HND-LHR JLファーストクラス@2019年4月

DSC08032_2019-04-12-1
昨年2月にスタートしたセイシェル発ワンワールド・エクスプロアラー・ファーストクラス4大陸世界一周券AONE4。 ロンドンで券面上はストップオーバーしておいて、一旦日本に戻ってきていましたが、再度ロンドンまで戻ってAONE4を再開します。

SEZ発AONE4の全旅程

SEZ-oLHR-xDOH-oCDG-xDOH-oLHR-xLAX-xDFW-oYVR-xJFK-oNRT-oCMB-oNRT-oBKK-oHND-xLHR-JNB

2019-02sez-AONE4

そのうち今回飛ぶのは LHR-xDOH-oCDG-xDOH-oLHR の4区間。

2019-04sez-AONE4-1

ポジショニングフライト

LHRまで戻るためのポジショニングフライトは、JLファーストクラス特典航空券。 LHRから再度日本へ戻るためのポジショニングフライトは、ブリティッシュ・エアウェイズBritish Airwaysのファーストクラス特典航空券
しかし途中での思いがけないダイバート事件のために、この帰路便のブリティッシュ・エアウェイズBritish Airways便には結局乗ることができず、ロンドンで1泊して苦労することになりました。 すでに昨年事情はざっと書きましたが、詳しい話はまた後ほど。

ポジショニングフライトを含めると、今回飛ぶのは次の6区間。HND-xLHR-xDOH-oCDG-xDOH-xLHR-HND

2019-04sez-AONE4

3枚の別切りチケット

というわけでこの時の旅は、HND-LHR、LHR-xDOH-oCDG-xDOH-xLHR、LHR-HND という3つの別切りチケットを使った旅となっています。 別切りチケットの場合は、航空会社が乗り継ぎを保証してはくれませんから、乗り継ぎは自己責任になります。

MKタクシーで羽田空港へ

さてまずはHND-LHRのフライトです。

JALクーポンを消費するためにMKタクシーの空港定額送迎サービスを予約
してあります。
9時自宅、20分くらいで神田橋首都高入り口。 9時45分に羽田空港到着。 順調でした。
チェックインカウンターでeチケットを打ち出してもらいます。 ワンワールド・エクスプロアラーのような複雑なチケットの場合は、私はあえて時々eチケットを打ち出してもらって確認するようにしています。

座席は1A

搭乗率は6/8でした。

DSC08032_2019-04-12-1

飲み物はサロン

この頃、しばらく搭載されていなかったシャンパン・サロンが日本発限定で復活していたので、試してみました。 ちなみに先月もHND-LHR線に積まれていました。もっとも私にはシャンパンの味なんかわかりはしませんけどね。

DSC08032_2019-04-12DSC08033_2019-04-12DSC08034_2019-04-12DSC08035_2019-04-12DSC08036_2019-04-12

WIFI無料クーポン

JALのファーストクラスではWIFI無料クーポンが配られますので、いつも一応接続してみますが、接続するだけでも疲れてしまいますし、接続できたとしてもとにかく遅い。 しかもロンドン線の場合はロシアの上空ではほとんど接続できなくなってしまいます。
間違ってもお金を払ったりしてこの衛星WIFIなんか使わないようにしましょうね。 無料クーポンかまたはJLダイヤモンドの無料サービスで使うようにしましょう。
とはいえ接続さえできれば、機内でもメールのやりとりとLINE程度ならどうにかなりますから、まあ便利といえば便利な世の中になったものではあります。

DSC08037_2019-04-12DSC08038_2019-04-12DSC08039_2019-04-12

エシレからボルディエバターに

この頃からエシレバターが引退し、ボルディエバターに変わってしまいました。 うーむ、経費節約なんでしょうけど、ちょっと残念。 ま、量的にはあのエシレバターは多すぎでしたから、このくらいでちょうどいい感じですが….

DSC08040_2019-04-12DSC08041_2019-04-12

メニュー

和食と洋食のメニューです。

hnd_lhr_f_m_201903_201905_ページ_11hnd_lhr_f_m_201903_201905_ページ_12hnd_lhr_f_m_201903_201905_ページ_21hnd_lhr_f_m_201903_201905_ページ_22

スガラボの洋食

日本発ですので食事は洋食を選択。 まずはアミューズ。

DSC08042_2019-04-12DSC08043_2019-04-12DSC08044_2019-04-12

アピタイザー

DSC08046_2019-04-12DSC08047_2019-04-12DSC08048_2019-04-12

そら豆とカボチャのパン

DSC08045_2019-04-12

牛ヒレ肉

メインはステーキ。 ちょっと変わっていますが美味しい。
ボルドーの赤も1杯だけいただきました。

DSC08050_2019-04-12DSC08051_2019-04-12DSC08052_2019-04-12DSC08053_2019-04-12DSC08049_2019-04-12

串盛り合わせ

まだ食べるか?! アラカルトメニューから串盛り合わせももらったようです。 我ながらよく食べるねえ。この串焼きは時々美味しいのに当たることがあります。

hnd_lhr_f_m_201903_201905_ページ_31hnd_lhr_f_m_201903_201905_ページ_32DSC08054_2019-04-12DSC08055_2019-04-12DSC08056_2019-04-12DSC08057_2019-04-12DSC08058_2019-04-12DSC08059_2019-04-12

デザート

DSC08060_2019-04-12DSC08061_2019-04-12DSC08062_2019-04-12DSC08064_2019-04-12DSC08065_2019-04-12

フィナンシェとエスプレッソ・ドッピオ

DSC08063_2019-04-12DSC08066_2019-04-12DSC08067_2019-04-12

ボーダーライン ソルジャーズ・デイ

機内で見た映画は「ボーダーライン ソルジャーズ・デイ」(原題:Sicario: Day of the Soldado)
なかなか複雑でバイオレントな映画です。

42ca9c05169107b3

アメリカとメキシコの国境地帯で繰り広げられる麻薬戦争の現実をリアルに描き、アカデミー賞3部門にノミネートされた「ボーダーライン」の続編。アメリカで市民15人が命を失う自爆テロ事件が発生した。犯人がメキシコ経由で不法入国したとの疑いをかけた政府から任務を命じられたCIA特別捜査官マットは、カルテルに家族を殺された過去を持つ暗殺者アレハンドロに協力を依頼。麻薬王の娘イサベルを誘拐し、メキシコ国境地帯で密入国ビジネスを仕切る麻薬カルテル同士の争いへと発展させる任務を極秘裏に遂行するが……。前作から引き続きベニチオ・デル・トロ、ジョシュ・ブローリンが出演するほか、イザベラ・モナー、ジェフリー・ドノバン、キャサリン・キーナーらが脇を固める。脚本は前作「ボーダーライン」と「最後の追跡」でアカデミー賞脚本賞にノミネートされたテイラー・シェリダン。監督は前作のドゥニ・ビルヌーブから、イタリア人監督のステファノ・ソッリマにバトンタッチ。撮影は「オデッセイ」など近年のリドリー・スコット作品で知られるダリウス・ウォルスキー。音楽は前作を手がけ18年2月に他界したヨハン・ヨハンソンに代わり、ヨハンソンに師事していたアイスランド出身のヒドゥル・グドナドッティルが担当。
2018年製作/122分/PG12/アメリカ
原題:Sicario: Day of the Soldado
スタッフ・キャスト
監督 ステファノ・ソッリマ
製作 ベイジル・イバニク エドワード・L・マクドネル モリー・スミス サッド・ラッキンビル トレント・ラッキンビル
製作総指揮 エレン・H・シュワルツ リチャード・ミドルトン エリカ・リー
ベニチオ・デル・トロ
ジョシュ・ブローリン
イザベラ・モナー
マシュー・モディーン

蒸し鯛の胡麻茶漬け

到着前の食事です。

DSC08070_2019-04-12DSC08071_2019-04-12DSC08072_2019-04-12DSC08073_2019-04-12

JAL The Curry

DSC08077_2019-04-12DSC08078_2019-04-12

ビーフパストラミサンド

この時はよほど体調が良かった?とみえて、よく食べること食べること。 我ながら驚きます。 今はこんなに食べられません。

DSC08079_2019-04-12DSC08080_2019-04-12DSC08081_2019-04-12

フルーツ盛り合わせ

DSC08082_2019-04-12DSC08083_2019-04-12DSC08084_2019-04-12

プチデザートのトレイとカプチーノ

DSC08085_2019-04-12DSC08086_2019-04-12DSC08087_2019-04-12DSC08088_2019-04-12
15:14無事にLHRに到着しました。

コメント

Since 2018年5月4日