AONE4を継続するため逆回りでバンクーバーへ、そして世界一周

jfk-nrt2019-06-212019-06-09 (1)
セイシェル発ワンワールド・エクスプロアラー・ファーストクラス4大陸世界一周券(AONE4)を途中で中断して東京へ戻っていましたが、今週末からロンドンへ飛んでAONE4を継続します。 ポジショニング・フライトの件ではお騒がせしてしまいましたが、すでに書きました通り何とかJLファーストクラス特典をゲットできましたので、それを使うことにしました。 東京-ロンドンと飛んでロンドンで2泊、さらにロンドン-ロサンジェルス-ダラス・フォートワース-バンクーバーと飛んでバンクーバーで2泊。 その後ニューヨーク-成田と飛んで帰国するため、結果的に世界一周することになります。

ポジショニング・フライト

すでに書きました通り、ファーストクラスのあるロンドン行き043便のファーストクラス特典チケットを3面待ちのキャンセル待ちしていたところ、目出度く6月3日にファーストクラス特典が落ちてきました。 というわけで結局ポジショニング・フライトとしては、こちらのファーストクラス特典を使うことにしました。 今回はこの区間だけが別切りチケットで、乗り継ぎのロンドン以降はセイシェル発AONE4になります。 したがって2枚の別切りチケットだけという比較的シンプルなプランでの世界一周になります。
しかもロンドンで2泊することにしたため少なくともロンドンでの乗り継ぎ失敗はありません。

相変わらずの北米内ルート

さて今回の旅程は、HND-oLHR-xLAX-xDFW-oYVR-xJFK-oNRT という相変わらずのレギュラールート。 一区間ずつチェックしてみます。

HND-oLHR on JLファーストクラス

すでに書きました通り3面待ちしてゲットした特典航空券です。
ロンドンでは2泊しますので、天気が良ければキューガーデンへでも行って来ようかと思っています。 天気が悪ければホテル内に引きこもって読書。
ちなみにロンドンでのホテルは4月に宿泊してみて気に入った「Holiday Inn Express London Heathrow T4 」。 AGODA経由、2泊でJPY 18,911。 ロンドンもこのくらいの料金で泊まれると気楽です。 ちょっと辺鄙なT4ではありますが、バスなどは使わずに通路を通って歩いて行けるというのもうれしい。

2019-06-03

ホリデイ・イン エクスプレス ロンドン ヒースロー T4 (Holiday Inn Express London Heathrow T4)
合計 (1部屋 x 2泊) ¥ 16,082
合計 ¥ 19,300税サ・その他込み: 税金 & サービス料 ¥ 3,218
アゴダコイン割引-¥ 389 ご請求額 ¥ 18,911

LHR-xLAX on BAファーストクラス

これはいつもの通りブリティッシュ・エアウェイズBritish Airways便で飛びます。 人によっては猫またぎするといわれるブリティッシュ・エアウェイズBritish Airwaysですが、私はそんなに嫌いではありません。 食事も言われるほどそんなに悪くないように思います。 ただA380の機材だとファーストクラス14席詰め込みではありますけどね。

lhr-lax2019-06-17

LAX-xDFW on AAエコノミークラス

これもいつものルート。 ただし最近のAAの制限(married segment logic)によりこの区間はエコノミークラスでの予約を余儀なくされてしまっています。

これは要するにトランジットの場合、2区間のうち片方はエコノミークラスでの予約しか受け付けない、ということのようです。 この「married segment logic」制限を避けるためには、トランジットではなくストップオーバーにする必要があります。 しかしそうなると当然ですが1泊分だけ日数と費用がかかるという次第。 アメリカの都市でなんか今どき宿泊したいとは思わないので困ってしまいます。
特に今回のこのチケットは禁断のセーシェル発券ということで、基本的には変更不可と考えていたので、敢えて変更しようとも思わずそのまま放置してあります。 まあ3時間足らずの区間ですし、しかもナイトフライト。 エコノミークラスでも通路側さえ確保できれば生存可能でしょう。 JLのサイトからはわかりませんが、通路側を確保してあります。 まあ大目にみてあげましょう。
ちなみに今回のLAXでのコネクティングタイムは4時間39分と短めですので順調に行けば楽勝です。

lax-dfw2019-06-17

That is married segment logic. Long used by airlines to manage inventory and increase yields.
https://www.flyertalk.com/forum/oneworld/1955667-d-inventory-available-2-segments-but-not-connection.html

DFW-YVR on AAビジネスクラス

この前のLAX-DFWをエコノミークラスにしてこちらをビジネスクラスで取りました。 こちらは一応国際線になりますし、デイフライトでフライト時間も4時間27分と長いので、多分その方が合理的。 これも通路側席を確保してあります。

dfw-yvr2019-06-18

AA区間でトラブル

上記AA2区間の予約で直前にトラブルが発生しました。 事の発端は、出発前に私がいつもやっている恒例行事、予約と座席の確認。 まずはAA Webサイトから予約記録を取りだしてチェック。 すると以前は全部見ることのできた予約記録が、何とAAの2区間だけ見えなくなっています! JLもCXもULも見えるのにAAのサイトからAA区間だけが見えないとはこれ如何に! これはトラブル!というわけで、今週月曜日に早速日本のAAに電話して念のために確認作業をしました。 するとチケット購入の際のAA独自のロケーターでは、AAでも予約の確認が取れない。 AAでは「発券したキャリアに聞いてくれ」ということでした。

AAロケーターが変更

この記事の下の方に書いたのですが、このセイシェル発券のチケットを結果的に某キャリアが日程変更してくれたのですが、その際にどうやらAAのロケーターが新しいものに変更になっていたようです。 新しいロケーター番号をもらったら、AAのWebサイトでも無事に予約が見えるし、念のために日本のAAに再度電話して確認もとれました。

座席予約が初期化

ただしその際、潜在的なトラブル要因がありました。 それは座席予約です。 以前からAAを通して座席予約をしてあった通路側の座席は2区間とも初期化されていて、座席指定なしの状態になっていたのです。 すぐにWebサイトから座席指定をしたところ、比較的まだ空いていたので何とか通路側を確保できたからよかったものの、直前まで知らずに放っておいたらどうなったことやら???
AONE4のような複雑なチケットは、変更の際には十分な注意が必要です。 それにしてもAAには最近嫌気がさしてきています。 何とかAAを使わず、というかアメリカ本土に乗り入れずに北米区間を効率よく回ることができる方法はないかなあ?(単なる愚痴ですが….)

バンクーバーで2泊

さて今回はバンクーバーで2泊しますが、先日日本でおもてなししたRandy & Katalina夫妻の家に泊めてもらいます。 空港から近いところにあるので、いつもの通り車で迎えに来てもらえます。
また帰路ニューヨークへのCX888便の出発が夜11時頃ですので、それまでゆっくりさせてもらって、また車でドロップオフしてもらえるのもありがたい。 ホテルに宿泊していると、もう1泊分ホテルをとるかどうか迷うところですからね。

バンクーバーのレストラン

バンクーバーでは2泊ですが、昼頃到着して翌々日の夜11時に出発しますので、2日半くらいあります。 いつも3人でバンクーバーのレストランへ食事に出かけます。 もちろん私が奢るわけですが、バンクーバーのホテル代金を考えたらそのくらいの出費をしても何の痛みもありません。 それよりも彼らと一緒に食事する楽しみの方がずっと大きいというわけです。
一週間くらい前にKatalinaから今回の候補レストランのリストがメールで届けられました。 これらの中から2つか3つを選んで、食事に出かける予定です。

We would like to offer a complimentary list of suggestions for your dining pleasure. These establishments were chosen in the top 100 Best Canadian Restaurants 2019.
Italian – Kitsilano West 4th neighbourhood – La Quercia
http://laquercia.ca/#/menus
Pacific Northwest Fusion – Fairmont Pacific Hotel, downtown waterfront
https://www.botanistrestaurant.com/menu/
California fusion with pizza – downtown on Hastings near Thurlow
https://hawknightingale.com/menus/
Seafood primarily – downtown on Burrard near Robson
https://boulevardvancouver.ca/menu/core
Japanese/Italian – Vancouver Chinatown
http://www.kissatanto.com/#
And of course, one mustn’t forget a few favourites of previously savoured dining establishments:
French – Fraser and Kingsway
http://www.lesfauxbourgeois.com/
Thai – Main and 26th Ave
http://www.sawasdeethairestaurant.com/phone/salads.html
French/Pacific northwest – near Gastown
https://www.labattoir.ca/dinner
Italian – Yaletown-
https://www.cioppinosyaletown.com/

Breakfast and Lunch will be à la carte at the second floor of Casa R and K. Substitutions may be made if you opt for optional complimentary sightseeing excursions.
Katalina and Randy
PS. Fresh seasonal locally sourced organic vegetables will be served at Casa R and K!  (Our garden is growing fabulously!  We are currently harvesting chard, arugula, snap peas, spinach and lettuce. Tasty!)

YVR-xJFK on CXファーストクラス

帰路のCX便ですが、これも嫌というほど何度も搭乗している区間。  わずか5時間余りの非常に短い夜間飛行のファーストクラスです。 そういえばDFWが大雪のためにYVRでこのフライトに乗り継げなかったこともありましたねえ。 その時は同一PNRでしたが、AAが提示してきた代替案があまりにもショボかったため、提案を拒否して自費で空港内のフェアモントホテルに宿泊して翌日の同じCXとJLのファーストクラスで帰国しました。考えてみると最近私はこの区間以外でCXに乗っていないなあ….

yvr-jfk2019-06-20

JFK-NRT on JLファーストクラス

JFKで4時間40分の乗り継ぎ時間。 最後はJLのファーストクラスです。 14時間のフライト時間といううれしい長距離便。 しっかりとファーストクラスが楽しめます。

jfk-nrt2019-06-21

禁断のセイシェル発AONE4-1枚目

いろいろと訳ありのこのチケットですが、まだ詳細については書けません。 しかし発券の事情から最初は基本的には日時の変更すら不可能と考えられていました。 実際大人しく予約した通りに飛んだ方は無事に世界一周を完了しています。
幸いにもセイシェル発券できた世界中のごく限られた世界一周券の達人/オタク/強者たちの間でも、今だに日程変更できずに困っている、あるいは日程変更ができないためにチケットの使用そのものを諦めた達人/オタク/強者がたくさんいます
そうした中で私の場合、すったもんだがありはしましたが、この1枚目のAONE4に関しては日程変更はもとよりルート変更すら可能な状況にごく最近なりました!(詳細については、1年後くらいに明かせます)

1枚目は日時変更+ルート変更可能に!

このチケットで私は今回のNRTまでのフライトの後、NRT-oCMB-oNRT-oBKK-oHND-xLHR-JNB と飛ぶ予定ですが、何と目出度いことにNRT以降のフライトスケジュールを発券手数料5400円+諸経費の調整にて、来年の希望の日時に変更することができるようになりました! 実際すでにBKK以降は来年の日付に変更してしまいました。
今後大陸数の変更はできませんが、希望すれば4大陸のままであればルート変更まで所定の費用でできるようです。(今のところルート変更の予定はありませんが)
というわけで1枚目の禁断のセイシェル発AONE4に関しては、ごく普通のAONE4とほぼ同様に使えることになりました。 辛抱強く大人しく待つべき時は待ち、必要な時期が来たら慎重にしかししっかりと交渉したおかげで、このチケットに大枚60万円強を支払っただけの甲斐はありました。 通常のAONE4のおおよそ半額くらいの料金です。

禁断のセイシェル発AONE4-2枚目

しかし来月7月に出発を控えている2枚目の禁断のセイシェル発AONE4に関しては、相変わらずどうにもなりません。 今のところルート変更はおろか日程変更すらできません。 1枚目と2枚目の違いとしては、発券キャリアが異なること、1枚目はすでにかなりの区間を飛んでいますが2枚目に関してはまだ一区間も飛んでいない、という違いがあります。
2枚目に関してはとにかく最初の数区間を飛んでから発券キャリアまたは別のキャリアと交渉することになりそうです。
どちらの場合もチケットを発券した海外の旅行代理店が一切手出しをできないような状態になっているチケットであるということが一番の問題点ではあります。
それもこれらのチケットの素性に関わっていることです。 ま、詳細については1年後くらいに書く予定です。

F4区間+C1区間+Y1区間

そんなわけで今回の世界一周旅行はファーストクラス4区間+ビジネスクラス1区間+エコノミークラス1区間の合計6区間ということになります。 今回は乗り継ぎなどであまり大きな問題が生じるような箇所はないように思います。 でもまあ何が起こるかわからないのがこの世の中。 注意して行ってきます

そんなわけで来週いっぱいはこのブログもお休みになりますので悪しからず。

コメント

Since 2018年5月4日