空港税、燃油サーチャージなどが加わると、ゆうに150万円は超してしまいます。 確かに高いけど、私などあと何年生きられるかわからないし、お金を抱えてあの世に持って行くわけにはいきませんから、どうせならパーっと使ってしまいましょう、というほとんど自棄のような気分。

息継ぎ用ポジショニングフライト

世界一周券を発券するにあたって、私が一番注意して気にしているのが、息継ぎ用の航空券。 つまり世界一周券を途中で中断して、一旦日本に戻って、その後再度世界一周券に接続するためのポジショニングフライトチケット。 私はほとんどの場合、特典航空券を使っています。 それも現在であればメインで使っているJLの特典航空券。 ポジショニングフライトを確保できないと世界一周の旅程に重大な綻びが生じます。

特典航空券が取りづらい

マイレージを使って取得する無料の特典航空券ですが、取得に必要なマイルが徐々に上がってきているにもかかわらずこのところ以前にもまして取りにくくなっています。 ちょっと前まではNHの特典が取りにくかったように思いますが、最近はJLも同じような状況。 特にビジネスクラス、ファーストクラスの特典航空券がきわめて取りにくい。

先に息継ぎ用特典航空券を手配

というわけで、まだ本体の世界一周券を手配してもいないのに、今年はあらかじめ息継ぎ用の特典航空券を手配するという、本末転倒な事態になってしまいました。 今年秋には必要マイルが値上がりするらしいので、その影響もあるかもしれません。

パリで世界一周券を中断?

今年はパリで息継ぎ帰国をしました。 この時はJLのファーストクラス特典を、世界一周券発券後に比較的簡単に希望の日程で取れたのですが、来年の特典空き状況を見てみたら、私の希望通りの日程では全く特典が確保できません。

エールフランスはファースト特典不可!?

JLのマイルを使ってエールフランスの特典航空券も発券できますので聞いてみたら、何と取得できるのはビジネスクラスまでで、ファーストクラス特典はマイルでは取得できない!とのこと。 うーむ、エールフランスのビジネスクラスねえ….. というわけでパリでの息継ぎを諦めます。

やはりロンドンの方がまだマシか

というわけで息継ぎ空港をロンドンLHRに変更して検討してみました。 するとこれまたJL特典ファーストクラスだとなかなか希望の日程がとれません。 ファーストクラスも取りにくいですが、ビジネスクラスなんかさらに取りにくそう。 ビジネスクラスだとマイルが少なくて済むから競争が激しいのでしょうか。 とりあえずビジネスクラス特典を確保しておいて、旅行が近くなってファーストクラスに空きができたらファーストクラスに変更しようとも考えましたがそれも難しそうです。

LHRからだと選択肢が増える

一番大きな要素は、ロンドンはブリティッシュ・エアウェイズBritish Airwaysの本拠地なので、JL便に加えてBA便の特典航空券も期待できます。 それにうまくいけば(ほとんどダメですが)、CX(キャセイパシフィック航空)とかEK(エミレーツ航空)などの乗り継ぎでのファーストクラス特典も可能性がないわけではありません。 でも実際には今回は希望の日程ではCXもEKも全然ダメでしたが。

British Airwaysの特典で

仕方ないのでブリティッシュ・エアウェイズBritish Airways便にあたってみます。 息継ぎチケットは特典航空券ですので、どうせフライトの実績にはなりません。 何もJLに拘る必要はありません。 ファースト14席詰め込み放題のブリティッシュ・エアウェイズBritish Airwaysでもまあいいか、てなわけでそちらを検討。 これもなかなか厳しかったですが、何とか希望の日程に近いあたりで妥協。 とりあえずブリティッシュ・エアウェイズBritish Airwaysのファーストクラス特典を確保しました。

2018-08-21 (1)2018-08-21 (2)

来年の世界一周券のイメージ

上にも書きました通り

JNB-xDOH-oCDG-xDOH-oLHR

と飛んで、LHRで一時帰国。
その後

oLHR-xLAX-xDFW-oYVR-xJFK-oNRT

と飛んで、来年はバンクーバーYVRで何泊かしましょう。
本当は途中でももう一回くらい息継ぎを入れたいところなのですが、特典航空券の手配が非常に大変で諦めました。
残り区間は、東京を起点にするので、息継ぎ不要。

oNRT-oCMB-oNRT-oBKK-oHND-xLHR-xDOH-MPM

昨年のMPM発AONE4の最後の2レグ

HND-LHR@JL043@1A
LHR-JNB@BA055@1K

この2区間を4月中旬に飛び、JNBへ戻ります。
JNBには用事がないので、すぐにそのまま新しい2019年用のAONE4をスタート。

来年4月に2019年用AONE4スタート

JNBには朝到着。 この時点で2018年用AONE4が完了。 すぐに同日午後便で

JNB-xDOH

と飛んで、2019年用のAONE4をスタートします。
でもこの便、なぜかワンワールド・エクスプロアラーのオンラインツールでは表示されません。 バグでしょうか。
このフライトはDOHに夜中に到着。 望むらくはDOHのファーストクラス・ラウンジ=アルサファ・ラウンジのクワイエットルームを6時間使わせてもらえるとありがたい。

翌朝 DOH-oCDGと飛んで、パリで3泊。 今年行けなかったところをもう少し観光。

xDOH-oCDG

その後2019年度用AONE4を下記の通りLHRまで飛んで

oCDG-xDOH-oLHR

上に書きましたようにLHRでブリティッシュ・エアウェイズBritish Airwaysの特典航空券ファーストクラスで息継ぎ帰国します。

British Airwaysファーストクラス特典航空券

必要なJLマイルは往復で13万5000マイルと、今となっては比較的割安。 JL便だと今や16万マイル必要です。 ただし今年11月になると、British Airwaysの特典必要マイルも値上げになるようで、たぶんJLと同じ16万マイルになってしまいそうです。 実体経済よりも一足先にマイレージの方はインフレ状態が進行していきます。

2018-08-21

税金及び燃油サーチャージが高い!

昨今の原油高のせいで燃油サーチャージが高く、ロンドンの高い税金とあいまって、合計金額は何と7万9540円! これじゃ下手をするとこれだけでエコノミークラスのチケットくらい買えそうな勢いです。 まあ今どきこんな旅行をしようと思うと散財せざるをえないというわけでしょう。 まあ致し方ありません。

2018-08-21 (3)

コメント

Since 2018年5月4日