スポンサーリンク

DOH-SEZ QRビジネスクラス@2019年2月

スポンサーリンク
スポンサーリンク

04-2019-02-11doh-sez@qr678-2
モザンビークの首都マプト発ワンワールド・エクスプロアラー・ファーストクラス世界一周券AONE4を終了して、次のAONE4のスタート地点であるセイシェル島SEZへ向かうポジショニングフライト JNB-xDOH-SEZ の第2区間。 DOHでトランジットしてセイシェルSEZへ向かいます。 2区間ともJLのマイルを使ってQRのビジネスクラスで発券してあります。

スポンサーリンク

シャワー@アルムジャーン・ラウンジ

23:30にDOHのラウンジに到着。 出発時間は02:30ですからDOHのビジネスクラスラウンジでシャワーを浴びるだけの時間はありました。

座席は2E

DOHからの出発も沖止めでした。 座席は災難をさけるためにセンターブロック通路側の2E。 ウェッジ型のCクラスシートでした。
SEZまでのフライト時間は5時間10分という中途半端な時間です。
ちなみに1EF、5EF、6EFが空席でした。
ウエルカムドリンクはまたまた緑色の飲み物。 たぶんミントジュースか何かか? 全く記憶にありません。

メニュー

一応そこそこしっかりとした食事が提供されました。

ガーデンサラダ

オレンジジュースとサラダ。

Chicken tikka masala

被害を最小限に食い止めるため、カレー系のお皿を頼みます。 まあまあ食べられます。 カラックチャイをもらって終わり。

フルーツ

到着前にはフルーツプレートをもらいました。 パンとチャイもいただきました。

鳩の撃退法

この時は佐藤 正午の「鳩の撃退法」という奇妙な小説を読んでいたようです。 細部に拘っていてなかなか読みづらいところもありますが、不思議に面白い小説でした。

初めてのセイシェル

そうこうしているうちに定刻の30分程前にセイシェル島に到着。 ゲートなどはなくタラップからの降機になります。

International Transit

2階建ての簡素な空港には「International Transit」?なんて大きな看板が出ていますが、本当にこんなところでトランジットする乗客なんかいるんでしょうかねえ? 謎です。

到着ロビーと出発ロビー

さすがはインド洋の田舎空港だけあって、わずか1台のカルーセルだけで事足りるようです。 ま、こういうのものんびりしていていいですが….
カスタムを抜けると型通りに客待ちのプラカードをもったドライバーや旅行代理店員などがパラパラと待ち構えています。

コメント

Since 2018年5月4日