リストランテ・ドナティDONATI@ローマ@2018年4月

DSC03480_2018-04-13DSC03477_2018-04-13
モザンビークの首都マプト発AONE4を使った昨年4月のローマ旅行。 テルミニに近いところに宿泊したので、歩いていける範囲で適当なレストランで食事をしました。 まずはここリストランテ・ドナティDONATI。

メニュー

メニューを見てみると23EURのプリフィックスメニューみたいなセットがあったので安易にそれにしてみました。

DSC03466_2018-04-13DSC03467_2018-04-13DSC03468_2018-04-13DSC03469_2018-04-13DSC03470_2018-04-13DSC03471_2018-04-13

赤ワイン

飲み物は赤ワイン1杯だけ。 それにミネラルウォーター。

DSC03472_2018-04-13DSC03473_2018-04-13

ブルスケッタ

まずはガーリックブレッドにトマトが載ったブルスケッタが出てきます。

DSC03474_2018-04-13DSC03475_2018-04-13DSC03476_2018-04-13

カルボナーラ

パスタは選択肢の中からカルボナーラを選びました。 よく本場ローマのカルボナーラは生クリームを使わないなんていいますが、確かにあまり生クリームっぽくはありません。 でも卵が若干炒り卵状態になっていないか?! これなら生クリームを使って自分で作った方が美味しいかもね。 ま、カルボナーラなんてごく最近の発明品でほとんどアメリカンな邪道だからいいけどね。

DSC03477_2018-04-13DSC03478_2018-04-13DSC03479_2018-04-13

オックステールのトマトソース煮込み

トリッパにもそそられましたが、メインは結局「CODA ALLA VACCINARA」=オックステールのトマトソース煮込みを選びました。 ローマ伝統の料理と言われるだけあってこれはしっかり骨付きでまずまずのお味でした。

DSC03480_2018-04-13DSC03481_2018-04-13DSC03484_2018-04-13

ベイクト・ポテト

ベイクト・ポテトが別皿で添えられます。焦げ目が香ばしくて美味しい。

DSC03482_2018-04-13DSC03483_2018-04-13

デザート

出来合いのハウスケーキが出てきて終わり。

DSC03485_2018-04-13DSC03486_2018-04-13

エスプレッソ・ドッピオ

レシートをみるとエスプレッソなんて書いていないんですね。 イタリアではコーヒーといえばエスプレッソに決まっているから「CAFFE DOPPIO」となっています。 勉強になります。 それにしてもドッピオとはいえ盛りが悪いなあ。

DSC03487_2018-04-13DSC03488_2018-04-13DSC03489_2018-04-13

32.6EUR=4425円

お勘定はJAL-AMEXカード支払いで32.6EUR=4425円でした。 結構いい値段ですが、まあこんなところかな。 街角のごく普通の庶民的なレストランでした。

2018-04roma-ristorante-donati12018-04roma-ristorante-donati2DSC03617_2018-04-13DSC03618_2018-04-13

コメント

Since 2018年5月4日