スポンサーリンク

四川豆花飯荘@2018年10月29日

スポンサーリンク
スポンサーリンク

DSC06414_2018-10-29
先月末の一人ランチ。 今回も予約は一休経由で入れておきました。 たいがいのレストランは1人の予約を受け付けないので、2人で予約しておき、直接お店にメールして実情を書いておきます。 馴染みのお店だからできる技です。 この日も実際には料理の内容は井上シェフにお任せです。


スポンサーリンク

前菜6種盛り

まずはいつもの通り前菜6種盛り。


定番のよだれ鳥と海老


牛すね肉とレンコンの甘酢あえ


くらげ冷菜と豚のハツ

Tさんがご子息とランチ

偶然ですが、いつも蘭の会でご一緒するTさんがご子息とランチをしていらっしゃいました。

フカヒレの鉄板ステーキ

これはちょっと意表を突かれました。 私は多分フカヒレのステーキなんかはじめて食べると思います。 これは結構いけます。 なんでも井上シェフは昔フカヒレの専門店にいたことがあるらしいです。

天然海老の何とか巻き、豆板醤ソース

これもなかなか美味しい。

茸の炒め物

何とかダケ(茸)の季節の野菜炒め。 茸の名前は忘れました。

和牛と秋野菜のオイスターソース

これはちょっと平凡かも。

鯛の蒸し物山椒風味

あっさりとしていて美味しい。

自家製栗おこわ

笹の葉に包んである栗おこわ飯です。 美味しい。

デザート

黒糖のプリン、果物のコンポート、豆花

やはり何と言っても、フカヒレのステーキには驚きましたが、
この日もハズレなし。 井上シェフの料理を楽しみました。

コメント

Since 2018年5月4日