ランチ@四川豆花飯荘@2020年8月

1DSC00434_2020-08-24DSC00428_2020-08-24
定点観測地点、新丸ビルの四川豆花飯荘。 ランチを一人で予約しておいたのですが、蘭蘭な会のM嬢も一緒に会食に加えて欲しいとのことで、2人でのランチとなりました。 さらにM嬢からのご要望で時節柄「滋養強壮」のある食事をというご希望があり、それを四川豆花飯荘に伝えたところ、1人1万3000円でどうか?との打診。 もちろん望むところ、ということでそのようになりました。

メニュー

毎度のことながら井上シェフがメニューを作っておいてくれました。

menu四川豆花飯荘20200824

ノンアルコールドリンク

グレープフルーツジュースにカルピスみたいな乳酸菌飲料も入っていました。 爽やかな飲み物です。

DSC00417_2020-08-24DSC00418_2020-08-24

前菜六種盛り

最近このお皿で出てきます。
この日変わっていたのは、アワビのワサビ・エスプーマ(泡)でした。 でも私の好みは鴨のスモークの方かな。

DSC00419_2020-08-24DSC00420_2020-08-24DSC00421_2020-08-24DSC00422_2020-08-24

フカヒレと姫冬瓜、烏骨鶏の滋養蒸しスープ

姫冬瓜をスープの器代わりに使った1品。 フカヒレももちろん姿で入っています。 確かに中国では烏骨鶏も滋養強壮の素とされているようです。
具材を食べ終わると、冬瓜の実を少しずつ削ぎ取って食べるのですが、味が薄くなってきた場合に備えて、お塩も用意しておいてくれました。
とはいえ結構な大きさの姫冬瓜なので、食べ過ぎないように注意が必要でした。

DSC00423_2020-08-24DSC00424_2020-08-24DSC00425_2020-08-24DSC00426_2020-08-24

鰻と干しスルメイカの自家製XO醤炒め

見た目は何の変哲もない炒め物のようですが、たぶん結構手がかかっている。 とても美味しいです。 M嬢は今日一とおっしゃっていました。
鰻もスルメイカもちょっと甘辛で、野菜類はシャキシャキでとても美味しい。

DSC00427_2020-08-24DSC00428_2020-08-24DSC00429_2020-08-24

天然海老のアーモンド変わり揚げ

立派な海老がアーモンドをたっぷりと纏って揚げられています。 美味しい。

DSC00430_2020-08-24DSC00431_2020-08-24DSC00432_2020-08-24

国産サーロインの鉄板ステーキ

そのまんまなのですが、奥にある切り株みたいなのは、エノキ茸でした。 これは私の好みです。 M嬢はこの後の料理の量を調整するために、このステーキを2切れも私にくれました。 うれぴー。

DSC00433_2020-08-24DSC00434_2020-08-24DSC00435_2020-08-24DSC00436_2020-08-24

すっぽんと長芋の醤油煮込み

これが本日のメインイベント。 M嬢はすっぽんが初めてなのだとか。 最初の時に生きたすっぽんを見せられて、食べる気が失せたのだとか。 あるあるですね。
うちの妻も北海道の屋外ジンギスカンで、草原で草をはむ羊を見ながらジンギスカンを食べるという趣向でトラウマになって、以来羊肉がダメなようです。 皆さん繊細なんですね。
さてこちらのすっぽんスープ、もちろん美味しかったですよ! でも私はサーロインの方がいいけど。

DSC00437_2020-08-24DSC00438_2020-08-24DSC00439_2020-08-24

福建式あんかけ冷麺

お食事はあんかけ冷麺。 福建式というのがどんなものか、私にはよくわかりませんが、美味しいですよ。

DSC00440_2020-08-24DSC00441_2020-08-24DSC00442_2020-08-24

わらび餅

デザートは何とわらび餅と10種野菜のプリンみたいなもの。 それにきな粉がけ。 あとはお菓子とアイス。
いや、私でもお腹いっぱいになりました。大満足!

DSC00443_2020-08-24DSC00444_2020-08-24DSC00445_2020-08-24DSC00446_2020-08-24

コメント

Since 2018年5月4日