DOH-LHR カタール航空ファーストクラス@2019年4月

DSC08734_2019-04-12DSC08733_2019-04-12
昨年2月にスタートした1枚目のセイシェル発ワンワールド・エクスプロアラー・ファーストクラス4大陸世界一周券AONE4を使って行った昨年4月のパリ旅行。 帰路につきます。
しかし何ということ!このDOH-LHRのフライトで想定外のダイバートが発生してしまい、予約しておいたブリティッシュ・エアウェイズBritish Airwaysファーストクラス特典航空券帰国便にLHRで乗り継げないというハプニング。 さてこの危機をどう乗り切るのか?

アル・サファ(Al Safwa)ファーストクラスラウンジ

真夜中にDOH到着ですので、ほかには目もくれずアル・サファ・ラウンジのクワイエットルームへ直行
無料の6時間分だけ利用して朝のLHRフライトにちょうどいいくらい。

DSC08707_2019-04-12DSC08708_2019-04-12

座席は1A

あとから書きますが、ダイバートがあってその後ホテルの件などでカタール航空と交渉しているうちに、私としては珍しくこの区間の搭乗券を紛失してしまいました。
たぶんLHRのカタール航空カウンターで返してもらうのを忘れたものと思われます。
搭乗率は4/8
××〇×
×〇〇〇

レモンティー

珍しくレモンティーをもらったようです。 それとキャセイデライトみたいな緑色のミント入り飲み物、なんだか忘れました。
愛用の手帳、図書館から借りた本に自作のタコヒモを使ったしおり100円ショップで買った腕時計からバンドを外した懐中時計?ロクシタンのリップクリームの容器に入っているのは白色ワセリン・プロペトなどの愛用グッズも映り込んでいます。

DSC08709_2019-04-12DSC08710_2019-04-12DSC08711_2019-04-12DSC08712_2019-04-12

食事メニュー

DOH-LHR-menu0031DOH-LHR-menu0032DOH-LHR-menu0033

ビーフステーキ・パニーニ

ライトオプションからこれを選んだようです。 何とか食べられる程度の代物。

DSC08713_2019-04-12DSC08714_2019-04-12DSC08715_2019-04-12DSC08716_2019-04-12

フルーツ盛り合わせ

DSC08717_2019-04-12DSC08718_2019-04-12DSC08719_2019-04-12

カプチーノ

朝なのでカプチーノを頼んでもいいでしょう。
なぜかクッキー類をたくさん持ってきてくれました。

DSC08720_2019-04-12DSC08721_2019-04-12DSC08722_2019-04-12

急病人発生!

さてここでハプニング。 急病人の発生です。
しばらくしてアナウンスがあり、飛行機はハンガリーのブダペスト空港にダイバートして1時着陸する、とのこと。
この段階で、私はLHRでブリティッシュ・エアウェイズBritish Airways便に乗り継ぐことを潔く諦めました。

急病人を搬出

ブダペスト空港に着陸してしばらくすると、医療スタッフが乗り込んできて、急病人を車椅子で搬出します。

DSC08723_2019-04-12DSC08724_2019-04-12DSC08725_2019-04-12DSC08726_2019-04-12DSC08727_2019-04-12DSC08728_2019-04-12

ブダペスト空港に約1時間

以前にもダイバートの経験はありますが、何のかのとだいたい予定よりも2~3時間は遅れてしまいます。
ブダペスト空港に着陸していた約1時間の間に、無料のSkype電話を使って、まずはブリティッシュ・エアウェイズBritish Airwaysに電話。 LHR-TYOのフライトに乗り継げない旨、連絡。 明日の便に振り替えられないか交渉しましたが、JLのマイレージを使った特典航空券であるため、ブリティッシュ・エアウェイズBritish Airways側ではどうしようもできないとのこと。

DSC08734_2019-04-12DSC08733_2019-04-12

特典航空券をキャンセル

次善の策は、日本のJLに電話してLHR-TYOのBA便特典航空券キャンセルすること。
というのも便が出発してからだと特典航空券のマイルを払い戻してもらえない可能性があるからです。
いくら自己責任とはいえ今回のような不可抗力のダイバートだと、事前に申し出ればJLあたりだとちゃんと対応してくれます。

特典航空券は無事キャンセル

Skypeの無料電話で今度は日本のJLに電話して事情を説明して無事に特典航空券をキャンセル。 後ほどブリティッシュ・エアウェイズBritish Airwaysファーストクラスロンドン-東京往復分のマイルが払い戻されました。
しかしBA便を翌日の便に振り替えてもらうことはできませんでした。 これが有償チケットならまた話は別ですが、特典航空券なのでいくらファーストクラスとはいえ、空席状況によりますので致し方ありません。

ロンドン一泊を覚悟

というわけで帰国便の予約のない宙ぶらりんの状態でロンドンへ向かう羽目になってしまいました。
到着がロンドン時間の夕方ですからロンドン一泊は覚悟せざるをえません。

Office365のSkype無料通話

今はMicrosoft365と名前が変更になったOffice365ですが、この時ほどSkype通話が1ヶ月60分無料になるありがたみを感じたことはありません。
それまではほとんど使ったことがない60分間無料のSkype電話ですが、音質はイマイチですがほぼ世界中どこへでもかけられますので便利です。 特に私のように携帯電話番号を2年半前までもっていなかった人間にとっては救世主です。
この時は60分の制限時間を使い切ってしまいました。 実際には日本のJLと通話している間にぶちぎれてしまったのですが、JLは通話内容をちゃんと記録に残しておいてくれました。 それはロンドンに到着してわかりました。

唯一困るのは「こちらからかけ直しますが、お電話番号は?」と聞かれた時。 今でこそ1年間だけ楽天モバイルの電話番号が海外でも使えるかもしれませんが、それも来年にはキャンセルしますので、海外では電話番号は基本的にありません。もっとも050でよければブラステルの電話番号があるから、今度からはブラステルの番号を使おうかな

ガーデンサラダ

そうと決まればあとはもう腹をくくるしかありません。
というわけで軽く食事をします。

DSC08729_2019-04-12DSC08730_2019-04-12DSC08731_2019-04-12DSC08732_2019-04-12DSC08735_2019-04-12

シーフードチャウダーとイカ墨パスタ

そこそこ美味しい。

DSC08737_2019-04-12DSC08738_2019-04-12

カラックチャイ

サフランのカラックチャイをもらって終わり。

DSC08736_2019-04-12DSC08739_2019-04-12
ロンドンでどことどのように交渉するかを少し考えながら、ロンドンへ向かいました。

コメント

Since 2018年5月4日