スポンサーリンク

カントニーズ燕ケンタカセ@2018年10月22日

スポンサーリンク
スポンサーリンク

DSC06395_2018-10-22DSC06402_2018-10-22
以前は時々行っていた東京ステーションホテルの地下にあるこのお店(Cantonese 燕 KEN TAKASE)ですが、高瀬シェフが銀座に新しいお店を出してからは、意図的に訪問を避けていました。 しかし友人の女性からここの「海老のマンゴーマヨネーズ」を食べたいとの希望があり、久しぶりに来店した次第。

スポンサーリンク

一休ドットコムからランチ予約

ここはそんなに馴染みのお店ではないので、一休ドットコムから普通に予約を入れて、その通りの下記メニューでいただきました。

■食前のお飲み物 3種類より1種類お選び下さい
・アイス中国茶(3種)
【食後のお飲み物】3種類より1種類お選び下さい
・ホット中国茶(3種)
<2018年9月1日~11月30日>
・白身魚の刺身サラダ葱生姜風味
オリジナル豆板醤風味レモンドレッシングで
・季節の蒸し餃子三種
・中国美容サプリメント真珠パウダーと燕の巣コラーゲン入り
カリフラワーのスープ
・海老のヘルシーマンゴーマヨネーズソース  リーフサラダ添え
・豚ロース肉角切り、カシューナッツと季節野菜の炒め
オリジナルVXOソースとともに
・黄ニラ、もやしと大豆ミート細切り炒め入り 香港細麺スープヌードル
・南瓜のココナッツミルク オレンジと香港ビューティーコラーゲン“雪蛤(シュッカプ)”とともに

メニュー

こちらがメニューです。

2018-10-22カントニーズ燕ケンタカセmenu2018-10-22カントニーズ燕ケンタカセmenu12018-10-22カントニーズ燕ケンタカセmenu2

シマアジの刺身サラダ葱生姜風味

まずは前菜。 この日の白身魚はシマアジ。 オリジナル豆板醤風味レモンドレッシングです。 美味しい。

DSC06381_2018-10-22DSC06382_2018-10-22DSC06383_2018-10-22DSC06384_2018-10-22

冷製凍頂烏龍茶と白牡丹の白茶

飲み物は、まるで白ワインのようにみえますが、アイスト凍頂烏龍茶と普通の特級白牡丹の白茶です。

DSC06385_2018-10-22

蒸し餃子三種

私も最近は自宅で蒸し餃子をときどき作りますが、とてもこんな風にはできません。 それでもやはり蒸し餃子が餃子の王様には変わりありません。

DSC06386_2018-10-22DSC06387_2018-10-22DSC06388_2018-10-22

カリフラワーのスープ

続いてスープ。 カリフラワーのスープですが、中国美容サプリメント真珠パウダーと燕の巣コラーゲン入りだそうです。 どちらも栄養学的な意味はほとんどありませんが。

DSC06389_2018-10-22DSC06390_2018-10-22DSC06391_2018-10-22

海老のマンゴーマヨネーズソース

こちらが女性ご所望の「海老のヘルシーマンゴーマヨネーズソース」。 立派なぷりぷりした海老にマンゴーとマヨネーズの絶妙なソースが絡んで、確かにこれは美味しい。 私でもまた食べに来たくなる1品です。 もちろん高瀬シェフのスペシャリテの一つ。

DSC06392_2018-10-22DSC06393_2018-10-22DSC06394_2018-10-22DSC06395_2018-10-22

豚ロース肉にカシューナッツ炒め

肉料理はこちら。 豚ロース肉角切り、カシューナッツと季節野菜の炒め。 ソースはもちろんシェフのスペシャリテ「オリジナルVXOソース」です。

DSC06396_2018-10-22DSC06397_2018-10-22DSC06398_2018-10-22DSC06399_2018-10-22DSC06400_2018-10-22

香港細麺スープヌードル

これも高瀬シェフお得意の香港細麺スープヌードル。 この日は、黄ニラ、もやしと大豆ミート細切り炒め入り。 何気ないヌードルですが、絶妙なスープと極細麺がよく合うさっぱりと美味しい香港ラーメンです。

DSC06401_2018-10-22DSC06402_2018-10-22DSC06403_2018-10-22

南瓜のココナッツミルク

デザートはこちら。 カボチャのココナッツミルク。 コラーゲン入りですが、まあ目を瞑りましょう。

DSC06404_2018-10-22DSC06405_2018-10-22DSC06406_2018-10-22

総評

というわけで、久しぶりのカントニーズ燕ケンタカセ、楽しみました。 私にとっては、若干量が少ない感じですが、このくらいでも何とか生き延びられます。 いつもは1万円でお任せにしていましたから、決められたセットメニューだとこんなものかもしれません。 この日はたまたま高瀬シェフがまだこちらのお店にいらしたようで、わざわざご挨拶に出て来られました。 この後、銀座のお店の方に行かれるのでしょう。 そのうち銀座のお店も試してみたいとは思いますが、夜しかやっていなくて、お任せで3万円のコースのみなので、なかなか行く機会がありません。

screencapture-ginza-takase-2018-11-03-14_47_51

中華たかせ
http://ginza-takase.com/

コメント

Since 2018年5月4日