スポンサーリンク
スポンサーリンク

海底撈火鍋秋葉原店@2023年2月

スポンサーリンク
スポンサーリンク

DSC02836_2023-02-22DSC02841_2023-02-22

昨年2月に初めて訪れた、がち中華火鍋のお店。 都心部にも何店舗かあるようですが、秋葉原店を予約して知人の若いT嬢を誘って行ってみました。

スポンサーリンク

海底撈(ハイディラオ)

ホームページによると下記の通りです。

中国No.1火鍋ブランド海底撈(ハイディラオ)は1994年に中国の四川省で設立され、世界的に知名度の高い中華料理のチェーン店です。
今現在1700店舗以上を展開し、中国、シンガポール、アメリカ、韓国、日本、カナダ、オーストラリア、イギリスなど世界の各国に進展しております。
鍋の種類は選択可能ですので、激辛好きな人も辛いのが苦手な人にもお楽しみいただけます♪
無料のネイルサービスやサプライズ演出、スタッフ一人ひとりの細やかな気配りなど、海底撈式の「おもてなし」をご体験ください♪

小肥羊派の私

私はどちらかというと「小肥羊(しゃおふぇいやん)」派で、その昔中国本土へ頻繁に訪れていた頃は、少なくとも深せんでは小肥羊の方が圧倒的に優位で、海底撈などその存在すら知りませんでした。
しかしここ数年で海底撈が頭角を現し、日本では鳴かず飛ばずの小肥羊に比べて気になる存在となっていました。

お店の中

こんな感じです。 新しくて綺麗で。そこそこ広い。

DSC02835_2023-02-22DSC02836_2023-02-22

予約してあったけど

予約時間前に行きましたが、予約時間を過ぎてもなかなか座席に案内されません。 予約なんかあってないようなものでした。
そもそもスタッフはもちろん全部中国人ですし、客層も中国人が多いけど、スタッフの人数が足りていない感じでした。

火鍋はふつう

で、肝腎の火鍋はというと、それほど変わったことはありません。
しかし食材は「豚の脳味噌」とか「豚の腎臓」とか「牛の血管」などという通常の日本の火鍋ではないようなものも見られて面白い。
もっともこの時はT嬢をお連れしたので、そうした食材を注文する機会もなく、ごくふつうの火鍋をした次第。

DSC02837_2023-02-22DSC02838_2023-02-22DSC02839_2023-02-22DSC02840_2023-02-22DSC02841_2023-02-22

駅チカで便利

駅から近くて便利なお店なので、がち中華火鍋を食べたい時にはいいかもしれません。
ただしサービスは期待できません。

コメント