四川豆花飯荘@2020年02月

DSC02192_2020-02-03DSC02205_2020-02-03
定点観測地点の一つ、新丸ビルにある四川豆花飯荘での1人ランチです。
1月中に一度行きたかったのですが、井上シェフとの都合が合わず、バンコク旅行後の2月にずれ込んでしまいました。

メニュー

例によって井上シェフにお任せです。

2020-02-03四川豆花飯荘menu

前菜六種盛り

よだれ鳥、塩水海老はいつもの通り。 ホタテ貝柱とサーモンのマリネ。 クラゲ、チャーシュー、カブ大根甘酢漬けなど。

DSC02186_2020-02-03DSC02187_2020-02-03DSC02188_2020-02-03DSC02189_2020-02-03DSC02190_2020-02-032020-02-03四川豆花飯荘menu1

寿フカヒレの姿煮

ただのフカヒレ姿煮に見えますが、よくみるとフカヒレに「寿」の文字が刻印?焼印?されています。 多分焼印なんでしょうね。
もちろん味もよい。

DSC02191_2020-02-03DSC02192_2020-02-03DSC02193_2020-02-03DSC02194_2020-02-032020-02-03四川豆花飯荘menu2

唐辛子と真鯛の炒め


辣子鶏の真鯛バージョン
ですね。 美味しい。
ちなみにこの唐辛子はあまり辛くないものだったので、全部食べてしまいました。 もちろん通常の辣子鶏の場合、唐辛子は基本的に香り付けなので一部しか食べません。 中国人の友人と食べているときに彼らですら唐辛子を全部は食べないと言っていましたから。

DSC02195_2020-02-03DSC02196_2020-02-03DSC02197_2020-02-03DSC02198_2020-02-03DSC02199_2020-02-032020-02-03四川豆花飯荘menu3

伊勢海老と季節野菜の炒め物

百合根、カリフラワー、紅唇大根、菜の花、人参などと一緒に炒められていますが、伊勢海老自体は食べやすいように取り外してあります。 もちろん美味しい。

DSC02200_2020-02-03DSC02201_2020-02-03DSC02202_2020-02-03DSC02203_2020-02-03DSC02204_2020-02-03DSC02205_2020-02-032020-02-03四川豆花飯荘menu4

春筍の強火炒め

春筍を搾菜や桜海老で炒めた物。 美味しい。

DSC02206_2020-02-03DSC02207_2020-02-03DSC02208_2020-02-03DSC02209_2020-02-032020-02-03四川豆花飯荘menu5

黒毛和牛のステーキ XO醤ソース

メインはこちら。 和牛にXO醤ソースが合います

DSC02210_2020-02-03DSC02211_2020-02-03DSC02212_2020-02-03DSC02213_2020-02-032020-02-03四川豆花飯荘menu6

自家製ちまき

食事は粽子です。 私は大好物です。 中国本土によく行っていた頃は、朝、道端に出ている屋台でよく粽を買って食べていました。 当時はまだ現金オンリーでしたが、今ならアリペイかウィーチャットペイで支払えそうです。

DSC02214_2020-02-03DSC02215_2020-02-03DSC02216_2020-02-03DSC02217_2020-02-03DSC02218_2020-02-03DSC02219_2020-02-032020-02-03四川豆花飯荘menu7

デザートとコーヒー

確かこのお店のメニューには、コーヒーというのはなかったように思いますが、常連になるとコーヒーをちゃんとサーブしてくれます

DSC02220_2020-02-03DSC02221_2020-02-03DSC02222_2020-02-03DSC02223_2020-02-03DSC02224_2020-02-03

コメント

Since 2018年5月4日