スポンサーリンク

来年のAONE4用のポジショニング・フライトを用意

スポンサーリンク
スポンサーリンク

2021-01-31syd-jl-f2020-02-13 (4)
来年のAONExをどこからスタートするか? 現在思案中です。 しかしJLが今年9月からシドニー線に久しぶりにファーストクラスを復活させるというニュースをみて、オセアニア発にも魅力を感じるようになりました。 そこで相当に気が早いのですが、オセアニア発AONE4を気楽に発券できるようにと、早速ポジショニング・フライトとしてJL便のHND-SYD ファーストクラスを特典航空券で予約してしまいました。

スポンサーリンク

シドニー線にファーストクラス

ご存じの通りJLは今年の9月からシドニー線にファーストクラスを復活させるようです。 4月からシドニー線の発着も羽田に移転するようですから、JLのファーストクラスはすべて羽田発になってしまうのかな。ただしシドニー線は昔からビジネス需要が少ないと言われている路線なので、蓋を開けてみてファーストクラスの搭乗率があまりにも悪かったりすると、以前のようにまたぞろファーストクラスから撤退などということになることを実は一番危惧しています。AONE4なんかでせっかくファーストクラスを予約しておいて、実際に搭乗する段になって「ファーストクラスは都合により廃止になりました」なんていうのが私としては一番怖い。 結構現実感のある話です。 でもまあJLだって威信にかけてせめて1年くらいはファーストクラスを続けるんじゃないか?という希望的観測です。

2020-02-13 (4)

オセアニア発のAONE4を検討

そんなわけで来年用のAONExとしてオセアニア発のAONE4の検討を始めました。
ざっと考えたルートが次の通り。
AKL-SYD-HND-BKK-HND-DEL-HND-LHR-DOH-CDG-DOH-LHR-LAX-JFK-HND-SYD-AKL
16 segment path: 58,745 mi

2021ex-AKLmap

140万円~150万円か?

現在のAONE4の料金だと、すべて込み込みでざっと140万円~150万円くらいになりそうです。昨年のSEZ発AONE4、2枚分の料金よりも高い!
ま、そのつもりでしっかりお金を稼ぐしかないか。

ポジショニング・フライトを用意

ここらあたりが世界一周券オタクらしいところですが、そういうわけで先日早速来年年明けのHND-SYD JLファーストクラスの特典航空券を購入してしまいました。 これはもちろんオセアニア発AONE4購入に向けてのポジショニング・フライトの準備です。 もう完全に病気ですね。
ちなみにこの片道特典航空券の必要マイルは5万マイル+諸費用16780円でした。
もしAONE4をAKL発にするのであれば、SYD-AKLのポジショニング・フライトはたぶんQFかNZあたりのホームページから有償で購入するつもりです。さすがにそのあたりはそれほど急を要することはないでしょう。

2021-01-31syd-jl-f2020-02-13 (5)

プランB:ノルウェーOSL発

プランBとしては、ノルウェーOSL発を考えています。 たとえばこんな感じ。 料金はAKL発と大差ないところか。
OSL-DOH-CDG-DOH-DFW-ANC-DFW-JFK-HND-SYD-HND-BKK-HND-DEL-HND-LHR-OSL
16 segment path: 60,844 mi

2021ex-OSLmap

プランC:スリランカCMB発、パキスタンKHI発など

現在特にDONExが比較的安いのは、いくつかのアジア発です。 しかしアジア発はアジア内のルーティングに難があるので、なるべくなら使いたくないところです。

1月か2月にスタートしたい

しかし私の都合としては来年1月か2月にスタートしたいので、ちょうどこの時期夏場にあたるオセアニア方面スタートの方がうれしいかな。
昔はシドニー発の世界一周券を何枚も使いましたが、ここ15年以上は使っていません。 このところアフリカ方面発が多かったので、久しぶりの文明世界発の世界一周券ということでなんとなく安心感があります。
でもまだ完全にそうと決めたわけではありませんが、あと半年程度の間にはどこから出発するか決定したいと思います。

コメント

Since 2018年5月4日